雄大な自然と美しい英語環境で注目され続けている、カナダ。日本だけでなく、アジア圏から英語留学先国として非常に高い人気を誇っています。短期留学を考えている人にとっては、アメリカやオーストラリア、ニュージーランドと同時に検討する留学先ではないでしょうか?

カナダ留学を考え始めた人、カナダへの短期留学を具体的に考えている人、そして最終的に留学を決断したい人などカナダ留学を考えているすべての人に、ぜひ知っておいてもらいたい情報を大きく4つに絞って紹介しています。カナダ短期留学は留学初心者の多くがチャレンジするため、不安ばかりが先に立ってしまいます。カナダ短期留学を迷っている方は、まず参考にしてみましょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.カナダ短期留学はどのくらいの期間?


カナダへの留学には、大きく分けて学生ビザが必要となる6か月以上の長期留学と、観光ビザでカナダ国内での滞在と観光、語学学校へ在籍が可能な6ヶ月未満の短期留学の2種類があります。どちらかというと、カナダ短期留学は語学力の向上よりも、カナダの文化や現地の生活やアクティビティを楽しむ観光要素が強くなってしまうことを念頭に入れておきましょう。

短期留学の期間としては、1週間から2,3週間の超短期留学、1ヶ月から3ヶ月、時には6ヶ月未満の短期留学があります。学生の場合は夏や春の長期休暇を利用し、社会人の場合はゴールデンウィークや夏の長期休暇を利用してカナダへ気軽に短期留学をする人が多いのですが、中には学校を3ヶ月~半期休学や会社を休職したり、時には退学や退職をしてカナダでの留学生活をスタートする人もいます。

一般的に、短ければ1週間、長くても6ヶ月未満の期間がカナダ短期留学の期間となります。留学期間は目的によっても変動するため、短期と言えども一概には決まっていないと言えるでしょう。

2.カナダ短期留学でおすすめ都市

カナダには雄大な自然と共に100年を超える歴史とモダンな都市開発が融合し、住みやすい都市が多く、移民が多いため比較的温和な国民性によって世界中から留学生からが学びやすい留学先として高い人気を誇る国のひとつです。もちろん、人気都市として挙げられる各都市にはそれぞれにメリットがあり、留学生それぞれが自分の留学スタイルに合った都市を選ぶことができます。

①バンクーバー


「世界一住みやすい都市」として世界に知られているバンクーバーは、なんといってもその過ごしやすい気候と近代的な街並みが人気の秘密です。また、英国をはじめヨーロッパ各国、アジア圏からの移民が多く、異文化にも寛大な雰囲気を醸し出しています。なまりのない標準的な英語が学べることも留学生には嬉しいポイントです。

②トロント


カナダ東部に位置するトロントは、北米五大湖のひとつオンタリオ湖の北岸にあり、エンターテイメントや芸術が充実しており、活気あるビジネスの中心地とも言えるカナダ経済の中心を担っています。また、摩天楼が輝き、美しく都市開発がされているだけでなく治安も非常に良いため、世界に名だたる大都市としても非常に住みやすい街と言えます。
参考:カナダ留学で人気の2大都市:バンクーバーとトロントを徹底比較

③ビクトリア


カナダ西部のバンクーバー島の南端に位置する、カナダを代表するハーバータウンです。暖流が流れ込む海流の影響によって、カナダの主要都市の中で最も温暖な気候となっており、カナダ人でも憧れの都市となっています。ブリティッシュ調の由緒ある建造物や街並みも美しいまま残っており、カナダの中でも最も人気が高い観光都市となっています。
カナダ西海岸、花の街ビクトリアでの語学留学【概要・メリット・行き方】

④モントリオール


広大な国土を持つカナダの第2の都市として知られるモントリオールは、トロントと同様にカナダ東部を代表する都市のひとつです。セント・ローレンス河沿いに広がる石畳の旧市街地は「北米のパリ」とも呼ばれ、歴史ある建物が立ち並ぶ美しい街として高い人気を誇っています。公用語は英語とフランス語が使用される、カナダ屈指のバイリンガル都市としても注目されています。
カナダのモントリオール留学を考える方が知るべき情報をまとめました | EnglishPedia

