「保険」と聞くと、どんなイメージがありますか?高くて、複雑そうなイメージはありませんか?理由は、補償や保険の種類が多いからだと思います。

当記事では、保険の内容と必要な補償、そしてなるべく費用を抑える方法を紹介しますね。「安い」、といわれている現地カナダでの保険加入はどうなのかも紹介しますね。

保険の内容は意外にシンプルです。それが分かったら、早速あなたに合う保険を探してみましょう。

1.カナダワーホリ時の保険加入が必要な理由3つ

あなたもカナダワーホリ時に保険加入が必要である、ということはお分かりだと思います。そんな保険ですが、何だかややこしそうです。

そもそもなぜ保険に加入しなければいけないのでしょうか?漠然と、「加入しなければいけないから加入する」という理由であれば、お金を払っているのに入っているメリットを活かしきれない可能性もあります。

最初のこの項目では、なぜ保険加入が必要なのかの理由を3つ紹介します。いざという時に適切に補償してもらうためにも。

①ワーホリビザ取得時の条件のひとつ

ひとつめの理由は、保険加入をしなければワーホリ時に必要なワーキングホリデービザの取得ができないからです。その条件が決まったのは2011年から。(情報によっては、2012年と紹介されています)結果、必ず保険加入しなければ、そもそもワーホリすることができません。

そのことについて、一般社団法人 日本ワーキングホリデー協会JAWHMの「カナダワーキング・ホリデーの保険」(出典:一般社団法人 日本ワーキングホリデー協会JAWHM「カナダワーキング・ホリデーの保険」)のページを参考にしてもう少し詳しく紹介します。

まず保険加入の正式な条件ですが、「カナダワーキングホリデービザの期間中、ワーキングホリデー保険に加入している事」というものです。滞在している期間を満たした保険という意味ですから、一日でも保険加入日が足りないと違法滞在になってしまいます。

そうなった場合どうなるかというと、入国拒否、入国後に強制送還される、カナダへの入国が今後一切できなくなるという恐れがあります。そのほかの処罰として、罰金数百万円という可能性もありますので滞在期間を満たした保険日数で加入することは大事です。

ほかにも注意点があり、それは「ワーキングホリデー保険は日本を出国した後には加入できない」というものです。そのことから、必ず出発前から加入しておく必要があります。

まとめると、カナダワーホリ時は保険加入する、加入しないではなく、加入しなければカナダワーホリはできないということです。

次に、保険に加入しなければいけない理由はいざという時のためです。そのことについては、次の項目で紹介します。

②いざという時のために

「いざという時、そんな時が自分の身の上に起こるのか?」そのように、あなたも思っていませんか?いざという時がなければいいのですが、意外に起こるものです。予期せぬ時に。

そんな時でも保険に加入していれば、費用のサポートや相談にのってくれるなど、さまざまなサポートを受けることができるので保険加入は必要という考えが一般的です。

では、いざという時とはどんな時なのかというと、身近な例でいうと体調を崩した時です。ワーホリだけではなく、数日の海外旅行も含め、多くの人が渡航先で体調を崩した時に入っていて良かった、という経験をされています。可能性の高いいざという時、ということです。

特に海外であれば、慣れない生活に加え天候も異なります。緊張しているかもしれず、日本に住んでいる時よりも体調を崩しやすい状況に身を置くことになります。

数日寝ていれば治る、といった軽いものであればいいのですが、入院して治療ともなると治療費がかかります。そんな時でも、自分のお財布から支払わなくても保険会社が払ってくれるという補償がついた保険に入っていれば安心です。

それ以外のいざという時は、渡航時の空港で自分の荷物が受け取れなかった時や、物を壊してしまった場合などです。そういった場合でも、補償してもらえる保険に入っていれば補償範囲内で負担してもらえます。

