夢のオーストラリア留学に向けて、ビザの手配や学校の選択など着々と準備が進んでいると思いますが、渡航前に気にかかることの1つとして予防接種が挙げられます。

日本を出てオーストラリアで生活をするにあたり、どのようなワクチンの接種が必要なのかよくわからない人も多いのではないでしょうか?おそらく「接種しなければならないのか」それとも「接種しなくてもよいのか」この部分が一番知りたいところだと思います。

今回はオーストラリア留学で必要な予防接種について、生活面で気を付けたいことと併せてご紹介しています。どうぞ、参考にしてみて下さいね。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.オーストラリア留学で必要な予防接種やワクチンについて

オーストラリアに留学するなら、予防接種や必要なワクチンについて知っておきましょう。オーストラリアには感染危険情報(変動あり)に基づいた推奨されるワクチンがあります。オーストラリアでの滞在期間や他の国への渡航予定など医療機関に相談するようにしながら、適切な予防接種を受けるようにしましょう。

推奨されている予防接種

オーストラリア渡航で推奨されている予防接種は以下の通りです。

  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • 日本脳炎
  • 狂犬病

この他、MMR(風疹、麻疹、おたふく)、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)、ポリオなどのワクチンの追加を接種していない人も医療機関の指示に従うようにしましょう。「10年前は大丈夫だったから、今回も問題ないだろう」と自己判断をあおらないようにすることが大切。感染症の危険度が低いオーストラリアでも状況が変わることがあります。
» 関連:オーストラリアワーホリ前に予防接種は必要?不要?総まとめ解説です

予防接種を受けるには?

海外渡航者向けのワクチン接種は検疫所で行っています。詳しくは下記のサイトでお近くの検疫所をお探し下さい。
» 厚生労働省FORTH 検疫所電話相談機関一覧
» 厚生労働省検疫所 予防接種実施期間検索

インフルエンザの予防接種について

日本では毎年12月~3月ごろに流行りますが、オーストラリアでは4月~10月がインフルエンザが心配される時期になります。渡航前に、インフルエンザの予防接種についても医療機関に相談をしておきましょう。

インフルエンザは毎年冬の時期に起こる病気で、インフルエザウィルスに感染することによって高熱を出すのが特徴です。インフルエンザの症状は風邪に似ていますが、38度以上の熱があり、寒気、震え、倦怠感、関節痛、筋肉痛、頭痛、鼻水、喉の腫れなどが見られるのが特徴です。セルフチェックをして少しでも「おかしいな?」と思ったら、現地のGP(General Practitioner=一般開業医)に相談して下さいね。 

オーストラリアの医療制度は日本と異なり、皮膚科、眼科、外科、内科に最初から診察に行くことはありません。まずGPという一般開業医で症状を伝えてから、専門的な治療が必要な場合は専門医を紹介してもらいます。風邪、湿疹、目のかゆみなど、緊急ではなく症状の軽い場合はGPで診察をしてもらい処方箋をもらい薬局で薬を受け取ります。インフルエンザの場合も、おおむねGPでの処置で済むことが多いです。

2.オーストラリアで安全生活!こんなことにも注意しよう

予防接種に必要な病気についてご紹介しましたが、オーストラリアの日常生活でも気を付けておきたいことがいくつかあります。

虫刺され

 
キャンプで水辺近くの野外でテントを張る時や、草むら、ファームエリアを訪れる時は、蚊やブヨ、アリ、クモ、その他のムシにさされないように注しましょう。

虫よけのスプレーや虫よけ対策グッズはスーパーや薬局でも売っていますので、持参するようにして下さい。スプレーを添付の際は、顔にかけないように(特に目やまぶたは要注意) 使用後はしっかり手洗いをして下さい。

動物による噛み傷

 
都市部ではほとんど見られませんが、郊外や田舎町で大型動物や野生の犬などに噛まれた時は、どんな小さな傷でも病院に行くようにして下さい。

診察時には「いつ、どこで、〇〇に噛まれた」と告げてから診断を受けるようにしましょう。噛み傷の応急措置としては、石鹸と水でさっと流し洗いをすること、消毒剤で傷を洗浄することなどが挙げられます。基本的に傷口を清潔にすることが大切です。

毒グモ・毒蛇

オーストラリアにはレッドバック・スパイダーやブラウンスネークなど毒を持つ生き物がいます。レッドバックスパイダーは黒の小豆型の体に赤の線が入った毒グモです。古木の裏や、倉庫の隅など隠れた場所に巣を張るので、都心でも田舎でも、倉庫に入る時は気を付けながら入りましょう。間違っても素手でたたいたりしないように、死骸でも毒が体内に残っているので触らないようにして下さい。

ブラウンスネークを見かけた時はとにかく距離を置くようにし、周囲の人にも知らせるようにします。ヘビは振動で物事を察知すると言われていますが、自分より大きなものに対しては臆病です。万が一、毒グモや毒蛇に噛まれたら一早く000へ電話をして、近くのGP、または総合病院のエマージェンシーへ行ってください。

オーストラリアという国柄、解毒処置が敏速でアフターケアは万全ですので、心配をし過ぎないように、敏速に行動して下さいね。

日本国内でも言えることですが、オーストラリアに滞在中は必ずハンドソープやハンドジェルを使って手を洗ってから食事をするようにし、夏の暑い時期は寿司や刺身などの生ものにも気を付けるようにしましょう。

GPは留学生にとっても心強い味方です。海外旅行保険に入っていれば医療費もカバーされるので、体調が悪い時には診察してもらうようにしましょう。オーストラリア留学では安全と健康に気を使いながら生活を送るようにしたいですね。

▶ご相談されたい方はこちら

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

» 無料でプロに相談する