ZA English UV Campusは2002年に設立し、2018年よりリニューアルしたセブ島で2番目に歴史のある学校で、大学付設という信頼感から毎年多くの学生様や企業様、社会人の方々に語学研修の派遣先として定評があります。

また日本人が本当に勉強に集中できる環境づくりにも力を入れておりますので、快適で充実した留学生活ができ、日系語学学校にしては年間を通じて国籍比率のバランスが良く、国際色豊かな環境です。現地大学生と交流のチャンスもあるのは大学付設校の強みです。また条件を満たした方には、University of Visayasの修了証が授与されます。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

ZA English UV Campusの場所

フィリピンの名門ビサヤ大学のキャンパス内に、ZA English UV Campusの教室があります。そのため大学の各施設(カフェテリア・図書館・ATM・自動販売機)も利用することができ、フィリピンの大学の雰囲気を体験することができます。

大学と寮が一体化しておりオンキャンパスならではの雰囲気です!

さぁ~こちらが入り口です!早速入ってみましょう。

中に入るとしっかりとセキュリティが配備されていました。

ZA English UV Campusを覗いてみよう

ここがメインの食堂で、毎日ここで食事を取ります。

こちらは大学内にあるフードコートです。現地の大学生も利用するのでコミュニティが広がるかもしれません!

敷地内にはATMもあるので、わざわざスーパーなどに行かなくてもOKです!

寮の1階には売店もあるので最低限のものは揃います。

ZA English UV Campusの特徴とは?

名前:扇山 誓(日本人マネージャー)
アメリカ・ミネソタ州の高校を卒業後、千葉と東京で日系、外資系企業合わせて7年勤務。
その後オーストラリアのシドニーでワーキングホリデー後、IELTSの基準をクリアしオーストラリアのビジネスビザを取得。
その後ブリスベンで2年間印刷会社をアメリカ人、オーストラリア人スタッフと共に切り盛り。2016年8月よりセブ島に滞在。

現在日本への帰国は年2回、約2週間ずつ。

フィリピンの名門ビサヤ大学(医療系)のオンキャンパス校!その環境から、留学生のみならず現地フィリピン人やその他多くの国籍の学生と関わる機会が大いにあります。
また日本人経営という安心感から、日本人に合った住環境の提供や、(トイレに紙が流せる、洗浄便座付き等)掃除に力を入れるなど、「日本人でも不自由を感じない環境づくり」を常に目標としています。

教室はどんな感じ?

せっかくなので授業を見学させていただきました!

こちらはグループレッスンの様子。

自習室もあるので授業後もしっかり復習できますね!

ZA English UV Campusの部屋

こちら1人部屋でトイレとバスルームが設備されています。

2人部屋は、1人部屋に比べて広々としているので人気だそうです

4人部屋は費用が安く、また様々な方とコミニケーションを取りたい方にはおすすめです!

ZA English UV Campusの食事は?

≪Chicken Karaage≫
日本で使われるケチャップで皆さんが思いつくのは、トマトケチャップですよね?ところがフィリピンの食卓で使われるケチャップは、バナナケチャップなんです!色はトマトケチャップと変わらない赤ですが、味はトマトケチャップよりも酸味がなくマイルドで、少し甘い味がします。でも、バナナの味はしませんよ!
日本にはない調味料をご堪能下さい!

≪Beef Bulgogi≫
太めの春雨と豚肉を煮詰めた、すき焼きのようなお料理です。サイドディッシュはナスの揚げ物です。ナスはZA Englishの寮の屋上で栽培したものを使っております!

