ワーキングホリデーで海外に留学をするスタイルは、現地での経験と生きた英語を学ぶために多くの人に選ばれる手段です。ワーキングホリデーの協定国では世界中から「やる気」のある留学生が集まり、仕事や学習に励んでいる姿が多く見うけられます。「出稼ぎ」という古めかしいイメージはもうありません。

ワーキングホリデーの人気国と知られるオーストラリアは目をキラキラ輝かせた「ワーホリメーカー」たちであふれています。ローカルと肩を並べて堂々と仕事をこなし、ローカルと同様の賃金をしっかり稼いでいる人もいるほどです。

ここではオーストラリアワーキングホリデーに必要な初期費用について項目別にご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

「留学には興味があるけど…こんな状況だし…」
いま決める必要はありません。
でも、いま準備すると4つもメリットがあるんです!

海外で生活するってどんな感じ…?
「留学準備」3つのコツと進め方
留学のプロに相談!

色んなサービスやコンテンツがたくさん!

1.オーストラリアワーキングホリデーで最低必要な初期費用


オーストラリアで仕事をしながら生活ができるワーキングホリデー。現地で収入を得ることができますが、ある程度の初期費用が必要になります。

ワーキングホリデービザ申請代(約3万5千円)

ワーキングホリデーでオーストラリアに渡航する人は、「ワーキングホリデービザ」の取得が必要です。ビザは自分でオンライン申請をする方法と、エージェントに依頼して取得する方法があります。申請は全て英語になりますが、オンライン申請の場合でも、ゆっくりと焦らず必要箇所を埋めていけば戸惑うことはほとんどないではずです。

ビザ申請にかかる日数はイミグレーションが混んでいるかどうかで左右することがあります。渡航日まで余裕をもって申請することをおすすめしますが、万が一時間がない時は、エージェントに相談してみるとよいでしょう。申請代は420オーストラリアドル(約3万5千円で、エージェントに依頼する場合は依頼費用が別途必要になります。
オーストラリア政府公式オンライン・ビザ申請サイト
参考:オーストラリアワーキングホリデービザの条件と申請の流れを確認しよう | EnglishPedia

航空券(LCC約10万円)

航空券はビザが下りて渡航日の目途がついたら手配を行うようにしましょう。留学先にもよりますが、LCC(格安航空券)を利用すれば、7万円~10万円程度で航空券が入手できます。ただし、LCCの場合は日にちの変更やキャンセルができないことありますので、ブッキング前に確認をするようにしましょう。

その他、オープンチケットや片道の航空券を購入することも可能です。自分の状況にあった航空券の種類を選ぶようにすることが何より大切ですね。
オーストラリアワーホリ前に必読!航空券の種類と格安チケット購入方法 | EnglishPedia

海外旅行保険(年約20万円)

海外に滞在するときに必須なのが海外旅行保険です。保険会社によって内容やオプションがことなりますので、何社か比較をしながら自分にあったものを選ぶようにしましょう。

日本と違って海外では予想以上のことが起こります。病気になって長期の入院が必要だったり、車の事故に遭って大けがをしたり、またPCなどの所持品が破損したり、盗難にあったりと、万が一の保障があるからこそ安心に留学生活が送れると言えます。

「加入していて助かった」という声がほとんどです。楽しいはずのワーキングホリデーで思わぬトラブルに巻き込まれ、莫大な費用がかかってしまっては身も蓋もありません。たとえ、自分が注意していても、相手の不注意で起こる事故はたくさんあります。平均的な一年間の保険料は20万円程度になりますので、こちらも初期費用の目安に取り入れるようにしましょう。
【オーストラリア・ワーキングホリデー】保険の選び方とおすすめプラン | EnglishPedia
オーストラリアワーキングホリデーの現地保険とは?詳しく説明します | EnglishPedia

当面の生活費(月15万円x3か月分=45万円)

オーストラリアにワーキングホリデーに行くとしても、現地に到着してからすぐに希望の仕事が見つかるとは限りません。初期費用として現地での当面の生活費(2、3ヵ月)は必要です。宿泊費、食費、多少の雑費を入れて月15万円は確保したいもの。3ヵ月で45万円程度を目安に考えておくとよいでしょう。