「こと」が起こってからは加入することができないのが保険ですので、やはり事前に加入しておくことをおすすめします。

最後に、安心のために保険加入するというのも、カナダワーホリ時に加入する理由のひとつです。そのことについては、次の項目で紹介しますね。

③安心のために

あなたの周りにも「何か起こったらどうしよう」といつも心配している人はいませんか?カナダワーホリする人のなかにも、そんな心配性の人がいらっしゃるかもしれませんね。

心配している状態、というのは想像するだけで精神的に大変です。しかし、保険に入っていたら常に何かあったら、と心配しなくても、「もしもの時には保険がある」と思うと安心できます。まさに保険です。

保険でいうと、サポート内容が心配を軽減してくれるサービスではないでしょうか?②の項目で紹介した体調を崩した場合でいうと、治療費負担などの金銭的な補償以外にも、精神面でも大きな支えになります。

ひとつは言語です。海外だと言葉の壁があります。たとえ英語が得意だとしても、医師や医療スタッフが話す英語の医療用語を理解するのは大変なことです。しかし、通訳サポートのサービスがついた保険に加入していれば、スタッフが医師との間に入り、電話で通訳してくれますので安心して治療してもらうことができます。

そのように、適切な治療をなるべく早い段階で受けるためにも保険加入は必要ではないでしょうか?なによりも体調が悪くて気分が優れない時に適切なサポートをしてもらえると、気持ちのうえで大きなサポートにもなることは想像できますね。

以上が、カナダワーホリ時の保険加入が必要な理由3つでした。次に知りたくなるのが、どの保険会社の保険がいいのかではないでしょうか?次の項目では、そのことについて紹介しますね。

2.保険会社を選ぶ基準とおすすめの保険

1の項目では、カナダワーホリ時に保険加入しなければいない理由を紹介しました。では次の段階の「どの保険会社の保険に加入するといいのか」についてこの項目で紹介します。

保険会社といえば、私たちの身近に多くあります。しかしどの保険会社も、ワーホリ時に加入する保険といえば、ワーキングホリデー保険という種類しかありません。

ですからこの項目では、おすすめの保険イコール保険会社として紹介しますね。

①基本の保険内容と保険会社を決める基準

保険は、いざという時のためや、安心のために入っておくものでした。それらのことをカバーする補償は、一般的にどのワーキングホリデー保険にも基本補償としてつけられています。

ますは、保険の基本的な内容を、ほけんのクチコミ(出典:ほけんのクチコミ)というページを参考に紹介しますね。

基本の保険内容ですが、中心になっている補償があります。それが下記の4つです。(「補償」は、保険会社や記事によっては「保険」と表現されているものもあります。)

  • 医療補償(海外で病気になった時)
  • 死亡補償
  • 携行品補償
  • 賠償責任補償

医療補償と死亡補償ですが、一般的にどの保険にもついています。異なるのは、携行品補償と賠償責任補償がついているかと補償金額です。そのような仕組みから、あなたが心配なことを明確にし、その補償がついている、補償金額が高い保険会社を選ぶというのもおすすめです。

たとえば、病気になった時が不安であれば、医療保険の補償がしっかりとした保険会社に決めるというように。

では保険会社の違いですが、補償の対象やサポート内容が異なります。そして共通しているのが、高額の補償をつければそれだけ保険金額は上がるということです。

ほかにも保険会社選びの基準になるのが、保険の補償期間です。保険会社によって、提供しているワーキングホリデー保険の期間が異なるのです。そのことから、保険の補償期間で保険会社を選ぶこともできます。

期間は、3ヶ月~半年というタイプの保険の取り扱いのみという保険会社や、1年まで対応している会社があります。

次に数多くあるワーキングホリデー保険サービスを提供している会社のなかでも、人気のある保険会社があります。それが下記の5社です。

  • AIG保険会社
  • JI傷害火災保険※「ジェイアイ傷害火災保険」という片仮名表記の場合もあります
  • 損保ジャパン
  • 三井住友海上火災保険
  • 東京海上日動火災保険

