オーストラリアでのワーキングホリデーで仕事をして収入を得ると、年収に見合った税金を納めなければいけません。年に一度、オーストラリア人でもワーキングホリデーで滞在している人でも関係なく、オーストラリア国内で仕事をしている人を対象に、年に一度行われるのがタックスリターンです。

読んで字のごとく、払い過ぎた税金の還付を受け取る大切な手続きですが、一体どのように手続きをしてよいか迷ってしまう方もいるでしょう。

今回は、タックスリターンに必要な書類や手続きの方法、還付までの期間や申告書類の保管期間などについてご紹介したいと思います。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

オーストラリアワーホリのタックスリターンって何?順を追って解説します

オーストラリアワーホリのタックスリターンって何?順を追って解説します
日本の確定申告と同様、オーストラリアでもしっかりタックスリターンを行いましょう。

そもそもタックスリターンとは?

タックスリターンとは日本で言う確定申告です。源泉徴収された税金の額が基準より多い時に還付されるものです。逆に少なければ、追加で納付をすることになります。

あなたはタックスリターンの手続き対象者ですか?

ワーキングホリデーで仕事をした場合Non-residentとして扱われますが、年間の所得が1ドル以上あった場合、タックスリターンの提出義務が発生します。年間1ドル以上ですから、1時間でもアルバイトをして収入を得たら手続きが必要になるということになりますね。

タックスリターンに必要な書類

雇用先から発行されるPayment Summary、Group Certificate、必要経費として認められている項目の領収書などです。

ここで注意しておきたいのが、雇用先から発行される書類の掲載内容。支払い給与額、源泉徴収額、手当の金額が正しいかどうか、しっかり確認しておきましょう。

お金をムダにしない!タックスリターンの手続き方法を解説

お金をムダにしない!タックスリターンの手続き方法を解説
オーストラリアの会計年度は7月1日から次年度6月30日までで、提出期間は7月1日から10月31日までとなっています。手続きの仕方は主に3つ。

税理士(アカウンタント)に相談・依頼する

経験、スピード、正確さ求めるなら税理士にお願いするのがベストな方法でしょう。特に、仕事を複数経験した人で手続きに戸惑っている人や自分で行うのが不安な方は、多少費用がかかってもすべてを税理士に任せることができるので安心です。費用は提出書類が多かったり、手間がかかるケース程高くなる傾向があります。

書類作成サービスを利用する(一番おすすめ)

提出期間になるとショッピングセンターやコミュニティセンターなどに臨時のブースが設置されるので、自身で必要項目を記入して提出をします。ショッピングセンター内のニュースエージェンシではTAXPACKという申告書の入手もかのうです。

オンライン手続きを自分で行う

オンラインでの手続きも可能ですが、源泉徴収された給与所得以外に、複雑な差し引き経費などがある場合はあまりおすすめできません。e-taxというATOが提供する納税ソフトを使って手続きを行います。

よくある質問:その他タックスリターンで知っておきたいこと

よくある質問:その他タックスリターンで知っておきたいこと
初めて手続きを行う方のために、タックスリターンで知っておきたいことをいくつか挙げてみました。

申請してから還付までの期間

タックスリターンの手続きが完了した後、2週間から4週間ほどでNotice Of Assessmentという受理知書が送付され、同じ時期に還付がある場合は指定の銀行口座に振り込まれます。

Notice Of Assessmentはパスポートや銀行のカード、運転免許所などの同じ効力のある身分証明書としても使えるので、必ず保管しておくようにしましょう。

申告書類の必要保管期間

タックスリターンで不具合な点があった場合、4年間過去にさかのぼって是正勧告をすることができるので、申告書類は最低でも4年間は保管しておくようにしましょう。

タックスリターンは提出期間内にしっかり提出を行っていれば大丈夫です。あらかじめ、提出書類の内容の確認と準備をするようにして、ギリギリになって慌てないようにしたいですね。
英語に自信のない方や手当などの複雑な申請が必要な方は、信頼のある税理士にお願いした方が安心かもしれませんが、シンプルな内容で英語に自信のある方はご自身で行っても良いと思います。

※関連記事
オーストラリアワーホリで必要なタックスファイルナンバーとは?解説します!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)