オーストラリア・ワーキングホリデーに必要な費用というのは、申請費用から現地生活費、帰国までの一連を通して一体総合的にどれくらいかかるのでしょうか?もちろん、ワーホリをどのように過ごすかによっても異なると思いますが、おおまかにどのエリアにどれくらい必要かは知っておきたいですよね。

現地で学校に通いたい人、観光地をできるだけ訪れたい人、仕事を集中的に行いたい人、サーフィンに没頭したい人…オーストラリアで過ごす日々は本当に100人100色と言ってよいほど違います。

今回はほんの一例ですが、ワーキングホリデーにかかる費用の例を挙げてみたいと思います。あわせて現地で生活する上で知っておきたいさまざまな「費用」についてもご紹介しますので、後半のおすすめ節約術と一緒にご活用ください!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.オーストラリアワーキングホリデーで必要な費用

ワーキングホリデーに行くかどうかで悩む人は、日数的な部分と費用的な部分で引っかかってしまう場合が多いようです。ワーキングホリデーで一連にかかってくる費用をご紹介しますので、参考にしてみてください。

どんなことに費用がかかるの?

オーストラリアワーキングホリデーにかかる費用は色々あります。まず、ビザ申請時費用や健康診断、渡航に必要な航空券代、現地で安心して生活ができることを保証する海外保険、その他準備をするにあたり必要なもちもの、スーツケースなどがあります。

さらに、渡航してからかかる費用として考えなければならないのが住居にかかる家賃、毎日の食費や携帯電話などを含めた生活費、学校に通う予定の人はスクール費、観光やアクティビティーに必要な費用などです。

人によって必要な費用は変わってきますが、ワーキングホリデーに参加する前に、自分の現地での理想像や生活パターンを書き出してみると具体的な費用が見えてくると思います。そして、ワーキングホリデーのカウンセラーに相談しながら、おおまかな費用を算出しておくことは、ワーキングホリデーを成功させるキーポイントにもなってきます。

ちなみに当面の生活費が困らないように日本から持っていきたい金額は、おおむね30万円程度が最適だと言われています。
» 参考:オーストラリアワーホリでお金を持っていく額とは?いくらが妥当?

オーストラリアワーホリ1年にかかる費用は100万円前後

もう少し具体的に話をしてみましょう。1年にかかる費用はおおまかに言うとするなら100万円前後と言うことができると思います。下記に具体例を金額と一緒に挙げてみました。

この100万円という金額は、ワーキングホリデー中に仕事を半年くらいして、なおかつ語学学校に4カ月通った場合です。住居は最初の1か月をホームステイ、残りの11か月を一般的なシェアハウスで過ごしています。

費用については本当に個人差がありますが、ワーキングホリデーに必要な費用は以下のようになります。

  • ①ビザ申請費用と健康診断 6万円
    (※2017年1月より申請費用が390ドルに変更)
  • ②片道航空券代 5万円
  • ③海外旅行保険 15万円
  • ④生活費 120万円
    (※家賃などをひっくるめて1カ月およそ1,000ドルとして計算)
  • ⑤英語学校学費 50万(4カ月間)
  • ⑥交通費 5万円 
  • 合計 201万円

これらの費用の例から仕事で得た収入を引きます。100万円稼いだとすれば、差し引きおよそ100万くらいになりますね。

おのずと都市、生活パターン、語学学校へ行くかどうか、家賃、また現地でどれだけ収入を得ることができるかで費用の合計は大きく変わります。上記の例を参考に、自分なりにプラス・マイナスをしながら必要な費用を算出してみて下さいね。

その他の知っておきたい費用

物価高で知られるオーストラリア。その他にかかる費用についても気になるところですよね。早速、知っておくと便利なものを挙げてみましょう。

  • 映画20ドル
  • 室内プール20ドル
  • 屋外プール10ドル
  • クリケット・ラグビー観戦一般席20ドルから50ドル
  • 動物園1人30ドル
  • テーマパーク最低1人50ドル
  • 図書館無料

夏の暑い時期、クーラーのきいた図書館は無料で過ごせる憩いの場所です。英語の小説や図鑑、オーストラリアの歴史本など興味深い文献も多数所蔵していますので、時間がある時は住んでいる街にある図書館に足を運んでみるのもおすすめです。

2.オーストラリアワーホリ費用を抑えたい!生活費の節約術とは?

「ワーキングホリデー中は節約との戦いだ!」そうは言いながら、意外と無意識のうちに無駄遣いをしてしまっていることも多いかもしれません。思い切ってその無駄をキレイさっぱり取り除いてみてはいかがでしょうか?

ヘルシーで料理も上手くなる!食事は自炊で

自炊は基本中の基本。外食は極力さけて、ランチはサンドイッチやランチボックス、夕食は手作りでまかなうようにします。

「今まで料理なんかしたことないよ」そんな人には願ってもないチャンスです。どんな食材を使ってどれくらいの費用で一食作れるのか、経済観念がしかりと磨かれる上、料理の腕にも磨きがかかります。

オーストラリアはパスタなどの小麦製品がとても安く、500g入りで1パック2ドルかかりません。お米は国産米になりますが、1㎏5ドルから7ドルで購入できます。夕食を外で食べると軽く20ドルは飛んでいくので、これはぜひとも実践したい節約術です。

タバコは1箱20ドル!禁煙に成功した人も

オーストラリアに来て日本人が一番驚くことはタバコの値段です。冗談でも何でもなく、1箱20ドルします。政府が2016年に踏み切った「禁煙」への強攻策でタバコの値段が嘘のように釣り上げられ、タバコは今や高級嗜好品となってしまいました。

これを機にタバコを減らしたり、禁煙に踏み切る人も多いです。喫煙者にとっては厳しい状況と言えますが、純粋に高価過ぎて喫煙を続けていけないというのが現状のようです。

喫煙者にとって健康を取り戻す良いチャンスなのか、それともありがた迷惑なのかは賛否両論といったところですが、本気でワーホリ中に節約をしたいなら本数を減らしながら、最終的には禁煙への道も開けてくるかもしれません。

自転車で健康維持!交通費は意外と削れる

節約術のもう一つの救世主は自転車です。中古だと50ドルくらいから、新品でも200ドルぐらいから購入できます。電車やバスを利用する代わりに自転車で移動!かかる費用は初期投資の自転車購入代とヘルメット代だけで済みます。

健康的に自転車を利用するのはオーストラリアならではの得策と言えますよね。実際、自転車で通勤したり市街地を走る人を多くみかけます。健康維持に対する熱意や習慣がしっかりと感じられますね。

車のようにガソリンも税金も何も費用がかからないので、健康維持はもちろん、節約には切っても切れないアイテムと言えそうです。

お酒は自宅で!バーで3倍の値段を払うのはバカバカしい

バーで生ビール、お酒、ワイン、カクテル類を頼むと一杯最低でも10ドルします。バーに行くと、ほとんど一杯で終わることってないですよね?2杯、3杯、20ドル、30ドルとお金が羽を生えたように飛んでいってしまいます。

でも、自宅で飲むと1缶3ドルから5ドルくらいで済みます。好きな映画を見ながら、また友達とおしゃべりしながらゆっくりお酒を飲むのも楽しいですよね。

もちろん飲みすぎには注意したいところですが、本気で節約したいならバーに行くのは控えて、自宅でお酒を飲む方が賢明です。

確実に節約をするには、1ヶ月の生活費がどれくらいかかるかを把握しておくことも大切です。その上で削れるところを徹底的にやっつけていきましょう!やればできる節約術はまだまだありますので、楽しく実践してみ下さい。

下記記事で生活費の内訳と生活費を抑えるコツをご紹介しています。
» 参考:どれくらいかかる?オーストラリアワーキングホリデーで必要な生活費

今回は費用についてお話ししました。ワーキングホリデーでかかる費用を把握しておくことはとても重要で、のちに「お金が足りない!」という非常事態を回避することにもつながります。個人によってかかる費用も変わってくるので、実際に自分自身が必要な費用ををしっかり算出しておきましょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)