≪Sushi Roll & Tempura≫
実はこのSushi Roll、キムパプ(gimbap、김밥)という韓国の海苔巻きを基にして作っているんです。韓国語でキムは「海苔」、パプは「ご飯」の意味なんだそう、、、中に巻かれてあるのは、たくあん、ハム、きゅうり、ニンジン、カニカマです。

≪Fried Pork with Tofu≫
上位に入るくらいの人気メニューです!
それもそのはず、日本人が大好きなお豆腐が豚肉とお酢で調理されているんです。嫌いな人はいないはず。。

≪Hamburg steak with Lemon≫
もともとはただのハンバーグにケチャップなどのソースを添えていたのですが、ベトナム人マネージャーが「ベトナムではハンバーグにパイナップルを加える」ということを教えてもらって出来上がったこのメニュー!
パイナップルではなくレモンを添えているのはZA Englishオリジナルメニューです!笑

ZA English UV Campusの生徒の声(口コミ情報)

西脇りなさん

授業の合間に生徒にも話を聞いてみました。
ノリと勢いで留学したらUVにどハマりしました!今回の再留学でUV歴7ヶ月1週間になります。UVは2回目の留学なのですが、その前にもセブシティー内にある違う語学学校に留学していました。

最初のセブ留学の時にUVに転校して以来、UVの環境がとても自分に合っていたのもあり、必ずまた来ようって心に決めていたんですね。3ヶ月間、日本でお金を貯めて戻って来ました(笑)!

はじめてUVに転校して来た時は、国際色豊かな環境と洗濯サービスには驚かされました。
日系の学校って、どうしても日本人生徒の割合が多かったりするのですが、UV生徒の多国籍豊かな環境にはビックリしました。
グローバルとは言っても、日本人も程よく在籍しているし、日本人スタッフも数人滞在しているので安心感はありましたね。

UVに転校してから、台湾、ベトナム、韓国、中国と世界中にコネクションができました。この人脈は、一生の財産だと思っています!
あと「洗濯サービス」が週に2回あったのは助かりましたね!
本来なら、2〜3日かかるところ、出したその日のうちに戻ってくるからビックリです(しかもキッチリ畳まれている)

授業後の課外活動も充実

授業後の課外活動も充実!
ZA English UV Campusでは、毎月1回ボランティア活動を実施しています。内容は、孤児院で子どもたちと交流したり、街の清掃を行ったりなどです。他にも年に一度クリスマスパーティーを実施したり、不定期でサッカー交流会やスクールトリップを行っています。

生徒様は定期的に開催しているアクティビティに参加することができます。

ボランティア:600ペソ、毎月第3土曜日に開催

【ボランティア内容】
ボランティアの内容は農村部の小学校やデイケアセンターへ行き、まずは施設の清掃・炊事をします。施設によってはガスがないとこもあり、施設のスタッフ協力の元、薪で火起こしを体験することもあります。
その後、出来上がったご飯を子供たちへ配膳し一緒にお昼ご飯を食べます。
お昼ご飯の後は椅子取りゲームなど、アクティビティを通して子供たちと触れ合います。
最後にお別れの前に子供たちへのプレゼントを渡し、一緒に記念撮影をします。

☆過去には、「ボランティア活動に興味があったので、ゼットエーに留学しました。」と学校を選ぶきっかけ にしてくれた生徒も在籍されていました。

シティツアー:1500ペソ、毎週水曜日に課外授業として開催、(欠席扱いにはなりません)

【ツアー内容】
本校の政府認定スクールバスを使ってスタッフ同行のもと、毎週水曜日にツアーを開催しています。

シティツアー:サントニーニョ協会やサンペドロ要塞など、セブ島の歴史的名所などをまわります。

マクタンツアー:リゾート地から歴史ある地まで、丸1日マクタン島を探索しに行きます。
☆大手ツアー会社に比べると破格のお値段でのご案内ですので、生徒様から大変好評な課外授業です。

※参加者が6名以上募った場合のみ催行、現地でお支払い

ZA English UV Campusを動画で紹介

以上、ZA English UV Campusのレポートでした。セブでは珍しく大学附属の語学学校で、現地のフィリピン人大学生とも交流が取れます。
また、12週間の英語学習をした後、4週間のインターンシップを体験出来るコースもあります。

インターンシップ先は、セブマクタン空港・セブ市内にあるクラウンリージェンシーホテル等、セブ島では一流と言われる有名企業や、学校近くのカフェもあります。過去にはインターンシップコースでの体験を経て、海外企業に就職した方もいます。海外インターンに興味がある方にもオススメの語学学校です!

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する