MMBSは2000年から始まった歴史がある英語学校で、特に「1日5時間のマンツーマン授業」や「自分好みにカスタマイズできる授業内容」、一番重要な「安全な生活環境」が大きな特徴です。

2018年は新たに授業だけでなく、授業後も先生とマンツーマンの生活が出来るコースをスタートし、一緒に外出をし、授業で習った英語を実際の生活で生かした環境も提供しています。

そんなMMBSを取材してきました。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

MMBSの場所

マニラから北に124㎞の所にあるターラックという町に学校はあります。
学校は市内から少し離れた住宅地にあり、隣は公立の小学校と高校がある勉強に適した落ち着いた場所です。ターラック州立大学もあるので学生が多い町でもあります。

建物の外壁にはMMBSのロゴがあるのですぐに分かります。早速中に入ってみましょう。

入り口にはセキュリティが待機。

校内にはスタッフオフィスもあるので気軽に相談出来ます。

MMBSを覗いてみよう

こちらがオフィスとなります。

ここはオンラインでテストを受けるテスティングルームです。

広々とした自習室、8~24時まで空いています。

屋外には大きなバスケットコートもあります。

もちろん校内アクティビティにはプールも完備。

MMBSの特徴とは?

MMBS日本人スタッフの佐藤さん。
日本人スタッフとしてMMBSに滞在した経験を生かして、2011年に日本事務局をオープン致しました。MMBSは2000年から始まった歴史がある英語学校として韓国では非常に有名です。

3ヘクタール(100m×300m)の広大な敷地の中に学校と学生寮があります。売店や食堂、プールにサッカーフィールドも学校の敷地内にあるので、学校の中だけで生活することが可能なため、未成年者の単身留学が多い学校です。また、入り口には24時間セキュリティーガードがおり、学校内に部外者が入ることは出来ず安全に生活することが出来ます。

留学生の国籍や人数

日本、韓国、中国、イタリア、台湾などの学生さまがメインです。
最近は中国人の親子が多くいらっしゃるそうです。(人数は時期により異なります)

教室はどんな感じ?

こちらがマンツーマン教室です!

こちらはグループレッスンの様子です。

MMBSの寮

明るく清潔感のある二人部屋です。

こちらも清潔感のある複数部屋。

MMBSの食事は?

パンの方が朝ご飯です。パンデサルというフィリピンのパンが週に1度出ます。パンは週に2~3回、朝ご飯で出ます。昼はお肉料理がメインの時が多いです。MMBSは野菜の品数が多いのが特徴です。メインの他に2~3種類は副菜で野菜が出ます。

MMBSの生徒の声(口コミ情報)

授業の合間に生徒にも話を聞いてみました。

Ryotaさん

マンツーマン授業の教科は自分で決めることが出来るので、自分が勉強したいことだけを集中して勉強することが出来るので、満足度が高いです。

授業後の課外活動も充実

「先生と同室サポート」を希望する学生が多いです。これは授業終了後、夕食から翌朝の朝食まで先生と一緒に生活するプログラムです。学生の人数や国籍、ルームメイトなど留学中の生活を心配する方や本当に英語力が上がるのか心配な方に最適です。昼間は授業で英語を学び、授業後は先生と一緒に生活するので留学期間中は完全に英語だけの生活になります。1週間だけの短期留学でも確実に英語が話せるようになります。

動画で紹介するMMBS

以上、MMBSのレポートでした。
2018年はジェットスターが日本からクラーク空港へ乗り入れを開始しました。クラーク空港はMMBSから一番近い空港で、空港から渋滞もなく1時間で学校に到着致します。クラーク空港は規模が小さいのでお待ち合わせも分かりやすくクラークやその近郊の学校に来るには近い空港になります。

フィリピンの中でも注目のエリアクラーク、
クラーク留学ならMMBSがオススメですよ!

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)