グローバル社会が進んだ今、社内共通語を英語にしたり、英語を専攻していない人でも海外出張に行く機会も増えてきました。

そんな中、本場イギリス英語がスラスラと口から出てきたらかっこいいなと思いませんか。その為に一番良いのは、最適な英語環境を整えることです。生の英語に触れることによって、英語力もぐんぐん伸びていきます。しかし、やっぱり一番気になるのことは、いくら費用がかかるかということですね。

今回イギリスに1ヶ月留学した場合にかかる費用の概算をざっくりと纏めてみました。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1ヶ月のイギリス留学にかかる費用はどれくらい?


1ヶ月の留学費用合計は約30万円~(最低かかる費用)です。

もちろん、イギリスのどの都市に留学するか、どの語学学校で勉強するかによって留学費用が異なってきます。

例えば、ロンドンに留学する場合、イギリスの他の地域より、生活費・学費ともに約1.3~1.4倍かかると頭に入れておきましょう。また、有名な語学学校であったり、サービスレベルの高い語学学校であれば、その分、学費も高額になります。それでは、実際にどのような費用がかかっているか、細かく内容を見ていきましょう。

①航空券代金:約8万円~

1ヶ月にかかるロンドンまでの往復航空券は安い時期だと約8万円~です。
もちろん留学したい期によって航空券代金が異なります。

例えば、夏休みやゴールデンウィーク等、人の動きが多い時期は航空券代金もあがります。また、飛行機の空席が減ってくると、航空券代金も高くなります。留学を決めたら、なるべく早めに航空券を手配しましょう。

航空券は旅行代理店でも販売していますが、手数料が上乗せされているため、割高です。安く抑えたいという人は、航空券代金比較サイトでの購入をお勧めします。
スカイスキャナー
トラベルコちゃん

②学費:約8万円~

英語が本場であるだけあって、沢山の語学学校があるイギリス。学費は学校によって様々ですが、やはり大都市ロンドンの学費は他の都市と比べ少し高め(平均1.3倍程度)です。

また、語学学校に行く人のほとんどが、General English Course(週5日半日コース)もしくは、Intensive English course(週5日全日コース)を受講します。1ヶ月のみの語学留学であれば、Intensive English Courseにて集中的に英語環境に浸ることをお勧めします。Intensive English Courseであれば、General English Courseに比べ受講者数が少ない為、より英語を話す機会を得ることができます。また、授業後、先生に質問もしやすいので、個人的に弱い部分を教えてもらえます。

また、クラスのレベルは、挨拶しかできないという初心者レベルから、ビジネスで英語を使う必要がある上級者レベルまで、細かく分かれている学校も多数あります。普通、入学前にレベル分けテストを受け、自分のレベルに合ったクラスへ入ることができるので、英語力に自信がないという人でも安心して学ぶことができます。

1ヶ月という短期間を念頭にどんどん英語力アップを目指したいですね。

③滞在費:約7万円~

滞在費を決める要素は2つあります。

1つ目はどの都市に滞在するかです。大都市ロンドンに滞在する場合は、他の都市に滞在する場合に比べて、1.5~2倍と考えて良いでしょう。特に中心地に近づけば近づくほど、交通の便が良いだけに家賃も高くなります。また、治安が良いと言われており日本人に人気のエリアである北西のエリアも割高です。

滞在日を抑えて、英語に没頭したいという人は、ロンドン以外の都市を選ぶと良いでしょう。特にイングランド南のカンタベリーやブリストルは、治安も良く、物価も低めなのでお勧めです。

滞在費を決める2つ目の要素は、滞在形態です。語学留学では、ほとんどの人が、ホームステイをする、もしくは自分でフラットの一室を借りて生活しています。結論から言うと、自分でフラットを借りて生活した方が安く生活できます。自分で部屋を借りる場合、不動産と直接交渉となる為、ある程度の英語力が必要となります。

英語力に自信がないという人には、ホームステイをお勧めします。ホームステイ先を紹介してくれる語学学校も多数あるので、学校に申し込みをした際に、一緒にホームステイも手配しておけば、事前に滞在先が分かって安心ですね。

また、そんな人にはホームステイであれば、家に帰っても家族と話せる為、英語力アップが期待できます。たった1ヶ月の語学留学。学校でも家でも英語漬けになりたいですよね。

④保険代金:約2万円~

1ヶ月の海外留学保険を提供している保険会社は多数あります。

イギリスはGP(General Practitioner)に登録すれば、一般的な病気(風邪など)の診察代はかかりませんが、万が一、入院をしなければならなくなった場合や高級なものを壊してしまった場合に備え、保険に入っておくことをお勧めします。

保険は、インターネット上で簡単に入ることができます。保険会社によって補償内容も様々なので、複数の保険会社を比較して決めましょう。
格安でイギリス留学をしたい人必見!留学保険を節約する3つの方法

⑤雑費、交際費:約3万円~

せっかくイギリスに短期留学するなら、語学の勉強に加え、イギリス文化や生活様式にも触れたいですよね。

ロンドンでは、ミュージカルやマーケットを楽しむことができますし、その他の地域でのお城や大聖堂巡りも魅力的です。文化に触れることで、イギリスに対する興味が更に広がり、英語力向上への繋がります。せっかく現地に行くのであれば100%留学生活を楽しみたいですね。
※すべての費用は1ポンド=145円で計算されています。

イギリス1ヶ月留学にビザは必要?


イギリス1ヶ月の語学留学をする場合、日本国籍を持つ人であれば、ビザの申請は必要ありません。6ヶ月まではビザなしで滞在することが可能です。

ただし、入国審査にてイギリス滞在費用を賄えるという資金証明と帰りの航空券の提示を求められる場合があります。

スムーズにイギリスに入国できるよう準備しておきましょう。ビザに関する詳しい情報、最新情報はUKBA(UK Boader Agency)のウェブサイトにて確認できます。随時チェックしましょう。
UKBA

1ヶ月のイギリス留学ではどれくらい英語力が伸びるのか?


1ヶ月はあっという間です。しかし確実に英語力を伸ばすことができます。

まずは、英語力アップの第一歩である「英語を話すことに対する抵抗」がなくなります。次に簡単な日常会話であれば、聞き取ることができるようになります。

これは、生の英語を聞くことで日常会話にどのような単語、表現が使われているか分かるようになるためです。

例えば、レジでDo you need a plastic bag?と聞かれた場合、初めての人なら戸惑うかもしれません。しかし、Plastic bag=ビニール袋と知っていれば、全ての単語が綺麗に聞き取れるようになります。

また、難しい説明は出来るようにはなりませんが、Do you know how to get to~(~に行くにはどうやって行ったらいいですか?)やDo you mind if I do~(~しても良いですか?)など日常会話の基礎は身につけることができます。

1ヶ月のイギリス語学留学。ペラペラレベルになるにはもちろん短すぎる期間ですが、現地で英語漬けになれば、確実に英語力はアップします。また、日本ではできない貴重な経験をすることができます。

帰国してからも、現地でうまく伝えられなかった気持ちが英語学習の動機付けにもなります。たった1ヶ月。されど1ヶ月。留学経験者のほとんどが留学経験に満足しています。迷っている人、是非チャレンジしてみてくださいね。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)