シドニーは、オーストラリアの中でも多くの語学学校が多く集まる人気の都市です。

シドニーの語学学校は、学校数の多さだけでなく、コースの種類も多いため、選択肢が広がります。

日常的に英語がスラスラ話せるようになりたい、大学進学のために試験対策をしたい、資格を取得したいなど、目的別に最適な学校選びをしましょう。

今回は、シドニーの語学学校へ通う方に向けて、留学費用の相場とおすすめ語学学校5選をご紹介しましょう。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

シドニー留学はいくらからできるの?


 
シドニーの語学学校の費用相場は、1週間の場合は約350ドル、1ヶ月間の場合は1,400ドル(約20万円)です。

語学学校の留学費用は、選ぶ語学学校や受講するコース、留学する期間、滞在方法によって大きく変わります。

シドニーは物価の高さが影響し、語学留学費用は、生活費も含めると1ヶ月間で約55万円の費用がかかります。

【期間別】シドニー留学費用

留学期間 費相場
約1ヶ月 550,000円〜
約半年 2,700,000円〜
約1年間 4,500,000円〜

シドニー語学学校へ通う場合、滞在方法は、ホームステイ、寮、シェアハウスの選択肢があり、どれを選ぶかによって費用が変わってきます。

一番人気のホームステイは、ホストファミリーとオーストラリアの生活を実体験できるのがポイント。

ホームステイの費用は、1ヶ月間で10万円から17万円が相場となっており、食費や生活費が含まれています。

個室を用意しているホストファミリーを選ぶと、プライバシーも守られて滞在費用を抑えられるのでおすすめです。

留学生達とコミニュケーションを取りながら楽しく過ごしたい方には、寮(レジデンス)が向いています。

寮生活にかかるは1ヶ月約10万円〜20万円と幅広く、立地条件や個室・ドミトリー(相部屋)、食事の有無によって変わります。

学校の敷地内にある寮を選ぶと、学校までの交通費を抑えられるのもメリット。

多国籍な友達を作りたい方、自分のペースで生活したい人に最適です。

シドニーの語学学校に3ヶ月以上の長期留学を検討されている方は、リーズナブルなシェアハウスがおすすめです。

立地条件によって費用は異なりますが、相場は1ヶ月間で10万円です。

語学学校の近くでシェアハウスを見つければ、通学時間と費用を抑えることができます。

シドニーのおすすめ語学学校5選

シドニーは、オーストラリアでの最も歴史のある国際都市であり、多くの観光名所も楽しむことができます。

授業外にはシドニーハーバーや美しいビーチ、象徴的な建築物、美術館などを満期するのも良いでしょう。

ここからは、シドニーのおすすめ語学学校5選をご紹介していきます。

Langports

シドニー校の他にも、ブリスベン校、ゴールドコースト校があり、転校することも可能です。

ラングポーツならではの英語プログラムである「UFO English」では、個々の英語レベル・目標に合わせて、一人ひとり異なる時間割を作成し、レベルに最適なクラスを受けることができます。

5週間のTOEIC対策コースがあり、スコアアップのスキルを学べると日本からの留学生に評判です。

KAPLAN

オーストラリアには6つのキャンパスがあり、シドニー、マンリー、ブリスベン、メルボルン、アデレード、パースがあります。

キャンパスの転校も可能となっており、都市によって異なる雰囲気を味わうことができます。

カプラン独自の学習システム、K+システムを採用しており、学習ツールを利用して苦手分野を集中的に学習することができるのがメリット。

最先端のマルチメディアを搭載して、自主学習に集中できるオンラインラーニングも積極的に取りいれています。

Ability

シドニー校は、一般英語コースの他、発音矯正コースに定評があり、世界中から留学生が集まっています。

ケンブリッジ検定対策コース、IELTSなどの試験対策コースなど試験対策にも力を入れています。

他の語学学校と比較して、アビリティーシドニー校は、日本人率は年間平均13%と低め数値です。

日本人が少なくヨーロッパからの留学生が多く、国際的な雰囲気のある語学学校をお探しの方におすすめ。

シドニーの他、メルボルン校にもキャンパスがあり転校することも可能です。

ILSC

周辺にはシドニー・タワー、重厚な歴史的建造物などがあり、ショッピングや観光にも便利な場所が人気のポイント。

ILSCは授業が全て選択制となっており、一般英語であるコミュニケーションクラス、初中級にレベル分けされたビジネス英語、試験対策、スピーキングの強化などを用意しています。

帰国後にもグローバル人材に役立つ、プレゼンテーション・ディスカッション・ディベート・自己主張スキルを習得できます。

ILSCは多彩な選択コースだけでなく、チャリティーイベント、学外でのボランティアなどアクティビティに気軽に参加する環境が整っています。

Navitas

最寄り駅はMuseum駅、目の前には緑豊かなハイドパークが広がっています。

ナビタス・イングリッシュは6つにレベル分けされ独自カリキュラムによる英語授業を受けられます。

長年の英語教育に携わった経験豊富な教師が揃い、質の高さも評判です。

コースの種類は、一般英語、ビジネス英語、TOEICI、ELTS、ケンブリッジ検定対策、英語教師養成コースがあり、幅広い選択肢があります。

日本人スタッフも常駐しており、コンピューター・DVD ルームなど施設やサポート体制も万全です。

まとめ

今回は、シドニーの語学学校に必要な留学費用、おすすめの語学学校をご紹介しました。

留学にかかる費用は、通う学校や受講するコース、留学期間、滞在方法・エリアによって大きく変わっていきます。

現地の生活費は、観光やショッピングも楽しみたい方はかさんでしまいますので注意しましょう。

学費や滞在費用の他、生活費も含めたトータル費用の予算内で、最適な学校選びましょう。
▶オーストラリア最大の都市シドニー!その中でのワーホリ生活とは?!

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する