カナダのケベック州最大都市のモントリオールは、トロントに次ぐ、カナダ第2の都市です。

モントリオール住民の70%は、フランス語を第1言語とするフランス系カナダ人が占めています。北米のパリと称され、街並みはどことなくヨーロッパの雰囲気が漂っているのが特徴的です。そこで今回は、モントリオール絶対に訪れたい人気の観光スポット5選を紹介します。これから、モントリオール観光へ行く方はぜひ参考にしてみてくださいね。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

モントリオール観光で絶対に訪れるべき観光地5選

モントリオールはダウンタウン、旧市街、郊外とそれぞれ雰囲気が異なり、色々な見どころが点在しています。美食の街としても知られており、観光名所巡りからグルメ、ショッピングなど、じっくり楽しむことができます。では早速、モントリオールへ訪れたら必ず行きたい観光スポットをチェックしましょう。

①ノートルダム聖堂

1829年に建設された「ノートルダム聖(Notre-Dame Basilica)」はモントリオール屈指の観光名所です。北米最大規模の聖堂を持つローマ・カトリック教会として、多くのセレブも結婚式場に選んでいます。ネオ・ゴシック様式の重厚な建物の内部には、コバルトブルーのライトに照らされて浮かび上がる黄金の祭壇があります。美しいステンドグラスから差し込む光が教会内部を照らしており、細部に至る精巧な彫刻とエメラルド色の天井は圧巻の一言。世界最大級のパイプオルガンがあり、7月上旬~10月上旬には「Take a seat at the organ」というクラシカルなオルガンコンサートが開催されます。モントリオール交響楽団によるモーツァルトのコンサートなど年間を通じて様々な定期コンサートを楽しむ事ができます。

②ローレンシャン高原

ケベック州の中部から北部に広がる「ローレンシャン高原」は、メープルの森に美しい湖沼が点在する自然豊かな高原地帯です。夏は避暑地として、秋は紅葉の美しさを堪能して、冬はスキー・スノボなど、四季を通じて様々な楽しみ方があります。「ローレンシャン高原」は年間を通じて涼しく快適なので、地元市民が行楽にも訪れる人気のスポット。モントリオール空港からのアクセスなく、モントリオール市内から車で約1時間半で到着します。

③モントリオール地下街(RÉSO)

「モントリオール地下街(RÉSO)」は、モントリオール市内のダウンタウン地下に広がる複合商業施設です。総面積は約12平方キロメートル、地下街の道路の長さは合計約32キロメートルにもなる「世界最大の地下街」として有名です。地下街には、アパレル、レストラン、カフェ、クリニック、歯科など、買い物や生活に必要な施設がほぼ全て揃います。一年を通してオープンしている地下街は、天候が悪い日でも気軽に足を運べるので便利です。

「モントリオール地下街(RÉSO)」は、噴水から流れる水の音、高い天井からは空が見渡せるので地下とはいえ、開放的なのが嬉しいポイント。モントリオールの真冬はマイナス20℃まで冷え込む時期もあり、一日約50万人も利用するので驚きですね。お土産探しはもちろん、おしゃれなカフェやレストラン、フードコートもあるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

④モントリオール旧市街

「モントリオール旧市街(Old Montreal)」は、モントリオール発祥の地といわれています。セントローレンス川の河畔にある石畳の道、19世紀の古い路地や石造りの建物は、モントリオールの歴史を感じさせてくれます。中世のヨーロッパの雰囲気を満喫することができ、街歩きをするだけでもインスタ映えするスポットがいっぱい。セント・ローレンス川沿い、マギル(McGill)、サン・ジャック(St. Jacques)、ベリ(Berri)通りが旧市街となっています。歴史的建造物、おしゃれなレストラン、カフェ、ショップが多く、観光客に人気の名所です。旧市街は大きな地域ではないので徒歩で十分回ることができますが、半日から一日ほどかけてゆっくり楽しみたいですね。

⑤ジャン・タロン・マーケット

モントリオールには多くの有名なマーケットがありますが、おすすめは「ジャン・タロンマーケット(Jean-Talon Market)」です。現地の人から観光客まで、様々な人々が訪れる人気のファーマーズマーケット(市場)です。海外のマーケットでは日本にはない野菜や果物、肉や加工食品などを発見できる楽しみがあります。市場内の中心にはベンチとテーブルがあるので、手軽に食べられるパンやタルト、サモサなどを購入して現地人達と食べるのも楽しいですね。お土産用には、カナダ産メープルシロップやキッチンツールも手に入れることができます。「ジャン・タロンマーケット」の営業時間は曜日によって変わるので事前にチェックしてからお出かけください。

よくある質問①:観光中の移動方法

モントリオール空港から約20キロ離れたダウンタウンへの移動方法は、シャトルバスまたはタクシー利用がおすすめです。シャトルバス「747エクスプレスバス」は空港から終点までの間を10~60分間隔で24時間運航しているので大変便利です。(片道料金10ドル、約45~75分)モントリオール市内の移動は、公共交通機関が運営しているバスや地下鉄を使うのが一般的です。

