カナダでの語学留学やワーキングホリデーと聞くと、10代~20代の方が多いイメージが強くありますが、ここ最近の傾向として、学生の頃からずっと憧れ続けていたカナダ留学にチャレンジする30代の方がじわじわと増えてきています。

学生時代に短期留学で経験したカナダで過ごした日々がどうしても忘れられなかった方や、学生時代には経済的な理由などでカナダ留学を叶えられなかった方などさまざまな背景がありながらも、多くの方が30代になって自分で貯めた留学資金をもとにカナダ留学を実現しています。

海外での生活体験を重視する10代、20代とは異なり、30代のカナダ留学は、キャリアアップやキャリアチェンジなど留学の目的がより明確になっているケースが多く、カナダ留学を実現した方はそれぞれの目標に向かってより充実した留学生活を送っています。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.30代になっても憧れる!カナダ留学の魅力

カナダは、海外留学を考えている方にとって必ず候補に挙がる人気の国です。10代、20代の留学希望者からアメリカに次ぐ絶大な人気を誇っているカナダですが、同時に、30代の留学希望者からもカナダならではの魅力で高い関心と人気を集めています。

カナダ留学の魅力①:なまりのない美しい英語

カナダ英語は、ブリティッシュイングリッシュをベースとした、なまりやクセのない標準的な美しい英語として知られています。アメリカの有名メディアはもちろん、ハリウッド映画でも、カナダ出身者は多く起用されており、発音、アクセントともに世界トップレベルの英語として認められています。

30代のカナダ留学の最大の目的が「英語力の向上と習得」となっていることから、世界標準レベルの英語が学べるカナダは最適な留学先と言えるでしょう。

カナダ留学の魅力②:安心して過ごせる自然豊かな留学環境

カナダは、世界的にも治安が良く住みやすい国としても高い人気を集めています。隣国アメリカと比較しても、厳しい銃規制を背景に圧倒的に犯罪率が低く、国内の治安が安定していることが人気の理由となっています。また、豊かな自然を身近に感じることができる環境となっていることから、さまざまなアクティビティを楽しむことができることも見逃せない魅力でしょう。

学業に集中しながらもアクティビティを最大限に楽しめるだけでなく、安心して留学生活を送ることができる環境が整っています。

カナダ留学の魅力③:寛大なカナダの国民性

カナダは、元来イギリスとフランスからの移民によって建国された国です。現在も、世界各国からの移民を受け入れているため、カナダには多様なバックグラウンドを持った人々が暮らしており、異文化に関してとても寛大な国民性が特徴となっています。

年代に関係なく、「カナダで学びたい」という留学生がのびのびと留学生活を送ることができるのも、親しみやすく寛大なカナダの国民性があればこそ。30代のカナダ留学がスムーズに実現できる魅力のひとつといえるでしょう。

2.30代の方におすすめの留学スタイルは?

30代の方には、語学留学と専門学校留学の2つの留学スタイルがおすすめです。

おすすめの留学スタイル①:語学留学

世界に通用する標準的な英語の習得を目的とした、カナダの語学留学。留学開始時の英語力は特に問われませんが、他の国と比べてもカナダの語学学校の授業レベルは高く、確実に英語力をアップさせることができます。

ワンランク上のビジネス英語に対応した授業も多彩に用意されているので、実践的な英語力を身に付けることができるため、30代の方から高く支持されています。

おすすめの留学スタイル②:専門学校留学

カナダの専門学校に通いながら専門的な技術や知識を学ぶ、専門学校留学。20代から積み重ねてきた分野でのさらなるキャリアアップや、これまでとは全く異なる分野へのキャリアチェンジを目的にしている多くの30代の方から選ばれています。

専門学校の中にはカナダ現地でのインターンシッププログラムを含んでいるコースもあり、留学後のキャリア形成をより実践的に学ぶことができることが大きな魅力となっています。

③ワーキングホリデー(年齢制限:30歳)

1年間という期間制限はあるものの、カナダで就業することが可能なワーキングホリデービザ。「申請取得は30歳まで」という年齢制限がありますが、ビザ取得後1年以内にカナダ入国することになるので、30代の一部の方が対象となります。

