ニューヨーク留学が決まったら、次にすることは家探しですよね。物価が高いことで知られているニューヨーク。家探しの際は、家賃や治安などが気になるところ。また、現地の通常の寮やアパートは、英語の契約書を交わすということで、英語に不安がある方には少しハードルが高そうです。

留学情報館はそういう方のために「ニューヨーク現地寮」を完備しています。管理人はニューヨークに長年住む日本人女性で、滞在者も日本人もしくは日本語が理解できる方(入居時の日本語の契約書が理解できる方)のみということで、馴染みのない異国での生活に不安を持たれている方の利用がとても多いそうです。

ちなみに滞在者の多くは、語学留学生やダンス留学生とのことですが、留学生のみならず観光でニューヨークにやって来た短期滞在者の利用もよくあるそうですよ。

滞在者の年代はさまざまで、シニア留学や夫婦留学でニューヨークにやって来てこの寮を利用される方もいるそうです。

【最安値保障】ニューヨーク現地寮の詳細・お見積はこちら
無料:カウンセリング申込

ニューヨーク現地寮の場所


ニューヨーク現地寮の最寄りの駅は、地下鉄1番線137ストリート駅です。ニューヨークの中心地、タイムズスクエアから地下鉄で25分ほどの場所にあるハミルトンハイツにあります。

ハミルトンハイツというエリアは、マンハッタンの北西部に位置します。もともとヒスパニック系の移民が多いエリアですが、ジェントリフィケーションの影響で、近年ここに移り住む人は多いそうですよ。


地下鉄1番線137ストリート駅。
 


駅の近くにはお店がたくさんあります。
 


ニューヨーク現地寮がある136ストリートの角にある、スパニッシュベーカリー。ローカルの人々でにぎわっていました。
 

ニューヨーク現地寮を覗いてみた

地下鉄の最寄り駅(137ストリート駅)から徒歩2〜3分で、寮に到着します。
早速中に入ってみましょう。


ニューヨーク現地寮は、136ストリートに位置するこのビルの中にあり、3つのユニットで構成されています。ビルの入り口に2つドアがあり、セキュリティーのためそれぞれ鍵が必要です。
 


ビル内のホールウェー(入口入ってすぐ)。
 


奥のドアが1つ目のユニットの入口。それぞれのユニットに入るのにも鍵が必要です。
 

それぞれのユニットを覗いてみた

ニューヨーク現地寮の3つのユニットは、ビルの3フロア(階)にまたがっています。1人部屋から4人部屋まで全部で14部屋あり、最大31人が滞在できるとのこと。各ユニットは広々としており、それぞれの部屋に加えキッチンやバスルーム、倉庫スペースなども各ユニットにあります。


これはビル内の廊下ではなく“ユニット内”の廊下です(長〜いです)。
 

ユニット内にあるそれぞれの部屋(2〜4人部屋)は、男女別になっています。部屋にはベッドや机などが完備。通常のベッドに加え、2段ベッドの部屋もありました。



女性用の2人部屋。
 


大型スーツケースや衣類などがゆったりと収納できるクローゼットも備え付けられていました。
 

中には「プレミアム」という名がついている部屋があります。上の方のフロアにあるためお部屋に自然光が入りやすく、明るい雰囲気です。家具なども最近一新されたそうです。


「プレミアム1人部屋」。
 


「プレミアム1人部屋」。(提供写真)
 


「プレミアム2人部屋」。(提供写真)
 


「プレミアム3人部屋」。(提供写真)
 


「プレミアム3人部屋」からはこんな景色が見えました。
 


キッチンはきちんと整理整頓されており、使い勝手が良さそうでした。
 


シェア生活でこういうメッセージ、うれしいですね。
 



共有のリビングルーム。時間帯にもよりますが、入居者同士の憩いの場になっているそうです。(提供写真)
 


リビングルームには、ガイドブックや本などが置かれていました。
 


女性用バスルーム。掃除が行き届いていました。
 

ニューヨーク現地寮の滞在者の声(口コミ情報)

ニューヨーク現地寮に住んでいる方に、実際に話を聞いてみました。

語学留学の目的で、11月17日にニューヨークに到着した佐藤仁美さん。翌18日からニューヨーク現地寮に住んでいて、12月16日まで滞在予定だそうです。

「現在、語学学校のEC New Yorkに通っています。EC New Yorkの寮を確認したところ、値段が高くてエージェントが紹介してくださった寮しか選択できなかったので、こちらのニューヨーク現地寮に滞在することにしました。気に入っている点は、wi-fiがあること、最寄りの駅からわずか5分と至便なこと、EC New Yorkまで電車1本で通えること、コインランドリーやスーパーなども5分圏内にあることです」と話してくれました。

ニューヨーク現地寮の滞在費用は?

下記が、ニューヨーク現地寮の滞在費用とのことです。
*詳細やお申し込みは、留学情報館までお尋ねください。

【入寮手配料】
250ドル

【デポジット】
200ドル(部屋の破損などがなければ、チェックアウト時にリネンや清掃費の50ドルが差し引かれた150ドルが返金されます)

【1人部屋】
75ドル/日
345ドル/1週
1,340ドル/4週間

【2人部屋】
50ドル/日(1人料金)
240ドル/週(1人料金)
920ドル/4週間(1人料金)

【4人部屋】
45ドル/日(1人料金)※男性は50ドル
210ドル/週(1人料金)※男性は240ドル
820ドル/4週間(1人料金)※男性は920ドル

※7~9月末まで別途夏季料金が追加 (1日5ドル程度)
※共益費(電気代、ガス代、ケーブル代、清掃費)が別途必要(月50ドル程度)

スーパーや銀行など、周辺の生活環境


寮から3〜4分の場所に大きなスーパーがあります。地下鉄の駅からも近いので、学校帰りなどに寄れそうです。
 


大量の野菜や食料品が山積みされていました。
 


寮のある136ストリートの角にも、グロッサリーがあります。
 


ランドリーは横断歩道を渡ったところにあります。寮から2〜3分ほどの場所。
 


キャッシングに便利なCHASE銀行もすぐ近く(ランドリーの隣)。
 

以上、ニューヨーク現地寮のレポートでした。

観光など短期滞在はもちろん、長期で滞在する留学生向けの滞在先として多くの方に利用されている、ニューヨーク現地寮。この寮の最大のポイントは、治安や言語の不安を解消し、ニューヨーク滞在初日から「生活」ができることです。またマンハッタンの中心地にも近く、最寄り駅もすぐそばというのは便利ですね。寮の周りには、スーパーや銀行、ドラッグストアやレストランがあることなども特徴として挙げられます。

【最安値保障】ニューヨーク現地寮の詳細・お見積はこちら
無料:カウンセリング申込