留学国の中でも特に人気を集めているのがオーストラリア。皆さんは広大な土地を持つオーストラリアの中でもどの都市に留学生がたくさん集まっているかをご存知ですか?

今回はオーストラリア留学人気都市をランキング形式で発表、その都市それぞれが持つ特徴をご紹介していきます。都市選びに迷っている方々、必見の記事ですよ!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.オーストラリア留学人気都市ランキング&特徴

皆さんはどのような街に腰を据えて勉強に励みたいですか?このランキングの中に皆さんが求める情報が詰まっているかも!早速、ランキングとそれらの特徴を見ていきましょう!

第1位シドニー

オーストラリアの中でも特に人気を集めるのがシドニー!オーストラリア主要都市の中でも一番の人口を誇り、商業や金融などの中心地です。未だにイギリス植民地時代の面影残る英国調の街並みと近代的な高層ビルが立ち並ぶビッグシティであり、日本でいうと東京を感じさせるような都市であります。しかし、オーストラリアらしい、少し都会から離れればたくさんの自然やビーチを楽しむことができ、都会とオアシスを楽しめるようなそんな都市です。記憶にも新しいオリンピックが開催された都市でもあり、観光地としても注目を集めています。

留学地としては他の主要都市と比べ、学校が多いというのはもちろんのこと、働く場所が多いのも魅力の一つです。活気溢れる街のため、その分魅力が多くや誘惑も多く、飽きない街だと言えるでしょう。

第2位メルボルン

オーストラリア第2の都市メルボルン。人口の約4分の1が世界140カ国から集まっているという移民国家オーストラリアでも特に多国籍、異国情緒を感じる都市であります。カフェ文化が根強いオーストラリアの中でも特にカフェが多く、オープンカフェの景色からおしゃれな街としても名が知られているのです。その他にもテニスの全豪オープン、F1グランプリ、ゴルフの全豪マスターズ、競馬のメルボルンカップなどの世界的イベント、ショッピングやアートなども至る所で楽しむことができ、アーティストが集まる街としても人気を集めています。

また、メルボルンは「教育の街」としても有名です。教育水準の高い学校、メルボルン大学、ビクトリア大学、モナッシュ大学、ディーキン大学、ラトローブ大学、RMIT大学、スインバーン大学、といったオーストラリアでも有数の有名大学が多数存在しており、集中して勉強したい人におすすめの街であります。州からの留学生に対するサポートも充実しており、親御さんが安心して行かせることのできる街となっています。

第3位ブリスベン

オーストラリア第3の都市であり、別名「サンシャインステート(太陽の州)」という名を持つブリスベン。年間を通じて比較的に温暖であり、青空をたくさん眺めることのできる街であります。大きな街ではありませんが、コンパクトな街のために何をするにも便利な街です。街の中にはたくさんの緑があふれており、近代的なビル群と歴史的建造物を楽しむことができます。他の主要都市と比べると派手さは劣りますが、物価も比較的に高くなく、落ち着いて毎日を過ごすことのできるのが魅力の一つです。

そして、ブリスベンから少し離れると人気のリゾート地、ゴールドコーストやサンシャインコースとなどにアクセスすることもでき、気軽に週末バカンスを楽しむことができるのも人気理由であります。また、シドニー、メルボルンと比べると日本人も多くなく、英語環境を完全に作り上げたい人にはおすすめの街です。

2.【番外編】ランク外だけど留学生におすすめしたい都市3つ

残念ながらランク外だった街にもどの街にしようか迷ってしまうほど、たくさんの魅力が詰まっています。ぜひ、それを皆さんにも知っていただきたいので、ご紹介していきますね!

おすすめその①:ゴールドコースト

オーストラリア最大の観光都市であるゴールドコースト。日本人なら一度は行ってみたいと憧れを持つ街であります。そんなゴールドコーストの一番の魅力は真っ白な砂浜が美しいビーチと透明度の高い海ですよね!ビーチに囲まれながら勉強ができる環境が整っているゴールドコーストは贅沢そのもの。

また、観光産業が盛んであるため、留学先の学校などでは観光業やホスピタリティを学ぶことができたりします。マリンスポーツやアクティビティ好きにはたまらない留学都市の一つです。

おすすめその②:パース

一度訪れたらまた訪れたくなると言われているのがこのパース。「世界で最も住みやすい都市」としても選ばれており、スローライフを送ることができます。また、海、川、湖、緑などの自然に囲まれているパースはそれらの自然の景観を損なわないよう精巧に交通網までもが計画されています。そして、土地柄的にパースに住む人々はとても穏やかで温かい人ばかりだといいます。道端で迷っていれば、必ず誰かが声をかけてくれるそんな街です。

ゆっくりと落ち着きながら勉強できる環境が整っており、騒がしいのが苦手な人にぴったりの留学都市になっています。

おすすめその③:タスマニア

オーストラリア本土から少し離れた島に位置しているタスマニア。メルボルンから飛行機で約1時間。あまり日本人にとっては聞いたことがない都市かもしれませんね。手つかずの自然が未だにたくさん残っており、1日の中でも四季があると言われる街であります。また、タスマニアにしか存在していない動物たちもたくさん生存しており、自然や動物好きにはたまらない街です。

留学地として、タスマニアには優秀な教師たちが揃っていると言われています。日本人も少なく、物価もオーストラリア本土に比べて安価のため、じっくりと勉強がしたいという人におすすめの留学都市です。

皆さま、いかがでしたでしょうか!?気になる留学都市を発見することができましたか!?

ここには書ききれないほどそれぞれの都市が魅力を持っているのです。どの都市に留学をしても、皆さま自身の生き方で大きく留学ライフが変わってきます。皆さま自身の軸、目標、夢を忘れずに前へ前へと突き進み、人生の中でもとびっきりの学生ライフを楽しんでくださいね!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)