最近、日常生活がマンネリ化して、「何か新しいことを始めたい」、「自分を変えたい」と考えていませんか?

このまま仕事を続けても人間関係は変わらないし、平凡な毎日を送るだけ…。
環境を思いっきり変えるために、思い切って海外留学したら人生が変わるのでは?と思う人は少なくありません。

留学は独身の今だからこそできる!行ける!と一発奮起して留学を決める人も。
そこでふと思う疑問は「自分を変えたいから」といった理由で留学しても良いのか?と言うこと。

結論から言えば、「自分を変えたいから留学する」という理由でも全然良いですよ。「自分を変えたい!」と気がついただけでも、既に自己成長のスタートラインに立っているからです。

この記事では、自分を変えるために留学するために知っておきたい3つのことを解説していきます。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

留学は人生を変えるきっかけを与える

日本という狭い国を出て他の国に住んでみたい、旅行じゃなくて住んでみたい、と思うことは誰しも一度はあるでしょう。

異国の地に留学することは、あなたの人生を変えるきっかけを作ってくれます。
環境が変わるので人もモノも空気も変わり、自分と冷静に向き合うことが出来ます。

日本に住んでいると、毎日の仕事や家族との会話で一日が終わってしまうでしょう。
多くの海外留学生は、帰国後に「視野が広がった」、「もっと英語を勉強しようとやる気になった」とプラス思考に変わります。

海外留学は、将来の自分の可能性を探すことができるのです。今の日常生活がツマラナイ、生きがいが見つけられない、と自分探しに試行錯誤しているなら、留学は一つの選択肢になりますよ。

本当に自分を変えるのは自分

これから自分を変えたいために留学する人にアドバイスしまたいのは、留学とはあくまで自己成長の「きっかけ」であること。

本当に自分を変えるのはあなた自身以外ありません。

留学中「アートに興味を持った」、「建築の勉強がしたい」、「トライアスロンにチャレンジしたい」、など思うことは人それぞれです。

留学はあなたに「新しいことを始めるきっかけ」を与えてくれるのです。留学して何を感じて何をチャレンジするのかは、あなたが決めることです。

実際に、留学をきっかけにそのまま日本舞踊のインストラクターになった人もいれば、観光気分で3ヶ月過ぎてしまった人も…。

「留学すれば100%自分を変えられますよ」という簡単な話ではありません。
本当に自分を変えたいならば、留学中は自分自身と向き合って、将来何をしたいのか自分なりに目標をもつことが大切です。

留学後に目標が明確になり、そのために努力をすることであなたは変わり、自己成長できるでしょう。

留学成功例から学ぶ3つのこと

留学して自分が変わった人と、何も変われなかった人はどこに違いがあるのでしょうか?
両者とも留学のきっかけは「自分を変えたい」という気持ちで動いたはずです。ここからは、留学成功者から分かった3つのことをご紹介しましょう。

①キャリア形成上の留学する目的がある

留学成功して自分が変わった人は、みなキャリア視点での留学する目的がハッキリしています。逆に、留学する目的が決まっていない人、漠然としている人は、観光客のように写真を撮って思い出になって終わりです。

留学する目的が「英語学習」「生の英語に触れたい」という人がいますが、なぜ日本でしなかったのでしょうか?本当に英語学習を本気で頑張りたいならば、仕事帰りや休みの日に英会話スクールに通うことができます。

いまの時代、オンライン英会話を使えばリーズナブルな料金でネイティブ英語を学ぶことができます。単なる英語を勉強する目的で留学しても、観光客と同じ感覚で過ごし、留学失敗という結果に終わるでしょう。

留学成功者は、キャリアに活かすことが出来る英語力は既に日本で身に付いています。
今の自分の持っている英語力を試す気持ちで、留学に臨んでいるのです。

もし、留学する目的が曖昧な人は、キャリア形成上の留学する目的を考えてみてください。英語を使って将来何をするのか、先の未来を見据えた上で留学する目的を見つけましょう。

留学の目的を一度紙に書き出して、自分の頭の中を整理することをおすすめします。
単純に「留学さえすれば、自分が変われる!」と思ったら「そんなことはない」と断言します。

②留学前の準備を万全にする

留学先では、留学生やテレビ、街中のサインなど様々な情報が入ります。
留学する前から、英語の口に慣れておくことはとても重要です。

日本の英語教育は、「読むこと」「聞くこと」のインプットの比重が多く、「話すこと」「書くこと」のアウトプットの訓練が少なめです。

そのため、受験勉強を経験して英語が得意な人でも、留学先のお店の店員と簡単な会話ができないケースも多いです。せっかくの留学をしているのに、思ったことが英語でパッと口から出ない、簡単なメールもできないと、勉強不足が悔やまれるでしょう。

