「留学=お金」 必ずしも1イコールで結びつく関係ではないかもしれませんが、「留学」を考えた時に頭をよぎるのが「お金」や「費用」についてではないでしょうか?

オーストラリア留学の実現に向けて着実に歩み寄っている人も多いと思いますが、出発前にかかる費用や渡航後の当面の生活費など、あらかじめ準備をしておきたい費用のことも知っておきたいですよね。

今回はオーストラリア留学を1年間した時にかかる費用例を中心に、どんなことにどれくらいお金が必要なのかを解説しましょう。

    

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.オーストラリア留学で気になる「費用やお金のこと」


まずは、オーストラリア留学で必要なお金についてです。物価高など気になることもありますが、基本的に日本と同じくらいだと思って渡航すれば大丈夫。あとは、少しだけアジャストが必要なだけです。

物価高のオーストラリア 生活費にも影響する?

オーストラリアへの留学を考える時に、学費と共に気になるのが現地の物価です。オーストラリアは物価高で知られていますが、上手にやりくりすれば快適で無理のない生活を送ることができます。

滞在先なら最初の1ヶ月はホームステイでも、以降は家賃が安価なシェアハウスへ移るのもよいでしょう。シェアハウスは留学生が最も利用する滞在先のカタチ。国際交流が楽しめる上、自立心と自己管理がしっかり養えるのが特徴です。

食費に関しては、高いものと安いもの知識を始めに頭にいれておけば無駄な買い物が防げます。物価高のオーストラリアですが、賢く節約すれば怖いものなし!スーパーで食材の値段をチェックしていれば、日本よりも安い食材だって見つけることができます。もっとも、オーストラリアは高時給国なのでアルバイトをすればお金も貯めることだって可能であることをお忘れなく!

オーストラリアは間違っても物価が安い国ではありませんが、「物価が高いから心配」と、そのような不安を抱くのは取り越し苦労です。大丈夫ですよ。

オーストラリアの学費は高いグループに入る

 
留学先にはアメリカ、イギリス、フランス、カナダ、ニュージーランド、フィリピンなど、英語を母国語とする(または話す)国はいくつかありますが、中でもオーストラリアの学費は高いグループに入ると言えます。

ちなみに学費が最も高いのがイギリス、続いてアメリカ、そして、オーストラリア・ニュージランド・カナダの順になりますが、費用的にはそれほど差はありません。(条件によっては順位が逆転することもあります)

一方、フィリピンはレベルの高い英語教育が受けられる上、学費もオーストラリアの6分の1くらいに抑えることができる国です。費用面でオーストラリアへの留学が厳しい人は、フィリピン留学を視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか?

2.オーストラリア留学1年で必要な費用 徹底解説!


ワーキングホリデーを含めて、留学期間でポピュラーなのが1年間です。

3つの柱は学費・滞在費・生活費 

オーストラリア留学で気になる費用には、大きな3つの柱があります。まず、入学金、授業料、教科書代などの「学費」。この費用が準備できないと学校に行けませんね。

そして、ホームステイ、シェアハウス、ドミトリーなどの「滞在費」。どのスタイルを選択するかによって費用が異なりますが、シェアハウスは一般的にリーゾナブルです。滞在都市やエリアによって1週間の家賃が異なりますので、しっかり確認をしましょう。

最後は食費、交通費、インターネット代、携帯電話料金などの「生活費」です。節約するなら食費の見直しが一番。「No!外食 Yes!自炊」のスタンスで節約を実行しましょう。

費用の参考例

早速、例を挙げて費用をご紹介しましょう。メルボルン滞在で語学学校へ1年間通い、平均的なライフスタイルを送っている人の例です。この費用例から食費や滞在費などで節約をしていけば、もっと安く抑えることができます。

費用の内容 必要な費用
学生ビザ申請料金 575ドル(45,573円)
滞在費 最初の1ヶ月ホームステイ1,100ドル 
残り11カ月シェアハウス 週180ドルx44週 7,920ドル
                 
合計9,020ドル(784,740円)
食費 週120ドルx48週=7,200ドル(627,000円)
学費 学費 週300ドルx48週間(1年) =14,400ドル(1,252,800円)
交通費(電車・バス) 月100ドルx12ヶ月=1,200ドル(104,500円)
その他(観光・ショッピング等) 月100ドルx12ヶ月=1,200ドル(104,500円)
通信費(携帯電話・インターネット) 月20ドルx12ヶ月=240ドル(20,900円)
航空券 7万円
海外保険 10万円
合計 3,110,013円

 
※アルバイトをすれば負担が軽くなります。
例えば・・・月1,000ドルx10カ月=10,000ドル ⇒ 87万を費用に充てることができます。そうすれば、およそ224万くらいまでおさえることができます。

みなさん、いかがでしたか?1年間のオーストラリア留学にかかる費用は参考例です。ですので、ご紹介した数字より何十万もおさえて留学を終えた人もいます。

オーストラリアでの留学生活をストレスフリーで送るには、お金についての過剰な心配は禁物。なぜなら、オーストラリアの一番の誇りである「自然」をエンジョイするのにお金は必要ないからです。美しいビーチやリバー、トレッキング、BBQ設備のある公園、バラエティ豊かな本が楽しめる図書館、これらはすべて無料です。

物価高を上手に交わして、快適で思い出深いオーストラリア留学を実現させてくださいね。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)