皆さん、留学の為のクレジットカードは用意できましたか?海外旅行でも便利なクレジットカード!留学中はさらにカードの活躍する場面がたくさんあります!

今回は様々あるカードの種類から、留学に役立つクレジットカードを活用術と共にご紹介したいと思います!カードを持っている人もまだ用意していない人も必見です♪

もくじ

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.イギリス留学でクレジットカードは必要?活用術をご紹介

1.イギリス留学でクレジットカードは必要?活用術をご紹介
イギリスは治安の問題もあり、大金を持ち歩くことは非常に危険だと言われています。しかし留学はそれなり費用もかかるのでお金を持ってこないわけにもいかないですよね・・・。

だからこそ極力現金を持ち歩かずに買い物をする為にもクレジットカードは必須アイテムなのです!

イギリスでは防犯上カード利用者が多い為、小さいお店でもカードを使用することができる環境が整っています。またスーパーのレジではほとんどの場合カード支払いかどうか聞かれるので、小さな買い物の際でも気を遣わずにカード決済を選択できます。

お得な留学中のクレジットカード活用術♪

もちろんイギリスでは防犯の為クレジットカードは欠かせませんが、ほかにもクレジットカードにはいくつかメリットがあります。

①現金の両替よりも支払い手数料が安い
ポンドは日本で両替すると手数料が£1あたり8~10円もかかります。しかしクレジットの場合は手数料が£1あたり約1.6円で済みます!つまり現金購入よりも約6倍もお得なわけです。(クレジットカードの手数料についてはもくじの2をご覧ください)

またクレジットカードはそれぞれのカード会社がポイント制度を設けているところが多く、なんでもカード支払いにしておくとポイントも溜まりさらにお得です♪

②現金の両替時もクレジットカードで!
カード支払いばかりで済ませるにしても、全く現金を持たないのは些か不安になりますよね。そんな現金の円からポンドへの両替もクレジットカードを使った方法でお得に済ませることができます!

2.イギリスで使えるクレジットカードのブランドとは?

2.イギリスで使えるクレジットカードのブランドとは?
基本的にVISAとマスターカードを用意しとくと、とりあえずイギリスで困ることはないでしょう。

特にマスターカードはヨーロッパ各国で強いブランドと言われています。その為、イギリス留学中に限らず、ヨーロッパ旅行の際も「カード決済ができる」=「マスターカードが使える」と言えるほど便利です。

そして世界シェアナンバー1を誇る国際ブランドVISAもマスターカード同様、イギリス国内どこでも利用可能と言っても過言ではないでしょう。

逆にJCB、アメリカン・エキスプレスはイギリス限らずヨーロッパ各国では不向きなブランド。JCBは日本企業が生み出した世界に誇る国際ブランドですが、イギリスではまだまだ普及が進んでおらず、JCBはVISA/マスターに比べると対応店が少ないのが現状です。(筆者自身、JCBはいきつけの日本食材店か空港ぐらいしか利用できるところを知りません・・・)

アメリカン・エキスプレスもJCB同様、加盟店が少なく、基本的に観光客があつまるような免税店や空港内のみ対応しているようです。

また他のブランドに比べアメリカン・エキスプレスは利用者にとっても為替手数料が高めなのでそもそも海外での利用自体おすすめしません。その手数料ですが利用者だけではなく店側も高額だそうで、それが原因であえて対応しない店が多いそうです。

3.イギリス留学に向けてお得なクレジットカードの選び方:『キーワードは手数料』

shutterstock_520810921
カード利用時にどうしても発生してしまう「為替手数料」!この手数料、できるだけ安く済ませたい・・・だからこそイギリスでは毎日お世話になるクレジットカード準備は重要なものなのです!

今回はキーワード「手数料」を中心にお得なクレジットカードの選び方をご紹介します。

そもそも為替手数料とは?

