皆さんの中でオーストラリアワーホリをスタートさせる前に参考になる本、ぜひ持っていきたい語学の本などをお探しの方がいらっしゃるのではないでしょうか!?

今回はそんな方々のためにおすすめの本をカテゴリー別にご紹介していきます!参考になるものばかりなので、必見の記事になっていますよ☆

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.オーストラリアワーホリ前に読むべき本とは

オーストラリアdeワーキングホリデー 改訂版

小野田宗高(SOH)とワーホリ仲間たち(著)イカロス出版

これはワーホリ前にぜひ読んでおきたい本です。「ワーホリに行くこと決めたけど何から始めればいいのか分からない…」「日本でワーホリに向けてやるべきことって?」そんな疑問を皆さんお持ちですよね。この本があれば、そんな疑問を解決してくれるのです。

こちらの著者自身も、オーストラリアのゴールドコーストに暮らし、その後留学エージェントを経営している方なので、ワーホリ経験者として、これからのワーホリする人々の目線に合わせて書かれています。

ライフパッキング 未来を生きるためのモノと知恵

高城 剛(著)晋遊舎

こちらの書籍ではワーホリ用の書籍ではないのですが、世界を駆け回るために本当に必要な持ち物に関してのことが書かれています。ワーホリへ向けてのパッキングというのはついつい詰め込んでしまうのが皆さんに全員と言っていいほど共通していること…

しかし、こちらの書籍を読めば、まとまったパッキングをすることができ、余分な荷物を減らすことができるでしょう。独創的なアイディアがたくさん詰め込まれていて、読んでいてためになる書籍です。

セカ就!世界で就職するという選択肢

森山 たつを(著)朝日出版社

ワーホリ後に誰もがぶち当たる課題というのが就職ですよね。ワーホリを経て、何がしたいのか、この経験を仕事して活かせることができるのか、多くの人がこの課題に頭を悩ませるのだと思います。

こちらの書籍では、ワーホリ後に日本に戻らずに世界で就職することを題に、小説感覚で読むことができる本です。どのような流れで就職すればいいのか、その時にぶち当たる壁とは何なのか、などが書かれています。

オーストラリアという自由な国から戻り、日本のハードワークに戻りたいというのは少ないとは思うのですが、そんな方々に一度読んでみていただきたい内容になっています。

2.オーストラリアワーホリに持っていきたい語学力アップのための参考書

瞬間英作文

森沢 洋介(著)ベレ出版

こちらの書籍をご存知の方が多いのでは?と思うほど、有名なのがこちらの語学本。こちらの書籍でありがたいポイントが、短い英文を繰り返して喋る練習ができるという点です。

よく分厚い参考書を購入して、英語の勉強にチャレンジしようとする人がいるのですが、よっぽどの確固なる意思がないとそれを続けるのは難しいでしょう…しかし、こちらの書籍では日常生活で使える短い文章が一通り網羅されているので、これを制覇すれば、日常生活の英語は制覇したと言えるのではないでしょうか。基本英文から着実に身につけていきたいという人におすすめの本です。

IELTS必須英単語4400

林 功(著)小玉 英央(著)ベレ出版

私自身も実際に使用しているこちらの書籍ではIELTSの過去問題を徹底的に分析・厳選した必須英単語3300、英熟語1100が収録されています。また、英単語の重要度ごとにA〜Dまでに分けられており、レベル別で確実に学習していくことができます。他の単語本のように内容が混雑しておらず、シンプルに学習することができるので、重宝しています。

音声をダウンロードすることも可能なので、移動中でも聞き流しながら学習できるのもありがたいポイントです。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

Educational Testing Service(著)国際ビジネスコミュニケーション協会

帰国してぜひチャレンジしたいのがTOEICですよね。その中で勉強しておきたいのが、やはり公式問題集です。本試験に近い形で問題と英文が作成されており、より本格的に勉強していくことができるものとなっています。このような公式問題集で勉強をしておくと、実際の試験でも、リスニング、リーディング共に解ける問題数が増えてきます。

3.併せて読みたいオーストラリア観光名所書籍

ことりっぷ 海外版 オーストラリア (旅行ガイド)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部(編集)昭文社

数多くの旅行ガイドブックが発売されていますが、こちらのガイドブックは「女性をターゲットに、2泊3日程度で巡る旅のガイドブック」として、発売されています。女性にとって非常に重宝するのがこちらのガイドブックなのです。また、女性にとって旅の中で大事なのが観光名所以外にショップやレストラン。それもたくさん掲載されています。

観光名所を制覇したい!という人には情報が少なく、あまりおすすめできない一冊ですが、女性にとってはこれぐらいが十分であり、重宝する一冊です。

025 地球の歩き方 aruco オーストラリア 2016~2017 (地球の歩き方aruco)

地球の歩き方編集室(編集)ダイヤモンド・ビッグ社

こちらは地球の歩き方を編集している編集部が書いたオーストラリアガイドブックです。地球の歩き方と言えば、日本で販売されているガイドブックの中でもトップの情報量を誇るガイドブックとなっているのではないでしょうか。

その編集部たちが旅好き女子のためのプチ応援ガイドとして、作ったのがこちらです。そのため、とてもポップで地球の歩き方よりも、より読みやすい内容となっています。地球の歩き方が持つオーストラリア全土の情報が併せて掲載されているので、観光名所や流行りのショップなどと役立つ一冊です。

皆さん、いかがでしたでしょうか?役立つ一冊は見つかりましたか?

オーストラリア渡航に向けて、心の準備や語学力向上のための準備も非常に大切になってきます。その中でネットの情報を頼りにする人が多いですが、書籍というのはより情報が確実で明確であるので、ぜひ書籍からの情報も得ていただいた方がいいのではないかと思います。お気に入りの一冊をぜひバッグに詰め込んで、渡航に挑んでくださいね☆

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

渡航後の滞在先や現地での仕事探しや帰国後の英会話1年分無料など、
ワーホリ希望の方に特化したサービスを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)