そして、上位4社については、保険詳細が記載されていますので参考にして下記に記載します。

保険会社別人気ランキング結果
2017年3月30日集計結果

保険会社名 渡航期間 手続き時間 申込方法 申込期限
保険Times 最長5年 約5分 ネット 出発の6ヶ月前〜当日
AIG損保

1年以内まで 約5分 店頭、ネット 出発の45日前~当日
損保ジャパン 92日間以内 約5分 ネット 出発の45日前~当日
三井住友海上火災保険 92日間以内 約5分 店頭、ネット 出発の60日前~当日

まとめると加入する保険会社の選び方は、「補償内容」「保険期間」「手続き方法」を基準にすると決めやすいです。特に保険期間と手続き方法は注意が必要で、1年以上の補償期間を満たしている保険というのがありません。

1年以上滞在する時には、滞在期間に合わせて保険期間を延長しなければいけないのですが、ネットでは受付できない保険会社があります。日本にいる家族に手続きをしてもらう、もしくは一時帰国して保険延長の手続きをするという方法になりますので、その点にも気を付けて保険会社を選びましょう。

結果おすすめの保険会社は、個々によって補償して欲しい内容や、申し込みをする環境、補償して欲しい期間などが異なることからこの保険会社のこのタイプの保険ですという紹介はできません。

これまでに紹介した基準や、この後のふたつの項目を参考にし、あなたに合った保険会社を見つけて下さいね。

次に保険会社を選ぶには、予算を基準に決めるという方法もありますので次のページで紹介しますね。

②予算で決める

①の項目で紹介したこと以外に、保険会社選びのポイントになるのが予算です。予算内におさめるために、格安保険に加入するという選択肢もあります。どちらにしろ、保険に使う費用を決めておくのも保険会社選びの基準になります。

別の項目で紹介した人気があるAIG保険の3ヶ月保険料を例に金額を紹介すると、補償が充実したプランだと、64,480円、59,780円、59,670円の保険金額のタイプがあります。(2017年12月現在)

それらのタイプの違いですが、補償内容は同じですが、支払う金額が高いほど傷害死亡保険、傷害後遺障害、長期用個人賠償責任の補償金額が高いです。

一方で費用を抑えたいのであれば、保険金額は、59,310円、57,470円、57,110円、55,400円、55,040円のタイプがあります。

こちらの保険タイプの違いは、補償の種類と補償金額です。傷害死亡、傷害後遺障害、治療・救援費用、疾病死亡、長期用個人賠償責任、長期生活用動産はどのタイプにもついています。

※「長期生活用動産」とは、携行品損害のワイド版です。長期滞在に合った補償範囲で、携行品損害保険を含め居住施設に置いている時や、持ち歩けない自分の持ち物も補償の対象になるものです。(出典:留学保険選びに迷ったら、ここ「生活用動産って?携行品損害との違いは?

しかし、「航空機寄託手荷物遅延」と「航空機遅延補償」は、ついているタイプと、ついていないタイプがあります。そういった補償の種類が減ることを考えると、節約タイプの保険は、費用は抑えられても、いざという時に補償してもらえる内容でなければ心もたないかもしれない、そのことも考えて加入することをおすすめします。

ほかにも、サポート内容で保険会社を決めるという方法もありますので、次の項目で紹介しますね。

③サポート内容で決める

「保険に加入する」となると第一に考えるのが、補償内容ではないでしょうか?しかし、補償内容と同じくらい大事なポイントがあります。それは、サポート内容です。

まずサポート内容について紹介すると、「医療に関するサポート」と「その他のサポート」のふたつに分けられます。

医療に関するサポートは、下記のようなものがあります。(出典:AIG保険会社公式ホームページ「海外旅行保険のサービスと特徴」

  • 通訳サポート(けがや病気で医師の治療を受けた時に医療サポートが通訳してくれる)
  • 医療機関紹介や手配サポート(最寄りの医療施設や機関の案内や手配)
  • 医療費支払いサポート(病院に行った時に、その場で治療費を自己負担することなく治療を受ける、手配など)
  • 家族連絡サポート(入院した場合など、回復状況や治療内容を家族に連絡)