留学する前は、音声付きの短い会話を繰り返し口にして、英語の口に慣れておくと効果的です。留学成功者は、留学先を実践の場と捉えていて、事前学習を行っています。

留学中は、その国の言語や文化を学ぶだけでなく客観的に日本を見つめ直すきっかけにもなります。授業のディスカッションでは「日本はどうですか?」と聞かれることは多いです。自分の国で当たり前だったことが他国では違うという新しい発見もできるでしょう。

③1日1日を充実させる

留学する期間は、1ヶ月程度の短期の人いれば、1年以上の長期に渡る人もいて、人それぞれです。留学する期間に関わらず、留学成功する人は日本では出来ないことして、1日1日を充実して過ごしています。

留学成功者達は、学校の授業後、現地の英語講師に依頼してレッスンを受けたり、現地企業のインターンをしています。
事前に現地で通用する英語学習を済ませているので、英語を実践レベルで使えるのです。

日本に帰国後も、英語を忘れないように、業界の専門用語の勉強することを習慣化しています。一方で、留学に失敗する人達の日常は、学校の授業後は学校で知り合った仲間たちと、カメラ片手に色んな場所で写真撮影。

授業がない日は学校のアクティビティに参加して、夜は学校の宿題をするだけ、という中身のない生活を送っています。観光することも、友人達と遊ぶことも、留学の良い思い出になります。

しかし、それで本当に「自分が変われる」と思いますか?

留学するメリットは英語圏の考え方を学ぶことができる

 

本当に英語を武器にしてキャリアアップしたい人は、日本である程度の土台が出来ているとお話しました。極端な話、いまの時代、英語を学ぶだけならば、日本には英会話スクールでもオンライン英会話もあり学ぶ環境は揃っています。

むしろ、英語学習のし方を日本語で教えてくれる講師がいるので、日本のほうが勉強しやすい環境にあると言えます。

では、わざわざ留学する価値はどこにあるのでしょうか?

その答えは、現地の人と話しながら「英語圏の考え方を知ること」にあります。英語には英語の考え方、その国の文化を身に付けてこそ、初めて「通じる英語」になります。

英語の独特な表現は、現地人と交わらなければ見につかないことがあるのです。日本では街中でお母さんが子供に大きな声で叱りつけたりする場面をよく見かけますが、アメリカではNGです。

中学生や高校生が子供同士で電車に乗ってディズニーランドへ遊びに行ったりするのも、アメリカではありえない話です。

「日本では小学生の子供が家族と一緒にお風呂に入る」という話をすると驚かれます。

日本では当たり前だと思っていたことが、他国では非常識であったりビックリされることは良くあります。

留学する意味は、単に語学のスキルを高めるだけでなく考え方や文化の違いについて知ることが大きなメリットと言えるでしょう。

留学する目的が見いだせない人は留学エージェントに相談しよう

留学を成功させて「自分を変える」には、前もって英語を学習したり目的を明確にしたり、事前に準備することが色々とあることがお分かり頂けたかと思います。

しかし、漠然と日常生活を送っているとイマイチ留学する目的が見いだせない、留学したいけどキャリアを捉えた目的意識はない…と悩む方は多いでしょう。

そんな方は、一度留学エージェントに相談してみると、適性や性格を踏まえた上で、キャリア設計の適切なアドバイスをもらえます。

留学成功者達は、留学エージェントに相談したことで
目的意識がハッキリして、最適な学校選びが出来たと話しています。
 
ただ単に「自分を変えたい…」と漠然としたまま留学すると、失敗する可能性が高いので要注意です。

留学する目的が見つからず、将来についてキャリアに悩んでいる方は、一度留学エージェントに相談してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、自分を変えたい人が留学する前に知っておきたいことをお伝えしました。
留学するとガラッと環境が変わるので、自分を冷静に見つめ直すきっかけを与えてくれます。

日本で抱えていたストレスもなくなり、新鮮な気持ちになって、清々しい日々が過ごせるでしょう。

ただし、留学して本当に自分自身を変えられるかどうかは「あなたの行動力」にかかっています。留学さえすれば、誰でも100%変われるという都合の良い話ではありません。

まずは、留学して自分はどうなりたいのか、キャリア設計を含めた将来を考えてみることをおすすめします。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

» 無料でプロに相談する