1日券の乗り放題は、地下鉄、バスの乗り換えも自由なので観光客に最適です。バスの路線はモントリオール市内を全て網羅しているので、旅行中の移動手段に活用しましょう。

よくある質問②:街歩きの楽しみ方

モントリオールの街歩きにおすすめのエリアは、旧市街の中心地にある「ジャックカルティエ広場(Place Jacques-Cartier)」です。モントリオール市庁舎から港にかけて広がる広場は、ヨーロッパのおしゃれな雰囲気が漂っている癒やしのスポットです。12月にはクリスマスマーケットで賑わい、夏にはマジシャンやストリート芸人達が広場を盛り上げています。

よくある質問③:ショーの選び方

フランス文化の影響を受けているモントリオールはアートな街としても知られており、大小40以上の美術館・博物館が点在します。モントリオール最大の劇場施設「プレイス・デ・アーツ(Place des Arts)」は、大小10以上のイベントスペースがある注目のスポット。夏は音楽フェス、他のシーズンはバレエ、演劇、コンサートなど、多くのショーを毎日楽しむことができます。特に「モントリオール国際ジャズフェスティバル」は世界的に有名なイベントに成長しています。モントリオールは世界的に有名なサーカス集団「シルク・ド・ソレイユ」発祥の地としても有名です。

よくある質問④:食事の選び方

カナダ第2の都市モントリオールには、本格的なフレンチレストランと世界各国のレストランが集結しています。カナダの有名な高級フレンチレストランに何度も選ばれているのが「エッグスペクテーション・メゾヌーヴ店(Eggspectation Maisonneuve)」。観光中に名店に行くときは、ドレスコードを守って服装や足元に気を使ってお出かけしましょう。ランチやおやつに食べるならば、モントリオールの名物「プーティン」を屋台やファーストフードで食べるのもおすすめ。「プーティン」はフライドポテトの上にスモークチキンとグレービーソース、チーズをトッピングしたボリューム満点の一品です。モントリオールはきちんとしたレストランから手軽なファーストフード、マーケットにて色々なフードを楽しみましょう。

よくある質問⑤:お土産の買い方

モントリオールでお土産探しをするならば、地下街にある「モントリオール・イートンセンター(Montreal Eaton Centre)」で決まり!モントリオール最大のショッピングモールの「イートンセンター」はメトロ駅直結なので、いつでも立ち寄ることができて大変便利です。家族や友達へのお土産には、カナダ産のメープルシロップ、スモークサーモンが定番人気です。メープルシロップはプラスチック製の容器に入っているものがスーツケースの中で割れないのでおすすめ。

カナダ産のスモークサーモンはスーパーマーケットやお土産店でも販売されており、パッケージが薄くて軽いのでお土産に最適です。その他、モントリオールの地元産には、凍った葡萄を原料に熟成させた「アイスワイン」があります。
アイスワインは地元のワイナリーや酒屋、スーパーマーケットでも購入することかでき、希少価値が高いのでお酒好きの方におすすめ。カナダ発祥のティーショップ「DAVIDs TEA」は可愛いパッケージが女性のお土産にピッタリ。カナダのアウトレットショップ「Winner’s」はブランド、衣類、バッグ・靴、生活用品をお得な価格で購入できるので要チェック。

よくある質問⑥: シーズンならではの楽しみ方

モントリオールは冬はマイナス10℃を下回りますが、夏は30°を超えて蒸し暑い日もあります。モントリオールは、11月頃から少しずつ寒くなり、11月〜3月に観光する方はダウンジャケット、マフラー、手袋など完全防寒具が必須です。年間で最も寒い時期の2月はマイナス20℃の厳しい寒さが続き、3月に入ると徐々に気温が上がります。4月になると晴れの日が多くなり、5月は最高気温が20°Cを超える日も出て春らしい季節を感じられます。
モントリオールの夏は6月〜8月となり、日本の夏よりも気温と湿度が低いため、快適に観光することができます。

7月と8月は最高気温が25℃〜30℃まで上昇するので街歩きの服装は薄手の服装に帽子や日焼け止めなど日差し対策も忘れずに行いましょう。モントリオールの秋にあたる9月〜10月は、山間部では紅葉の景色がキレイな季節です。ただし、気温は15℃以下となり、時には真冬並みの気温になるため、薄手のジャケットで防寒対策をしましょう。

モントリオールを動画でご紹介

まとめ

今回は、カナダ・ケベック州最大の都市「モントリオール」の人気観光スポットをご紹介しました。カナダの大自然を感じる観光名所、フランスの文化を感じる建物、多国籍の食べ物など見どころは尽きません。また、国際映画祭やジャズフェスティバルといったアートやショーも充実しているので楽しみ方は様々です。

ぜひ、多くの観光スポット巡りをするために、早めにプランを立てて、素敵な旅を実現させてください。
▶【カナダ】モントリオールでのワーホリ情報【ポイントはフランス語】

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)