上記の内容を見ると、体調が悪い時に実に頼りになるサービスです。特に元気な時でも大変な英語の理解、日本に住む家族への連絡などを心配しなくていいという点では心強いです。

一方のその他のサポートとしては、弁護士の紹介やサービス、パスポートやクレジットカード再発行援助のサービスなどがあります。予期せぬできごとが起こった時のサポート内容といえます。

そのサポートのなかの弁護士の紹介ですが、「弁護士を頼むことはないのでは?」、と思われるかもしれませんが、たとえば、賠償事故を起こした時に加害者としての責任を追われた時に現地の弁護士を紹介してもらえます。法律に沿った対応をしなければいけないことを考えるとこのサービスも安心できるサービスではないでしょうか?

上記で紹介した以外のサポートも、保険のタイプによってはあります。そして、保険会社によっても異なりますので、インターネットなどで調べて問い合わせをする、パンフレットを送ってもらうといいですね。

以上が保険会社を選ぶ時の基準でした。参考にしてあなたに合った保険会社とタイプの保険を選んで下さいね。

これまでに日本で加入する保険について紹介しましたが、現地で加入する保険もあります。次の項目では、カナダに入る保険についてと、日本で加入する保険の違いについて紹介しますね。

3.日本とカナダの保険会社加入の違い

あなたも、カナダ現地の保険に加入する方法があるというのを耳にしたことがありませんか?多くの記事で、保険料が安いと紹介されています。

そんな、費用を抑えることができて、ある程度の補償もしてくれるといわれる現地の保険ですが、日本の保険と何が異なるのでしょうか?

この項目では、あなたが保険加入する時の比較材料になるように、日本の保険とカナダの保険の違いを紹介しますね。

①現地保険加入とは?

カナダに限らず、渡航先の現地保険に加入する方法もあります。特に費用を抑えたい人におすすめという理由で、さまざまな記事で紹介されています。

しかし、現地保険加入を考えた場合、これまでに紹介したように、ワーホリビザの取得条件を満たすための保険に加入するには、現地保険会社の保険に日本にいる間に加入する必要があります。加入が、ネットや電話などでできる保険会社でないといけないということです。

では、日本で加入できる現地カナダの保険会社があるのかですが、日系の保険会社BIIS(Bridges International Insurance Services)ブリッジス・インターナショナル保険サービス(出典:BIIS公式ホームページ)があります。インターネットや電話で「カナダ到着前」に日本から申し込み、保険に加入することが可能です。

ポイントは、「カナダ到着前」。BIIS保険会社のリーフレットの会社紹介文(出典:BIIS保険「ワーホリ保険リーフレット」)を見ると、それがどういう意味なのかを説明する実話が書かれています。

それは、カナダ入国時に保険に加入していないことが理由で入国ができず、その場でBIISに電話。ワーキングホリデー保険に直ぐに加入することができ、無事に入国できたという人がいるというものです。カナダ到着直前、という状況でも加入ができることを意味しています。

そして、カナダ到着前に保険加入するメリットもあります。保険には補償内容によって、加入後規定の日数を経過しないと補償されない待機期間があるのですが、日本で加入した場合にはそれが免除になるというものです。

たとえば病気になった時です。カナダ到着後に加入すると病気に対する待機期間は48時間、あるいは7日もありますので、その間に保険補償対象になる「なにか」が起こっても補償してもらえません。そのことを考えると、到着する前に加入するほうが安心ではないでしょうか?

