日本人は資格好きとよく言われます。ワーキングホリデーを意義のあるものにするために、オーストラリア滞在中に、何か資格を取りたいと考えている人も多いと思います。

本格的な資格を取るなら、学生ビザで長期的に専門学校や大学に通って、専門的な勉強をすることをおすすめします。しかし、ワーキングホリデーでも、短期間の講座を利用して、オーストラリアならではの資格をとることも可能です。オーストラリアのワーキングホリデー取得可能な資格を紹介しましょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

仕事つながる資格その1:バリスタ

オーストラリアには、独自のコーヒー文化があり、いたるところに個性的なカフェがたくさんあります。そして、1日中コーヒーを楽しむ人で賑わっています。カフェで働くときに、バリスタの資格が必須というわけではありませんが、資格があれば、就職も有利になります。バリスタ養成コースでは、コーヒーに関する知識を学び、おいしいコーヒーを入れる技術を勉強します。

コースの内容

オーストラリアのカフェのコーヒーは、大きなエスプレッソマシーンで作られるものがほとんどです。コースでは、機械の使い方のほか、カプチーノやフラットホワイトなどオーストラリアならではのメニューもいろいろあるので、その技術も学びます。コーヒーの歴史や豆の産地のほか、衛生管理などカフェで働くための知識も身につきます。

コースは、語学学校のコースの1つとして設定されているもののほか、ローカルの人向けに専門学校などが開講しているコースもあります。ローカル向けのコースなら、数時間や数日で受講可能な短期コースが主流です。ラテアートなど、さらに高度な技術を学ぶための上級のコースもあります。期間の短い手軽なコースが多いので、仕事に生かしたいという人のほか、自分で本格的なコーヒーを楽しみたいという現地の人にも人気の講座です。費用は期間によって変わりますが、1日コースなら$100から$200前後で受講できます。

仕事つながる資格その2:RSA

RSA(Responsibility Service of Alcohol)は、飲食店で酒類を取り扱うことができる資格です。この資格を取れば、酒類を取り扱う正しい知識を持ち、飲食店でお客様に安全に提供することができることが証明されます。お酒を提供する飲食店では、ウエイトレス、ウエイターだけでなく調理師やキッチンハンドにも、取得が義務付けられています。

資格は州ごとに変わります。NSW州、VIC州のRSAは、その州でしか使うことができません。OLD州、SA州、WA州、NTのRSAは、共通ですので、移動して仕事をするときには、自分のRSAがその州で有効かどうかを確認しましょう。

資格取得の手順は、州が認定している学校で講座を受講し、その後、試験に合格すると、仮の証明書が発行されます。この証明書では一時的な証明にしかなりませんので、写真付きのRSAカードを申請しておきましょう。

インターネットでも取得可能

スクールに行く場合は1日で受講可能です。また、VIC州以外の州のRSAは、インターネットでも受講可能です。インターネット講座は、スクールでの受講に比べて安く、いつでも受講することきます。しかし、英語で内容を理解し試験に取り組まなければならないので、意外と時間がかかります。スクールでの講座では、講師や他の受講生とのやり取りもあり、1日で合格できるようにサポートがあるので、楽しみながら資格を取得できるのでおすすめです。

また、日本語で受講可能なインターネットのコースもあります。英語が心配な人、渡航前に時間に余裕がある人は、日本で取得しておくことも可能ですね。

費用については、スクールでの受講は$150前後、インターネットでの受講は$50から$120の費用がかかります。

趣味を極める資格:ダイビング

オーストラリアには有名なダイビングスポットがたくさんあり、世界遺産のグレートバリアリーフやニンガルリーフなどの美しい海で、スキューバーダイビングを楽しむことができます。実際には、資格がなくてもインストラクターと共に体験ダイビングを楽しむこともできますが、本格的に楽しみたいなら世界共通のPADIのライセンス取得をおすすめします。

ライセンスを取得すれば、体験ダイビングではなかなか行けないところまで潜ったり、さらに自由度の高い特別なダイビングを楽しんだりすることもできます。クジラやジンベイザメ、ウミガメなどと一緒に泳いだり、難破船の中を探検したりするツアーも人気があり、貴重な経験をすることができますよ。

日本語で受講できるコースもあります

コースは、英語のコースはもちろん、日本人向けの日本語で受講できるコースも用意されています。実技講習だけでなく学科の試験もあります。コースは3日から5日ほどでのものが一般的です。費用は最低でも$500はかかります。

英語に自信をつける資格:ケンブリッジ英検

オーストラリアでしっかり身につけたいスキルといえば、やっぱり英語です。オーストラリアで英語の資格を取るなら、ケンブリッジ英検がおすすめです。日本ではあまり一般的ではありませんが、イギリス英語を話すオーストラリアではケンブリッジ英検のコースを持つ英語学校がたくさんあります。

ケンブリッジ英検は、ヨーロッパを中心に世界的に認められている資格なので、ヨーロッパ人の学生にも人気のあるコースです。レベルがいくつかありますが、日本人に人気が高いのがFCE(英検準1級程度)とPET(英検2級程度)のコースです。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4技能をバランス良く総合的に伸ばし、試験の合格を目指します。

コースは厳しいが実りは大きい

12週のコースが一般的で、クラスに入るための選抜試験もあります。クラスが一丸となって合格を目指すので、一般英語コースよりも内容はハードですが、学生たちの勉強に対する真剣さも違います。努力を乗り越えて合格を手にした時の喜びも大きくなるはずです。

一般英語コースで基礎力を身につけて、日常生活でさらに英語を磨き、2年目のワーキングホリデーの締めくくりにチャレンジするのがおすすめです。また1年のワーキングホリデーの人も、ビザが切れるタイミングで学生ビザに切り替えて、ケンブリッジ英検コースを受講して日本へ帰国する人もいます。費用は$4500ほど必要になります。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)