滞在方法や都市部か郊外かによっても費用が異なります。また、ホームステイをする場合とシェアハウスでは費用も異なります。たとえば、シェアハウスが週160ドル(1万3千円)程度であるのに対し、ホームステイは週280ドル(2万4千円)前後といった具合です。こちらも初期費用を考えるときに考慮しておきましょう。

語学学校の学費(月約12万円x4ヵ月=48万円)

ワーキングホリデーでは4ヵ月(17週間)まで就学が認められています。現地の到着後、すぐに語学学校に通う予定の人は学費の準備も必要ですね。語学学校の一般的なコースの費用の目安は週3万円程度なので、単純計算で4ヵ月で48万円が必要になります。

費用の準備が厳しい人は、語学学校に通う期間を1ヵ月、2ヵ月に減らして現地で仕事の状況をしばらく見てみるのもよいでしょう。

上記でご紹介した初期費用の内容を確認しながら、自分の留学スタイルに当てはめてみましょう。初期費用は個人によって幅があります。実際、どの部分の費用を膨らませて、どの部分を削ることができるかをチェックしてみてくださいね。
格安でオーストラリア留学する方法! 授業料の安い学校をご案内! | EnglishPedia
オーストラリアワーホリで1ヶ月語学学校に通おう!語学学校の選び方 | EnglishPedia

2.少ない初期費用で留学できるのがオーストラリアワーホリの魅力!


2分の1の費用で2倍の魅力が味わえるのがオーストラリアワーキングホリデーです。さて、それにはどんな理由が挙げられるのでしょうか?

オーストラリアは高時給国です!

オーストラリアの最低賃金は時給17ドル(約1500円)くらいです。この金額は日本の賃金と比べても、また他の国々と比べても高いほうですよね。時給17ドルが最低の金額ですから、都市部では平均20ドル~25ドルくらいになるケースも多く、30ドルを超えることもあります。

レストランやバーなら忙しい時間帯にはさらなる高時給も狙えますし、土日はペナルティー・レートといって、時給が2倍近くなる法律もあります。ただし、この時給はローカルジョブであることが前提となりますのでご注意下さい。日本食レストランなど、雇用主が日本人の場合は例外となる場合がありますので、就業前にしっかり確認をするようにしましょう。
【初心者向け】オーストラリアワーホリでの仕事探し+職種解説【見よ】 | EnglishPedia

英語に自身がなくても仕事は見つかる!

「英語があまり上手くないから、仕事が見つからないのでは?」そう不安に思う人もいるでしょう。オーストラリアは日本のような単一国家ではなく、もともと多国籍国家です。それに加え、海外からの移民や留学生、ビジネス・ピープルやワーキングホリデーで訪れる外国人がとても多いです。そして、必ずしも全ての人が英語圏からやってくるわけではないため、英語のレベルも幅があるのが現状です。

それでも、少しの英語とボディ・ランゲージでコミュニケーションをとりながらたくましく仕事をしているんですね。英語に自信がない人は、あなたの明るいキャラクターを前面に出して、英語力をカバーしてみてください。雇用主との相性もあるでしょうし、パブやカフェなどでは、限られたフレーズができれば大丈夫!日本人が本来持つはホスピタリティーは世界レベルであることは忘れないで下さいね。
オーストラリアワーホリで英語力を伸ばすコツと留学という別の選択 | EnglishPedia

働くことが生活することへのモチベーションにつながる!

「人間で何のために働くのだろう」ふと、そう思ったことはありませんか?「車が欲しい」「マイホームの資金が必要」など、人それぞれ、何かのために働いていることがほとんどです。

オーストラリアでのワーキングホリデーでは、さらに生活に密着した理由が生まれてくることが多いです。たとえばそれは「来週の家賃のため」「今月の学費のため」「ちょっとだけ食事の贅沢をしたい」などです。

ワーキングホリデーで仕事をすることは、現地で安定した生活を送るためのモチベーションにつながります。目的があるからこそ頑張れる!異国での生活にメリハリとやる気をもたらしてくれるのが、「仕事」の存在でもあるのです。

オーストラリアでのワーキングホリデーでは年間を通しても、正規の留学と比べて少ない初期費用で行くことができます。事前にすべての資金を準備する必要はなく、働きながら現地での生活を支えていくのがワーキングホリデーの醍醐味だと言えます。

生きた英語を仕事を通して学びながら、どうぞ美しいオーストラリアを見て回って下さいね。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

友達登録をする