なかには、カナダ現地で、カナダの保険会社を選んで加入する人もいらっしゃいます。理由は、加入している保険補償の追加、補償金額を高くするためや、予定より滞在期間が延びたので違法滞在にならないようにするためです。

理由のなかの追加補償や、補償金額を高くする目的はカナダの医療費が高額だから。カナダでは、救急車を利用するのもお金がかかりますし、治療費が500万円かかったという話も珍しくないようです。

ここにカナダも含め、JI傷害火災保険株式会社の「海外の事故例」(出典:JI傷害火災保険株式会社「海外の事故例」)という表がありますので、参考にしてカナダの医療費がどのくらい高いのかを紹介します。

カナダの事例ですが、3件紹介されています。補償対象例は、身近な転倒事故。バンクーバー空港内のトイレで転倒し救急車で病院に搬送され、大腿骨頸部(太もも)骨折と診断されて8日間入院して手術。家族も駆けつけ、看護師が付き添い医療搬送されたというものです。

その時に保険会社が負担した金額は無制限で、594万円。転倒事故は身近に起こりうるので人ごとではない事例です。

お伝えしたいのは、カナダで医療機関にかかった場合には高額になるということです。そのことから、保険を選ぶ、加入する時は、費用が抑えられるといわれるカナダ現地の保険に入るのもいいのですが、いざという時に充分補償してもらえるのかを考えてみて下さいね。

では次の項目で、カナダの保険会社の加入者が、実際に高額な医療費を補償してもらった話を紹介しますね。保険加入時に補償について考える大事さが伝わると思います。

②カナダ保険加入者の経験談

現地保険加入がどんなものなのかが分かったら、実際に現地保険に加入してどうだったかを知りたくなりますよね?そこで参考になるのが現地保険に加入したことがある人の経験談です。

その経験談は、①の項目で紹介したBIIS保険のワーホリ保険リーフレットに、「補償の実例」として数件紹介されています。なかでもC君の事故例は身近に起こりそうな実例なので参考にして紹介します。

事故の原因は、スノーボード事故で尾てい骨(お尻の真ん中を仙骨から下に下がったところにある骨)などを骨折、手術や入院をし、治療費30,000カナダ$もかかったという内容です。日本円にすると、約2,625,600円。(2017年12月現在の換算レート、1カナダ$=87.52円で換算)

幸いなことに、補償額が高いプランに入っていたとのことで良かったと述べられています。その例のように、カナダの医療費は「高い」のではなくて「莫大」なようです。補償金額を考えて加入する必要があります。

上記の①と②の項目で、カナダの現地保険がどのようなものかを紹介してきましたが、次の項目で違いが生み出す結果として、まとめを紹介しますね。日本とカナダのワーホリ保険加入の違いです。

③違いが生み出す結果

この項目では、これまでに紹介した日本とカナダの現地保険がどう異なり、何に影響してくるのかを、①の項目で紹介したBIIS保険のリーフレットを参考にして紹介します。

まず日本で加入する日本の保険と、現地カナダで加入する保険の違いですが、それぞれの補償内容に大きな違いはありません。一番の相違点は、現地カナダの保険は1日単位のタイプが殆どという点で、無駄がないのがメリットです。保険料の計算期間が1日単位でできます。

ほかにも、何といってもカナダの保険会社はカナダのことをよく知っているという点。保険会社のカナダ事情に詳しいスタッフが、日本語でサポートしてくれますので、カナダという国をよく知らない日本人にとってはとてもメリットがあります。特に医療については。

また興味深い「救急車利用費」という項目で、カナダ保険には補償がついています。救急車で搬送してもらった場合、約500カナダ$(約43,800円)という高額な費用が発生するためではないでしょうか。

そういったことを考えると、やはりカナダの医療制度に適した補償内容が用意されているといえますね。一方でカナダの保険会社で補償内容されていないのが、「携行品補償」「賠償責任補償」です。そのことを考えると、日本の保険はいざという時を全て想定した補償がついているといえます。

最後にまとめとして、違いが生み出す結果ですが、それは加入者の安心感です。

そして、おすすめの保険は、医療保険と携行品補償、賠償責任補償など、基本的な補償を全てつけたいのであれば日本の保険会社の保険。

1日単位で無駄なく保険を掛けたい、カナダの医療時事情に合った医療補償をつけたいのであればカナダ現地の保険がおすすめということです。

当記事を参考にして、安心したカナダワーホリ生活を送るサポートをしてくれる保険を選んで下さいね。