「カナダ留学で定番の滞在都市」ともいえる人気が高い大都市といえば、西海岸のバンクーバーやビクトリア、カナダ最大都市のトロント。カナダの歴史と文化、そしてカナダの発展をより身近に感じ取れる大都市は、公共交通機関の利便性もよく、語学学校の数も留学生の数も多いことから、日本ではなかなか体験できないことにチャレンジできる機会に恵まれています。

しかし、最近では、都会の利便性や留学生の数よりも、カナダの自然や文化を楽しみながら過ごすスローライフなカナダ留学を希望する人も多くなっており、カナダを代表する大都市よりも郊外や地方に位置する田舎都市が選ばれるようになっています。

1.ほどよい田舎感が人気!もうひとつのカナダ留学

カナダ留学の滞在都市として人気の高いバンクーバーやビクトリア、トロントなどの大都会は、利便性がよく生活しやすい環境ですが、カナダのイメージどおりの雄大な自然や、のんびりとしたカナダのスローライフを体験する機会は少なくなってしまいます。

一方で、よりカナダらしいスローライフを通してカナダの文化や生活を体験したいと希望する方が多くなってきており、ほどよい田舎感を感じられる郊外都市や地方都市をカナダ留学の滞在都市として選ぶ人が増えてきました。

そのため、「理想的な英語環境」として注目されているケローナをはじめとした地方都市で過ごすカナダ留学が、「もうひとつのカナダ留学」として徐々に注目されています。

2.「本物の英語環境」で注目されるケローナとは?

美しいカナダ英語を学びたい人から熱い注目を集めているケローナは、バンクーバーやビクトリアなどの人気都市があるブリティッシュコロンビア州の内陸部に位置する、人口約15万人の地方都市です。

南北に長く伸びるオカナガン湖の中央部に位置しているため、内陸部でありながらも豊かな水と緑に囲まれた美しい景観と温暖な気候に恵まれており、カナダ人から老後にゆっくり過ごしたい街No.1に選ばれるなど、カナダの中でも高い人気を誇る街となっています。

もちろん、雄大なロッキーの自然やオカナガン湖の豊かな水に囲まれていることから、春から秋にかけてゴルフやハイキング、ウォータースポーツ、冬になるとスキーなど、アウトドアスポーツが盛んで、充実したアクティビティが楽しめることでも知られています。

ケローナは人口の約93%が英語を母国語としているため、ケローナの街全体が「本物の英語環境」となっています。おだやかな雰囲気のケローナに住む現地の人は温和で人懐っこく、遠い国からカナダに学びに来る留学生に対しても寛容に受け入れる人柄のため、美しいカナダ英語を学びたい留学生には、理想的な留学環境といえるでしょう。

また、ケローナ国際空港からは、カナダ国内の各都市や隣国アメリカの人気都市との定期直行便も就航しているため、他の都市への移動も気軽にできるため、ケローナを滞在拠点にしながらもより広い視野で留学生活を過ごすことができます。

3.ケローナのメリット

ケローナは、バンクーバーやビクトリアと比べると小規模都市ですが、ケローナには2大都市にはないメリットが数多く多くあります。

ケローナのメリット①:街の治安が良い

ケローナは、カナダの各都市の中でも非常に治安が良い都市として知られています。安全なカナダのイメージそのままを実現している街の中には、大都市では当たり前にある危険ゾーンとなる場所がほぼ見当たらず、女性ひとりでも安心して歩ける街並みとなっています。

ただし、どんなに安全な街であっても、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性はあります。たとえ、治安の良いケローナであっても、留学中は自分で危機管理を徹底して自分の身を守り、安全な留学生活を心掛けることが大切です。

ケローナのメリット②:高等教育レベルが高い

ケローナには、ブリティッシュコロンビア大学をはじめ、オカナガンカレッジなどの高等教育機関が充実しています。そのため、高等教育レベルが高く、語学留学はもちろん、大学やカレッジなどに進学する正規留学にも最適な教育環境が整っています。

