世界に拠点のある語学学校大手のKAPLAN(カプラン)へ行ってきました。今回訪れたのはKAPLAN(カプラン)トロント校です。

KAPLAN(カプラン)トロント校の場所

トロント校は高層ビルが立ち並ぶダウンタウンの中心部に位置します。周辺には飲食店は勿論、イートンセンターやセントローレンスマーケットまで数区画と近く、劇場などのエンターテイメント施設も豊富なため、放課後に散策できる便利なエリアです。またトロントにある語学学校では最南端で、オンタリオ湖まで徒歩10分程の距離にあります。

駅から5分ほど歩いた所にあるビルの中に、KAPLANトロント校があります。

ビルの正面です。アーチ形の窓がお洒落な、とても綺麗なビルです。

ビルの入り口に学校の看板がありました。

入り口入って横にある階段を上り、2階の奥の扉がKAPLANの校舎になります。早速入ってみましょう。

KAPLAN(カプラン)トロント校を覗いてみよう

KAPLANの受付。明るく広々としていています。ハロウィンの飾りつけがされてました。こちらはスタッフの方だけではなく、在籍している学生がボランティアで受付をしているそうです。ちょうどボランティアの学生さんがスタッフの方に質問しているところでした。

学校内はEOPのため、みんな母国語に頼らず英語でコミュニケーションをとります。

こちらはコンピュータールームです。授業やテストで使用します。

毎週木曜日にこちらの共有スペースで卒業式が行われます。休憩中の学生がポーズを決めてくれました。

こちらがラウンジ。机も多く、綺麗で広々としています。

ラウンジからは、トロントのシンボルであるCNタワーが見えます。

ハロウィンに向けて、学生らがカボチャを彫っているところでした。

ラウンジ横には、冷蔵庫、電子レンジが備え付いてます。お弁当持参の学生にはありがたいですね!

先生&スタッフさん達の紹介が貼られています。皆さんフレンドリーな方々だそう!

アンバサダーの学生の紹介です。学校主催のイベントのお手伝いや、生徒の相談に乗ったりします。学校における生徒会の様な役割で、他にも新入生対象のトロント案内ツアーに同行したり、学校の受付、チケット販売のお手伝いを行います。終了後はサーティフィケートも出ますので、ボランティアが重要視されるカナダでは、とても良い経験になりますね!

学校イベントの一環で、生徒が作ったジャックオランタンがずらり。

KAPLAN(カプラン)トロント校の特徴とは?

トロント校ディレクターのエリスさんです。KAPLANでは3年、他の学校でもディレクター経験のある、みんなのお母さんです。いつでも学生の相談に乗ってくれ、学校のイベントの提案もされるそう。とても優しい雰囲気の方でした!
日本人スタッフのサキさんに、KAPLANトロント校についてお伺いしました!

KALPANは教師歴の長い先生が多いため授業の質が高く、また設備がとても整っているのが特徴です。授業やテストでコンピューターを使用したり、教室のスクリーンがタッチパネルになっているので、スムーズな授業が受けられます。スピーキングのテストもコンピューターに向かって行われるそうです!

K+Toolsという独自のサイトを使用しており、インターネット環境があれば、授業中だけではなく、家でも外にいても自主的に勉強ができます。

間違った解答には、なぜ間違いなのかがしっかり説明されるので、分からないままになりません。先週勉強したことなどデータに残るので、勉強状況を把握しやすいですね。

KAPLANでは独自に提携している大学がたくさんあるので、学生が英語を学んだ後、大学へ入るサポートをすることが可能です。また住居探しのサポートもしており、ホームステイの紹介や、トロント市内に3ヶ所学生寮やホテルがあります。トロント大学やライアソン大学の学生も学生寮にいるとのことなので、現地の学生と交流ができるかもしれませんね!

ちなみにKAPLANは、カナダではバンクーバーにもう1校あります。使用している教材は同じなので、都市移動も可能です。たまにそうして移って来たり、バンクーバーへ移る学生もいるんだとか。

留学生の国籍や人数

トロント校は、韓国、日本、メキシコ、南米、中東など様々な国から学生が英語を学びに来ています。日本人は全体の12~15%ほどで、国籍比率が偏らないようバランス良く保たれています。

教室はどんな感じ?

教室は輪になって座ります。みんな真剣に授業を受けていました。

1クラス平均12人ほど、最大でも15人で授業を行います。
1セクション=10週となっており、セクション後のテストに合格するとクラスレベルが上がるシステムになっています。もしテストに合格出来なかったとしても、2週間後にまた再テストのチャンスがあるそうです。

ちなみに、取材時がハロウィンシーズンでしたので、各教室の扉がハロウィン使用になっていました。こちらは授業の一環で作られ、ハロウィンの日に他のクラスの学生が採点するんだとか。

KAPLAN(カプラン)トロント校の生徒の声(口コミ情報)

授業の合間に生徒にも話を聞いてみました。

水田裕樹夫さん

学生の水田裕樹夫さんにお話を伺いました!
現在学校に通って5ヶ月目の水田さんは、フォーリーアーティスト(映画の様々な効果音を作り出すお仕事!)を目指して英語を勉強中とのこと。留学先をカナダにしたのも、きっかけとなった有名なフォーリーアーティストの方がカナダで活躍されているからだそうです!

水田さんは学校で、アンバサダーとしてイベントのお手伝いや、学生のサポートをされています。学校のボランティアに参加することで、ネイティブの方と話す機会が増えたり、人との輪が広がりやすくなるそうです。

「KAPLANの先生は経験豊富な人が多く、そのため日本人の特徴も理解しており、それぞれに合った教え方をしてくれます。皆とてもフレンドリーで、質問などいろいろ話しやすいです!授業の内容については、実力より少しだけ上のクラスに入れて、学生にチャレンジさせているのかなという印象です。もちろん授業のレベルを変更することも出来ますが、KToolsや毎週月曜のプチテストをこなして行くことで、授業にすぐ慣れますし、英語をしっかりと伸ばすことが出来ますよ!」とのことでした。

水田さんはこの後も4ヶ月程学校に通われるそう。すてきな夢に向かって頑張ってほしいですね!

授業後の課外活動も充実

KAPLANはアクティビティにも力を入れています。掲示板の上段が学校主催のもの、下段が旅行会社のものになります。
学校主催のものは、季節のイベント以外にも、ハイパークへ行って課外授業をしたり、トロントアイランドでBBQ、月に一度ロッククライミングなどなど、アクティビティがとても豊富です。ほぼ毎日イベントがあるので、勉強以外にも充実した生活が送れそうです!友達作りのきっかけにもなりますね!

KAPLAN(カプラン)トロント校を動画紹介

以上、KAPLAN(カプラン)トロント校のレポートでした。
この学校の最大のポイントは、最新設備が積極的に取り入れられており、効率の良い勉強方法が整えられていることです。また大都市トロントのダウンタウンに位置するため、カナダの文化や人々の活気に触れながら英語が学べるのもポイントです。

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら