自己紹介

はじめまして。
関東近郊にある大学に通っている大学3年の西澤快と申します。
大学では、長期休みごとに海外へバックパッカーとして旅をし様々な経験を
していました。

両親や留学情報館のスタッフの方々にお力添えをいただき、2018年2月より
カナダ・バンクーバーで1年間の留学・ワーキングホリデーをしています。

留学しようと思ったきっかけ


大学入学時、私の周りの大人の方々に「学生中に何をすれば良いか」や
「学生中にやっておけばよかったこと」などを聞いて回りました。

その時に「海外に行って、見聞を広げ、いろいろな経験をしたり、
文化の違う人々と会うこと」という意見を多く聞きました。

また、私の父親も「大学卒業までに必ず英語を話せるようになること」を望んでおり、
非常に留学には前向きだったという、恵まれた環境に身をおくことができたことも
留学を決断できたバックグラウンドとしてあります。

一番留学の後押しになった出来事は、海外への旅の中で感じた
「英語を話せることによる可能性の広がりや、英語を話せないことの無力感」でした。

私とともにバックパッカーをやった友人は、ニュージーランドに2年間の留学経験があり、
英語をネイティブ並みに話すことができました。

彼は英語を駆使し、旅先で友人を作り、その友人たちと楽しく会話をしているのを
隣で見ている中で、英語を話せることで得られるメリットと、急激に国際化が進む社会を
考えたときに、私の英語力の無さを実感することが多々ありました。

この悔しさや英語の魅力に魅せられ、留学を本格的に視野に入れるように
なりました。

留学前・中にに感じていた不安

希望条件を満たした留学ができるかどうかが非常に不安でした。

僕の中での希望条件は、学生ということもあるため「費用・期間」、
ネイティブ英語を学べるかどうかという観点の「国」、
実際に行った際にできることとしての「1年間の計画(ワーキングホリデーなど)」の
3点を満たすことができるか、という点が私の中で非常にネックに感じていたことでした。

ネットだけの情報で留学を決断するのはリスクが大きかったので、留学経験のある友人や
留学エージェントの説明会から情報収集をしました。

留学中に不安に感じることは、私の英語力が私の「理想」としている
位置にあるかという点を、非常に気にかけています。

特に、ワーキングホリデーで来ているため、ジョブインタビューの練習の際に、
自分の英語を録音しています。

自分の話している英語の発音やボキャブラリーとネイティブスピーカーの英語の
ギャップを日常的に確認するように心がけています。

留学を決断したきっかけ

幸いなことに私の周りに留学経験のある友人や大人の方が多くおり、
その方々のお話を聞く中で留学を真剣に考えるようになりました。

特に、大学生活の折り返しを迎えるにあたり、自身の大学生活を振り返るとともに
やり残したことを整理していた際に、英語の習得など、海外での経験を積みたいという
思ったことが大きなきっかけでした。

幸いなことに、私の通っている大学は、「休学」に対して制約が他の大学に比べて
優しいことも1年間という長期留学の後押しになりました。

留学をして今どう感じているか


英語に常に触れられる日常をエンジョイしています。

街の看板など日々当たり前に感じているようなところからも
英語を学ぼうと心がけているため、日々少しずつではありますが
英語に慣れつつあります。

しかし、私の思い絵描いていた英語のレベルと現在の英語のレベルに
大きな乖離があることに日々もどかしさを感じています。

特に、日常の会話での3ヶ月での私自身が予測していた成長と現実のレベルに
ギャップを感じています。

語学学校でも言われたことではありますが、「語学は1日2日でどうなるものではないから、練習し続けることで上達する」
という言葉を胸に練習し続けることを心がけています。

1年間という長いようで短い時間でいかに英語を上達させるかなどを考えると、
カナダでの1日、1日が日本にいた時よりも貴重でかけがえのない時間に感じています。

留学後どうなりたいか、留学経験をどう生かしたいか


カナダでの生活を通して、将来海外で生活をしてみたいと感じます。

特にバンクーバーは、様々な人種の方々や文化的背景を持った方々が
生活しやすい文化だと感じます。

その中での生活は非常に刺激が多く、1つの街でいろいろな人々や文化と出会う
ことができる環境は、私自身の価値観の許容範囲が広がっていくのを感じます。

また、バンクーバーの豊かな自然の中で流れる時間は、非常に独特なもので、
ゆとりを感じることが非常に多いです。

このような環境で、いろいろな人や文化から刺激を得ながら、仕事や生活をす
る機会をいることができたら、いかに幸せかを考えます。

また、自身の留学経験を少しでも人に伝え、今後留学を考えている人の
役に立てたらと思います。

微々たるものかもしれませんが、私の情報を伝えることでほかの方の留学がより良い
ものになればと思います。

留学情報館を利用してどうだったか

留学情報館を利用してよかったと感じた点を2点挙げたいと思います。
留学情報館で留学を検討している最中も、他の大手留学エージェントを比較していました。

私の優先事項が、「いかに留学費用を抑えるか」「私のやりたいことが実現できるか」の2点でありました。

最も、私の必要としていることを満たしているのが、「カナダ0円プラン」であったことと後に記述する「国内での渡航準備」が決め手でした。

1つ目のよかった点は、情報館のスタッフの方とやりとりをしている中で、
留学までの道のりを1つ1つ明示していただいた点です。

手続きや情報1つ間違っていると渡航できない可能性も出てくるので、無事かつ迅速に手続きを進めていただけたと思います。
特に、私の場合は、2017年8月前半からビザの手続きを本科的に行い、3週間後にはビザの発給許可書を受け取ることができました。

2つ目は、国内にいる頃からの渡航準備のサポートです。
毎週、「無料」で行われている「英会話」と月1度行われる「交流会」で
本当に色々な経験をすることができました。
私は、学生という身分であったため、ほぼ毎週「英会話」に参加することができました。

アメリカ人のネイティブスピーカーの先生から教わることが本当に多く、
バンクーバーでの生活を始めた後も英会話で取っていたノートを見返し、
勉強しています。

特に、英会話に参加する前と数ヶ月参加した後に行った海外旅行で、
英語力が大きく異なっていることが実感できました。。

さらに、月に1度行われている渡航前の生徒が集まる「交流会」では多くの友人と
出会うことができました。

現在アメリカ・イギリス・カナダに留学している友人や今後オーストラリアや
トロントに渡航予定の友人など色々な年齢の人と様々な夢を持っている人と
友人になることができました。

夢や年齢は違いますが、「英語を学びたい」、「英語で何かしたい」、「海外で生活した」という気持ちは共通意識であるため、会話も弾みやすいと思います。

また、私と同じよう留学先の友人とは、現地での携帯の契約の仕方など有益な
情報交換もできる場なので、留学に対して少しでも不安がある方は、「交流会」での参加を強くお勧めします!

最後に、補足的な形ではありますが、都内のオフィスが新宿にあることが非常に利便性がよく、助かりました。

ビザの資料などの急ぎで届けなければいけないものなども届けるのに困ることがなかった点が非常によかったです。