大学に入学できるレベルの英語力を身に付けることができれば、語学留学後に現地の大学やコミュニティーカレッジに入学して講義を受けることも可能になるなど、カナダ留学の可能性が一気に広がります。

ケローナのメリット③:理想的な英語環境

ケローナは、人口の90%以上が美しいカナダ英語を母国語としています。そのため、英語を母国語としている人の割合が人口の50%以下となるバンクーバーやビクトリアでは実現できない「本物の英語環境」が整っていることが最大の魅力となっています。

生粋のカナダ人によって開発されてきたケローナは、元々のどかな田舎町として発展してきたため、ケローナ現地の人々もおだやかでフレンドリー。異国から来た留学生に対しても、常に寛大に受け入れています。

また、地域のコミュニティやボランティアなどの活動も盛んで、現地の人同士も交流もアットホームです。留学生でも現地のボランティア活動には気軽に参加できるので、現地の人と英語でコミュニケーションが取ることができる理想的な英語環境が整いやすいことも人気の理由となっています。

4.ケローナのデメリット

カナダ留学には理想的な街のケローナですが、バンクーバーやビクトリアなどの人気の大都市に比べると小さな地方都市となることからデメリットもあります。

ケローナのデメリット①:語学学校の数が少ない

世界中から留学生が集まる人気都市のバンクーバーやビクトリアに比較すると、ケローナでは、私立の語学学校が2校、公立の語学学校が1校のみとなり、語学学校の数は少なく選択肢も限られてきます。

そのため、限られた語学学校のなかから自分に合う学習環境を選ぶことになりますが、ケローナの街全体が充実した英語環境となっているため、英語力は確実に向上に「使える英語」を自然に身に付けることができます。

ケローナのデメリット②:大規模なエンターテイメントが少ない

観光地であり静養地でもあるケローナは街全体がのんびりとしている生活ペースのため、バンクーバーやビクトリアなどの大都市に比べると、大規模なイベントやエンターテイメントが頻繁に開催されることはありません。

しかし、他の地方都市や観光都市に比べて、観光や静養で訪れる人が多いことからさまざまなエンターテイメントが充実しており、現地の人以外との知り合う機会も多い環境になっています。アウトドアスポーツが充実しているケローナでは、自然を楽しむイベントが多く、現地のカナダ人との親交を深めることができます。

5.ケローナでおすすめの留学スタイルとは?

ケローナ―は落ち着いた小さな地方都市になりますが、カナダで有意義な留学生活を送りたい留学生にとって理想的な留学環境となっています。そんなケローナでおすすめの留学スタイルをご紹介しましょう。

おすすめの留学スタイル①:語学留学

ケローナに住むカナダ人のほとんどが英語を母国語としているため、語学学校だけでなく、日常生活すべてが英語に囲まれて過ごすことになります。そのため、英語力アップを目指した語学留学を希望する人には、カナダの美しい英語を身に付けるに最適な街といえるでしょう。

また、大都市と比べて留学生の数も少ないため、ケローナの現地の人と英語でコミュニケーションを取る機会も必然的に多くなります。限られた留学期間で確実に英語力アップを図りたい方が語学留学するには、最高に適している環境となっています。

おすすめの留学スタイル②:ワーキングホリデー

ケローナは、カナダ屈指の観光地であると同時に、果樹園やワイナリーが多いことでも有名です。そのため、レストランやギフトショプなどの接客業、果樹園やワイナリーなどさまざまな職種の求人が多いため、仕事を見つけやすい街としても知られています。

そのため、1年間ケローナで働きながらカナダの自然に囲まれたスローライフを体験することができるワーキングホリデーがおすすめです。ただし、ケローナで働くには高い英語力が必須となります。「ワーキングホリデーをケローナで過ごしたいけれど、英語力に自信がない」という人は、ケローナの語学学校に通いながら英語力をアップしてみましょう。

語学学校で英語をしっかりインプットし、さらに日常生活や仕事先で英語を実践的にアウトプットできるので、確実に実用的な英語力を短期間で身に付けることができます。1年間という限られたワーキングホリデー期間で、充実したカナディアン・スローライフを体験してみましょう。