「為替手数料」とはレートに海外で利用した際発生する事務処理コストのこと。これはクレジットカード発行会社や国際ブランドによって異なっています。

主なクレジットカード別為替手数料一覧

カード種類 VISA Master JCB
セディナカード 1.60% 1.60% 1.60%
イオンカード 1.60% 1.60% 1.60%
セゾンカード 1.63% 1.63% 1.60%
楽天カード 1.63% 1.63% 1.60%
三井住友カード 1.63% 1.63%
三菱UFJニコス 1.63% 1.63% 1.60%

※アメリカン・エキスプレス・カードは発行元によらず一律2.00%
引用元:海外利用時の事務手数料一覧

ほとんどが1.60%か1.63%で、この為替手数料はレートより日本円に換算した金額にかかってきます。

例えばセディナのVISAカードで£100のものをイギリスで購入、決済センターが処理した時点のレートが£1=130円だった場合
£100 × 130 = 13,000円
13,000円 × 0.0160(1.60%) = 208円(手数料)
13,000円 + 208円  = 13,208円(合計額)

購入金額は13,000円でも、実際には手数料208円を含んだ13,208円の請求が来ることになります。これが為替手数料の仕組みです。

為替レートに関しては国際ブランドごとに若干金額差はありますが、それは日常的に変化しているので一概にレートはどのブランドが良いという判断はできません。ですが、「為替手数料」は固定の為、低ければ低いほど海外利用時はお得になるということになります。

お得なクレジットカードをご紹介!

まず、できるならばクレジットカードはVISAとマスターの2種類用意しましょう。

それぞれ別に保管をし、万が一、片方が使えなくなったり財布ごと紛失した場合にもう一枚あるとお金に困ることがないからです。(またイギリスは特にスリも多いので盗難の危険もありますよ!)

そして肝心なカード選びですが、イギリスで使えるVISAとマスター対応で「為替手数料」が安いものといったら、やっぱりセディナやイオンカード!

国内ではセディナカードはイトーヨーカドー、ダイエー、イオングループなどの会社で多くの特典を受けることができ、イオンカードはイオンやマックスバリューなので特典が受けられ、電子マネーカードWAONが一体になったものもあります。

その中でも私の一押しはセディナカード!
クレジットカード一覧 | クレジットカードを選ぶなら、セディナ(Cedyna)

短期留学の場合は、海外旅行傷害保証が付いたスタンダードの「セディナカードクラシック」がおすすめです!年会費1,000円で病気やケガはもちろん、携行品の損害等も最高1,000万円まで保証してくれます。(旅行費をカードで支払った場合のみ適用されます)

長期留学の場合は、「セディナカードJiyu!da!」がおすすめ!こちらのカードはなんと年会費無料で、また海外ショッピング時のポイント還元率がほかのカードより高いのが特徴です!

溜まったポイントは商品券やグッズと交換でき、なんでもカード支払いにすれば意外と早くポイントがたまります。帰国時にポイントと交換した商品を受け取ることができるのでそれなりにお得です!

私もセディナのマスターカードを発行してイギリスでは主にこのカードで決済しています!為替手数料も1.60%とお得でポイントもどんどんたまるので本当に大活躍です♪

※補足:クレジットカードの海外キャッシングを利用して、イギリスでの両替手数料を抑える方法があります。この点は、下記記事をご覧ください。
イギリス留学中に両替手数料を抑えるコツ!海外キャッシングとは?

4.現地発行ならクレジットカードよりもデビットカード!

イギリス留学中に現地でのクレジットカード発行はまず「無理」だと思っておいた方がいいです。

日本とは違い学生でも申し込めるクレジットカードはほとんどなく、たとえフルタイムで就業していたとしても外国人の場合イギリス滞在期間や手持ちのビザの種類も発行審査対象になり、その審査基準も厳しいものだと言われています。

その為、留学生やワーキングホリデーでの滞在ではクレジットカードの発行はかなり難しいです。

イギリスではデビットカードが支流!

しかし、クレジットカード発行を日本でできなかった人も心配ご無用です!

実は、現地でクレジットカードの発行は難しくても、デビットカードは比較簡単に発行できるからです。デビットカードはクレジットカードと違い、イギリスで銀行口座が開ければ審査なしで発行できます。

イギリスでは日本と逆でクレジットカードよりデビットカードの方が支流です。意外と若い人の間でも使用されています。

またデビットカードはクレジットカードとは違い、決済と同時に銀行口座から直接引き落としがかかる為口座にある金額内ででしか利用でできません。その為、クレジットカードで起きやすいお金の使いすぎも発生しません!

手数料も無く、ATMキャッシュカードとしても使えるのでクレジットカードを持っている人でも、銀行口座開設時にデビットカードを一緒に発行しておくとイギリス生活ではとても便利ですよ♪

まとめ

まとめ
クレジットカードはお金が見えない分、使い過ぎに注意が必要ですが、そこをクリアすればイギリスではとても便利なアイテムです。

現在は各会社でカード発行時のキャンぺーンも行っているので、自分に合ったお得なカードを準備しておきましょう♪