3.1週間〜1ヶ月のカナダ留学の概算費用


カナダの短期留学を考える時に最終的な判断材料になるのが、留学費用ではないでしょうか?一般的にアメリカや他の英語圏への短期留学と比較すると、カナダへの短期留学費用は安く抑えることが可能です。もちろん、カナダにおいても物価は年々上昇傾向にありますが、他の英語圏と比べると10~15%ほど比較的物価が安く、食費や滞在スタイルを工夫すればさらに留学費用を抑えることができます。

ただし、注意すべきポイントとして留学中に楽しむアクティビティは思った以上に費用がかかります。短い期間だからこそ、せっかく体験できることは経験しておきたいものです。そのため、一般的な留学費用とは別にアクティビティ費用を準備しておくと良いでしょう。

1週間 2週間 3週間 4週間 3ヶ月 6ヶ月
航空券 8~20万円 8~20万円 8~20万円 8~20万円 8~20万円 8~20万円
海外保険 8~20万円 8~20万円 8~20万円 8~20万円 8~20万円 8~20万円
学費 2~3万円 4~6万円 6~8万円 8~12万円 24~36万円 48~72万円
滞在費 1~2万円 2~4万円 3~6万円 4~8万円 12~24万円 24~48万円
食費 1~1.5万円 2~3万円 3~4.5万円 4~6万円 12~18万円 24~36万円

海外では、病気やけが、事故など、思わぬハプニングに見舞われることもあります。安心・安全のためにも、海外保険への加入がおすすめです。もっとも安心なのはフルカバーされる海外保険ですが、最近ではクレジットカード付帯保険サービスを利用している人も増えてきました。

ほとんどの場合渡航後90日間という保障期間の限度はありますが、3ヶ月以内の短期留学であれば十分にカバーできる範囲となっています。保険契約料が無料、もしくは格安な場合もあるので、お手元のクレジットカードに問い合わせてみてもよいでしょう。

4.知っておきたい!カナダ短期留学のメリット


留学での経験は、帰国後の自身を大きく変えてくれるターニングポイントになることも多く、短期留学のメリットにも挙げられています。

メリット①:短期間で文化を学び、英語力アップが可能

いくらインターネットや留学雑誌のフォトを眺めていても、カナダ現地の文化に触れることは難しいものです。短期間であって、現地に身を置いて文化を感じることができることは短期留学の原点でもあります。

また、語学面でも日本では決して使用しない日常会話からチャレンジできるのも短期留学の最大のメリットです。日本から一歩外に出て、カナダの文化や言語の違いに触れ、実際に英語を活用するだけでも、大きな自信につながり、語学力アップにつながります。

メリット②:休暇を有効活用して、キャリアチェンジも可能に

キャリアチェンジを見越した短期の専門留学は、社会人に多い留学スタイルです。ジャンルによっては3ヶ月程度で専門コースが修了できる専門留学もあり、ネイルやメイク、デザイン、ヨガ、ダンスなどが近年では人気の専門留学となっています。「このままのキャリアでいいのかな・・・」と思う社会人に人気のため、上手に休暇を利用しながら短期留学を終え、見事にキャリアチェンジを果たす人も少なくありません。

メリット③:自分のペースで、自分に合った留学期間を決められる

カナダ短期留学の期間や内容を自分のペースで調整できることも、長期留学などにはないメリットでしょう。たとえば、語学学校に在籍していても学生ビザのような就学時間などの縛りもないため、一週間ごとにカナダの各都市を変えて観光中心の短期留学も可能で、自分のペースでカナダ国内、また隣国のアメリカにも足を伸ばして旅行することもできます。

もちろん、滞在する街それぞれで日常会話レベルの英語は必要になってくるため、生活に密着した英会話を自然と身に付けることもできるでしょう。短期留学をする人の中にはカナダでワーキングホリデーを見据えている人も多く、現地の下見として短期留学する人もいます。

カナダへ渡航前は不安でいっぱいだった短期留学も、実際に体験してみると「夢のような時間」を体験できることが大きな魅力です。雄大な自然とカナダの街の中で触れ合う温かい人達との出会いや現地での経験は、新しい世界へ繋がる扉へと導いてくれるはずです。

分からない部分などありましたら当サイトのカウンセラーがお答えできますのでお気軽にお問合わせください。
【これで全部】お金がなくてもすぐに長期留学するための3つの方法

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)