年齢制限ギリギリでワーキングホリデーに挑戦することもできるので、留学というよりもカナダで働いてみたいという方におすすめです。

3.30代のピッタリの留学期間

30代のカナダ留学に最適な留学期間は、留学スタイル、また目的によって変わってきます。

語学力アップを目的としたカナダ語学留学の場合は、2週間~1ヶ月といった短期の留学期間がおすすめです。ゴールデンウィークやお盆などの大型連休を利用してカナダ留学をする方が多く、観光やアクティビティなどを合わせて充実したカナダ生活を楽しむ留学プランが高い人気となっています。

また、カナダ語学留学の場合、学生ビザを取得していれば留学期間に制限はないので、30代であっても、半年、1年など長期カナダ留学を実現している方もいます。

専門的な技術や知識取得が目的の場合は、半年以上の長期留学がおすすめとなっています。その場合、それまで勤めていた会社を休職、もしくは退職して、カナダ現地の専門学校や大学、大学院に通うことも前提とするケースも少なくありません。しかし、カナダでより専門的な知識と技術を身に付けることで、学んだ分野で新しい活躍の場を見つけたり、世界に大きく羽ばたくチャンスにつながることもあります。

カナダ留学で得た可能性やチャンスを、目に見えるカタチに具体化できることが、30代で体験するカナダ留学の大きなメリットといえるでしょう。

4.誰もが感じる難しさとは?30代の留学事情

社会人として活躍してきた30代のカナダ留学となると、10代や20代の留学事情とは少し変わってきます。30代だからこそ感じるカナダ留学の難しさもあります。

カナダ留学の準備を始める前に、30代の方が難しさを感じる留学事情を参考にしてみましょう。

30代の留学事情①:休職や退職の時期や手続き

30代になると会社でも責任ある仕事を任されることも増えてくるため、気軽に休職や退職を言い出せなくなることもあります。また、「退職したい」といっても、会社側の都合でなかなか退職届が受理されないといったことも起こりかねません。

業務の引き継ぎなどが必要であれば、マニュアルを作っておくなどしておくとスムーズに引き継ぎが進みます。カナダ留学することを決めたら、まず会社や同僚に迷惑がかからない時期を見極めて、休職や退職の手続きを着実に進めていきましょう。

30代の留学事情②:現地クラスメートとの年齢差

30代でカナダ留学を希望される方が現地の留学生活で一番心配されるのが、カナダのクラスメートとの年齢差。もちろん、10~20代の留学生も多いですが、なかにはリタイア、またはセミリタイアした50~60代でもカナダ語学留学にチャレンジされている方もいます。

カナダでは、日本のように同年齢が同一学年でありクラスメートという概念はあまりなく、「カナダで学びたい」という志に年代は関係ありません。「実際にカナダ留学をしてみると、年齢に関係なく良い友人にめぐり会えた」という30代の方は大勢いるので、周囲との年齢差をあまり気にする必要はないでしょう。

5.【参考】留学後のビジョンを明確に持っておこう!

30代のカナダ留学では、留学後の経済的な自立も視野に入れて留学する方が多いのが特徴です。そのため、カナダ留学後のビジョンはなるべく早い段階で明確にしておくほうがおすすめです。

たとえば、カナダ留学後の進路として、これまで働いてきた分野で英語を武器にキャリアアップするのか、または専門技術や知識を身に付けてキャリアチェンジするのかで、留学の目的や期間、留学内容は大きく変わってくるため、留学当初から将来的なイメージや方向性ははっきりと持っておきましょう。

また、カナダ留学後はそのままカナダに留まって活躍の場を見つけるのか、それとも日本に帰国して留学の経験を活かせる場を見つけるのかによって、選ぶコースやインターンシップの内容が異なってきます。

30代という年齢から考えれば、20代と比べて、常にワンランク上のプロフェッショナルさを求められることが多くなりますが、同時にこれまでよりも大きな活躍の場を見つけることができるチャンスにもなります。

カナダへ渡る前に、ぜひ留学後の自分をイメージしてみましょう。