今回訪れたのは、フィリピンでも特に治安がいい場所として有名なバコロドの中心地にある語学学校LSLC。LSLCはサンアグスティン大学付属の語学学校で同大学は1962年に開校しました。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

LSLCの場所

LSLC(Language Skills Learning Center)校はフィリピン・セブ島の左側に位置します。

ネグロス島の州都『バコロド』のダウンタウン中心に位置しています。
ダウンタウンには大型ショッピングモール、スターバックス、ボーリング場、
ジム、多くのレストラン等があり、散歩をされている方も目につく緑あふれる公園もございます。

サンアグスティン大学の入り口には大きな学校ロゴが目立ちます!

入り口にはセキュリティが配備しており安心。

LSLCを覗いてみよう

さすがサンアグスティン大学付属の語学学校ということもあり、かなり敷地が広いです。

普通の語学学校とは比較にならない建物の大きなです!!

長い通路を抜けて内部に入っていきましょう!

共有のスペースには現地のフィリピン人の大学生も多く利用します。

こちらは大学から徒歩2分の場所にあります寮1FのLSLC留学生専用の学食です。
学食隣の受付では依頼すれば日本円から現地ペソへの両替もしてくれるので便利ですね!

LSLCの特徴とは?

こちらLSLC校、日本人スタッフの宮嵜さんです。
実際に日本の大学在学中に休学してLSLCに長期留学した元生徒さんだそうです。自身の留学経験等を元に現地での不安や生活などのサポートをしてくれます。
「初めての留学や海外渡航の方もどうぞ安心してお越し下さい。皆様にお会いできることを心より楽しみに お待ちしております!」

LSLC校は地元のサンアグスティン大学付属の英語学校として、同大学内の講義棟をマンツーマン教室として使用しています。グループ授業の教室は、同大学から徒歩2分の場所に位置しているLSLC校専用の学生寮内にございます。
学生寮は2014年10月に新築された建物で、寮ビル内に学食、ジム、売店、ラウンジがございます。

留学生の国籍や人数

LSLC校生徒の国籍率は、韓国75%、日本10%、台湾10%、ベトナム等5%といったところで、定員は250名とバコロドで一番大規模な学校です!

教室はどんな感じ?

マンツーマン教室は生徒ごとに部屋が分かれています。

実際の授業を見学させてもらいました。

こちらはグループレッスンの様子です。

PCルームも完備しています。

LSLCの寮

こちらは1人部屋プライベート用の学習机の完備!

費用を押さえたい方は3人部屋もあります。

LSLCの食事は?

地元バコロドで長年シェフをされていた韓国人女性が腕をふるう料理はアジア人、特に韓国人と日本人の舌に合うと好評だそうで、朝から5種類程の品数を用意するバイキングはボリューム満点!食後のコーヒーや複数種類の調味料がある点は女性シェフならではの細やかな気配りが感じられます。

授業後の課外活動も充実

同校の最大の特徴ともいえますが、地元の大学生との交流が容易に出来ることです!

具体的には『日本語ボランティア』(300ペソ)、『大学生とのバディプログラム』(無料)といったものがございます。

LSLCを動画で紹介

以上、LSLCのレポートでした。
LSLC校は日本人生徒率も低めで、ほぼ英語漬けの環境に身を置くことができます!又、上記のような地元の大学生との交流のみならず、LSLC校に来ている留学生、更に“微笑みの街=バコロド”とも言われる優しくフレンドリーな地元の方々とのふれあいを存分に楽しめる、貴重な学校です。LSLC校では学食も週末含め1日3食の美味しいお食事が提供されますし、インターネット重視派にはレンタルポケットWIFI(有料)もご用意している他、同校を卒業された日本人の正社員がいますので、滞在中の生活も安心です!

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら