読者の皆さんの中でゴールドコーストという地名を聞いたことがない人は少ないのではないでしょうか?テレビなどでもよく特集されていたりしますよね!

今回はそのゴールドコーストでワーホリするのはどうなのかということをメリットやデメリット、おすすめ校など併せてご紹介していきます!都市選びで迷っているあなたに必見の記事ですよ☆

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.ゴールドコーストとはどのような街なのか

1.ゴールドコーストとはどのような街なのか
誰もが知っているリゾート地、ゴールドコースト。そして誰もが一度は観光しに行きたい場所でもありますよね!

そんなゴールドコーストはクイーンズランド州の南東部に位置しており、同州ブリスベンの次、2番目に大きい街。そして1年のうちの300日以上が晴天と言われている地域です。地球上で1番太陽とエメラルドグリーンの海が似合う街ではないでしょうか!?綺麗なビーチや多くの自然、テーマパークに世界遺産などゴールドコーストが誇るものはたくさんあります!

オーストラリア内で最大の観光保養地とされており、世界的にも有名です。人口は2万人ほどで、多くの観光客たちが美しいビーチや世界遺産を目当てに、年中訪れる場所でもあります。観光客のためのクラブやバーなども多い土地ですので、ナイトスポットも多い街です。

また、世界中からサーファーたちがゴールドコーストの波を求め訪れます。1年に1度はサーフィンの世界大会も開かれるほどです。サーファーが多いこの街はローカルも陽気な人がたくさんいます。日本からサーファーたちが移住していることも多いほどです。なのでローカルたちも太陽と波を愛す、フレンドリーな住人が多いと言えるでしょう☆

2.ゴールドコーストにワーホリするメリット、デメリットとは?

2.ゴールドコーストにワーホリするメリット、デメリットとは?
そんな魅力いっぱいのゴールドコーストでワーホリするメリットってなんだと思いますか!?早速見ていきましょう!

メリット①:毎日綺麗なビーチで海水浴ができる

ゴールドコーストと言えば、やっぱり何と言ってもビーチですよね〜!すぐ側にエメラルドグリーンのビーチが広がっていたら、その魅力に毎日でも行きたくなっちゃいます。それが叶ってしまうのがゴールドコーストです☆

場所によってはプライベートビーチのような人のいないビーチで海水浴や読書など楽しむのもいいですよね!サーファーの人だと学校前に、バイト終わりになどいつでもサーフィンが楽しめるのも魅力的ですね!

メリット②:観光業の仕事に就きやすい

やはりリゾート地ということもあり、ホテルや観光ガイドなど、そのような仕事が多いです。もちろん世界中から観光客たちが訪れるの、仕事のポジションによっては英語力は求められます。ですがその仕事をゲットできれば、さらなる英語力の向上にも繋がりますし、ホスピタリティを身につけることも可能です。

日本での経験者などは優遇してもらえるかもしれないので、ぜひチャレンジしてみてください!

メリット③:陽気な人たちに囲まれて生活できる

大きな太陽と波を愛する人が多いローカルたちはとても陽気でフレンドリーな人たちが多いです。そのため初めての海外生活でも優しくサポートしてくれる人も多いのではないかと思います。

日本で性格が少し尖っていた人でも帰国する頃には丸〜くなっていたりなんていうこともあるそうですよ!のんびりとリラックスして暮らしたい人には向いているかもしれませんね☆

皆さん、ゴールドコーストのようなリゾート地でワーホリしてデメリットなんかないでしょ?とお思いの方も多いのではないでしょうか!?それは間違いです!いくつかもちろんデメリットもありますので、ご紹介したいと思います。

デメリット①:勉強に集中しにくい環境

やはりビーチやナイトスポットなども多い分、勉強などに集中しにくいという面があります。どうしてもオーストラリアにいるんだから楽しまなきゃ!と思って、遊びに走ると勉強がおろそかになってしまいますよね。

しっかりオンオフの切り替えができる人や、外国人とのコミュニティが作れる人であれば問題はないと思うのですが、どうしても自分に甘くなってしまうという人では自分を緩くしてしまう場所かもしれませんね。

デメリット②:仕事が少ない

他の大きな都市とは違い、ジャパニーズレストランなどの日本人が働ける場所が少ないとよく耳にします。観光客業が多いのはメリットで挙げましたが、やはりそれもリミットがあるので、その分もちろん競争率も高くなってきてしまいます。ネイティヴとも勝負しなければなりませんしね…

もし、語学学校卒業の時点でも語学力が低い人であれば、仕事探しに苦労してしまうかもしれませんね。

デメリット③:とにかく暑い!紫外線もキツい!

本当にこちらの夏は暑いです!そして日本よりもキツく肌にじりじりと紫外線を感じます!何と言ってもこちらの紫外線は日本の5〜7倍と言われており、日本の性能高い日焼け止めクリームでも効かない!なんてこともあります。もちろんオーストラリアの日焼け止めクリームはあまり性能が良くないので、使い物になりません…

美白命!なんていう人にはあまりおすすめしない土地ですね。

3.オーストラリアワーホリ中にゴールドコーストでできること3つ

3.オーストラリアワーホリ中にゴールドコーストでできること3つ
せっかくのリゾート地ゴールドコーストはあなたはどのようなことを楽しみ、チャレンジしますか!?ゴールドコーストでできることを厳選して3つ挙げましたので、皆さんにシェアしたいと思います!

ウォータースポーツ、ヨガの資格を取ろう!

ゴールドコーストではウォータースポーツやヨガなども充実しているので、スクールなどに通えば、資格だって取得することが可能なのです!

例えばサーフィン。こちらも教える際に資格が必要だと知っていましたか?やはり海で行うスポーツなので、人名にも関わってくることです。なので、万が一の人名救助の方法を学んだり、生徒へのレッスンの仕方など細かく学び、後の試験に合格すれば資格取得成功です!

このように趣味が自分の仕事にするということだって、あなた次第では可能なんですよ!

世界遺産を身近にして楽しもう!

ゴールドコーストの世界遺産と言えば、数億年前の姿がそのまま残っていると言われているスプリングブルック国立公園。ゴールドコーストにいれば、このような大自然の近くを感じ、住むことだって可能。

こちらのスプリングブルック国立公園はクイーンズランド州とニュー・サウス・ウェールズ州にまたがる広大な世界遺産の森ゴンドワナ多雨林の一部なのです。森の中に足を踏み入れ、自然の息吹を体いっぱいに感じてみましょう!そしてスプリングブルックは壮大な美しい滝が眺められウォーキングルートとしても人気。またなんと!ナチュラル・ブリッジの洞窟には、南半球の限られた場所でしか見られないという土ボタルが生息しているのです。皆さんの眼前いっぱいに青白い光で包まれる幻想的な光景は、ツアーに参加して鑑賞してみましょう☆

日本での就職を有利にさせよう!

観光業の仕事をこちらでゲット、もしくはインターンなどを経験し、それを日本での就職に生かしてみましょう!

観光業で働くとなると、ホスピタリティ力が必須となりますよね?それがゲットできればきっと日本での就職にも有利となります。2020年の東京オリンピックや一般の企業でも取引などでホスピタリティを重要視していますからね。なので、ぜひ皆さんも日本での就職のことも考えつつ、仕事探ししてみてはいかがでしょうか☆

4.ゴールドコーストで語学留学する場合のおすすめ校3選

4.ゴールドコーストで語学留学する場合のおすすめ校3選
ここではゴールドコーストでのおすすめ語学学校をご紹介致します!ぜひ学校選びの参考にしてみてくださいね〜!

BROWNS English

2004年にゴールドコーストの中心、サウスポートにオープンした学校で、家族経営の語学学校です。大型スクリーンテレビなど最新式の視聴覚設備を各教室に導入するなど、オーストラリアで1番と言っても過言ではないほどの充実した施設環境がこの学校の魅力でもあります。

1番の魅力はライティング、スピーキング、リーディングなど各科目ごとに自分のレベルごとに分けて、授業が受けられるということです。このようなシステムを採用している学校は少なく、自分の弱点を強化できるのでおすすめです。その他にバリスタコースというものがあり、オーストラリア人はコーヒー大好きでカフェが至るところにあるので、仕事ゲットもしやすいかもしれませんね!

また、毎日異なったアクティビティが開催されており、生徒同士での交流も大切にしている学校です。

Shafston


2009年に開校したゴールドコースト校は、ゴールドコーストのビジネス街であるSouthportの中心に位置しています。小規模でアットホームな校風なので、生徒同士、生徒と先生同士の距離が近く、海外生活が初めてで不安が多い中でも、すぐに学校に馴染み、他国籍の友達も作りやすいでしょう。

語学コースは一般英語だけでなくIELTS、Cambridge英検などの各種試験対策コースもあり、対話を多く取り入れた授業では、スピーキング力アップも目指せます。
Cambridge英検は高い合格率を維持しており、この試験合格を目指したヨーロッパ、南米の生徒が多いことも特徴です。
また、キャンパス内にはアクティビティーコーディネーターがおり、放課後のアクティビティーや行事ごとのパーティーなども盛んに行われています。

Langports

Langportsは2007年にゴールドコーストにオープンをした、ファミリー経営のアットホームな語学学校です。雰囲気はフレンドリーですが、やる時は一生懸命やる、というモチベーションの高い講師陣・生徒さんが多いので、しっかり勉強をして英語を伸ばしたいという方にピッタリの学校です。先生は経験豊富で、定期的にトレーニングを受けています。また勤続年数が長い先生が多いのも特徴です。

質の高い講師陣と、1週間から就学出来るUFO英語や得意不得意に合わせてそれぞれのスキルごとにレベル分けを実施、毎週レベル見直しと担任の先生による個人面談を実施。得意な部分を伸ばし苦手を克服するアドバイスをもらえます。
また仕事を見つける際に役立つWorkshopあり、任意のWorkshopの仲では、English for Work in Australiaというお仕事探しに役立つWorkshopがあります。銀行口座の開設方法、TFNの取得方法、履歴書の書き方や面接の受け方などを学ぶことができます(事前予約必須)。1週間ごとに参加有無を選ぶことができますので、ご自身の予定に合わせてフレキシブルに対応してくれます。

皆さんいかがでしょうか!?都市選びの参考になったでしょうか!?

誰もが1度は憧れるゴールドコースト。私もゴールドコーストへのワーホリを強く考えていたうちの1人だったのですが、自分に甘いので私は他の都市を選びました。(笑)

ゴールドコーストは多くの自然と共に語学力が伸ばせる場所です。ゴールドコーストの多くの自然の中で伸び伸びと自分らしいワーホリ生活を楽しんでいただければと思います☆

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)