2012年、バンクーバーにキャンパスを設立したSELCですが、発祥は、1985年のオーストラリアからです。オーストラリアで、古い語学学校として知られており、バリスタのプログラムは、オーストラリアのカリキュラムをもとに、バンクーバーでも引き継ぎました。そんなSELC Vancouver校を突撃取材。

SELC Vancouver校の場所

他民族都市、バンクーバーのダウンタウンに位置するSELCバンクーバ-校は、カナダライン、スカイトレインの終点、ウォーターフロント駅から約徒歩5分です。おしゃれな街、ガスタウンにあり、外からは、蒸気時計の奏でる音が聞こえてくる、レンガ造りの趣のあるキャンパスです。

SELC Vancouver校を覗いてみよう

中に入るとすぐに受付が出てきます。

校内もレンガ造りになっており、とてもオシャレな雰囲気です。

こちら共有スペース兼、リラックススペースでもあります。

その他、共有スペースでは生徒同士のコミュニケーションを取ったり、弁当などを食べれる場所もあります!

SELC Vancouver校の特徴とは?

カナダ人の父と日本人の母を持ち、両国の折衷文化の中で培ったユニークな経験をフルに生かし、ご留学される皆様をサポートします!

SELCは、『人生を変える留学~Making a difference in your life~』をスローガンとして、1985年、オーストラリアで創立され、2012年にバンクーバーにもキャンパスを設立しました。小規模校の特徴を生かし、ひとりひとりのニーズを満たすサービスを提供しています。
放課後のアクティビティーは、毎日放課後にあり、月曜日から金曜日、朝から夕方まで、勉強漬けを希望する方には、お勧めの学校です。

留学生の国籍や人数

日本・・・22%
ブラジル・・・24%
南米・・・34%
ヨーロッパ・・・7%
韓国・・・11%
その他・・・2%

南米の留学生が多いようです!

教室はどんな感じ?

SELC Vancouver校の生徒の声(口コミ情報)

授業の合間に生徒にも話を聞いてみました。

Misonoさん

「遠出、ジムに通い、観光地巡り、ボランティアおよび祭りへの参加など、日本にいた頃には、興味が無かった若しくは、興味があっても我慢してきたことを沢山体験、経験する良い機会になりました。どれも、自分の積極性だけで切り開いてきたかのように聞こえるかもしれません。しかし、これは家族・ホストファミリー・先生方・友人達等、様々な人達の協力を経て得られてきたものだということを感じています。常に努力を重ね、時に自分の限界を知り、時にふと訪れる好機を有効に生かしながら、自分自身を知り、将来を考えるこの留学を体験できたことを誇りに思います。」

授業後の課外活動も充実

放課後に行われる、アクティビティーは、観光をはじめ、SELC生のためだけに設けたボランティア枠があるため、地域コミュニティーでカナダ人との交流も可能です。
また、SELC独自のプロジェクト式プログラム「未来自分プロジェクト」では、一般英語クラスと同時進行で、自分で立ち上げたプログラムの遂行をしていただきます。カナダの食文化、医療、法曹界など、テーマは何でも大丈夫です。

スポーツなどのアクティビティーの他、月1回から2回、 現地のコミュニティーに参加することを目的に、アクティビティーとしてボランティアを行っています。学校の先生以外で、ネイティブスピーカーと話したい!という生徒のために、 ボランティア枠をSELC生のために確保しました。

SELC Vancouver校を動画で紹介

以上、SELC Vancouver校のレポートでした。
英語学習にとどまらず、留学したからこそできる体験に焦点を置き、グローバル人材を目指す生徒様をサポートするのがSELC Vancouver校です。『 英語で何かをできる力 』を身に付ける留学をしたい方にオススメの学校です。

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら