オーストラリア留学を考えるにあたって、オーストラリアにいる日本人の実態について考えたことはありますか?日本人比率や差別、仕事などなど。実際にオーストラリアに行くとその一員になるのが皆さんです。

今回は気になるオーストラリアにいる日本人のあれこれについてご紹介していきます!オーストラリア留学をお考えの方は読んでおきたい記事ですよ!

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.統計表で見るオーストラリア都市別日本人比率!

一体、オーストラリアにはどれほどの日本人が生活を営んでいるのでしょうか?都市別に見れば、皆さんに適した都市が見つかるかもしれませんので、早速見ていきましょう!

  オーストラリア州名 日本人人口 比率
第1位 New South Wales(シドニー) 12,108 34.2%
第2位 Queensland
(ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ)
10,317 29.2%
第3位 Victoria(メルボルン) 6,820 19.3%
第4位 Western Australia(パース) 3,564 10.1%
第5位 South Australia(アデレード) 1,385 3.9%
第6位 Australia Capital Territory(キャンベラ) 666 1.9%
第7位 Tasmania(ホバート) 340 1%
第8位 Northern Territory(ダーウィン) 171 0.5%

※上記は2011年にオーストラリア政府が発表したもの参考にしたものです。
参考:Community Information Summary

上記の表を見る限り、やはり人気があるのがオーストラリア最大の都市シドニーでしたね!シドニーでは街中を歩いていれば、常に日本人やアジア人が見受けられます。これは移民国家ならではの光景ともいえるでしょう。第2位のクイーンズランドはゴールドコーストを代表とし、太陽とビーチの魅力からかたくさんの日本人が好むようですね!

最下位に位置したダーウィンは夏にはオーストラリアの中でも特に暑く、湿度が非常に高いことで知られています。大きな都市ではなく、気候の関係からかあまり日本人が住んでいないのかもしれませんね。しかし、冬になればちょうどいい気温で過ごすことができますよ!

2.オーストラリア留学で日本人は仕事をゲットできる?

留学している間にやはり経験としても必要となるのがオーストラリアでの仕事ですよね。大学などに通う方だと英語もそれなりに堪能なはず。そのような方でしたら、ローカルの仕事ももちろん狙うことができます。

しかし、多くの日本人は日本人がいる環境、例えばジャパニーズレストランや寿司屋などで働いている傾向があります。これは職場環境自体が働きやすい、賄いが出るなどのメリットがあるためだと思います。一方、ローカルジョブの場合だとオージーとの文化の違いがあるためにそもそも合わないという問題があるのかもしれません。どちらかと言えば、オージーの働き方は緩く、人によっては一緒に働いていてイライラすることだって考えられます。

私が働いていた寿司屋ではたくさんのオーストラリアにて永住する人がいましたが、その同僚たちは「職場ぐらいは日本人環境がいい」という人が多かったです。ローカルジョブでも日本人環境の職場、どちらでもいい経験にはなるので、オーストラリアで働くこと自体はおすすめしますよ!

3.オーストラリアで日本人に対する差別は存在している?

移民国家であるオーストラリアにはたくさんの外国人が住んでいます。そのオーストラリアで差別は未だに存在しているのか。これはYESです。私自身はまだ差別というものを受けたことはないのですが、少なからずとも差別は存在しているようです。ショッピングセンターで不当な態度をされたり、無視されたりなど。

国の政策が多文化主義に変わってからは若い世代からの差別は比較的に少ないです。しかし、白豪主義と呼ばれる白人最優先主義とそれに基づく非白人への排除政策はオーストラリアで1975年まで続いていたのだとか。そのため、未だに差別が存在しているのは一概には言えませんが、少し歳を召された方々からのものだと思えます。

差別があると言っても基本的にオージーはとてもフレンドリーですよ!差別を一度受けると悔しく、オージーと接するのが怖くなるのはもちろんのことです。しかし、差別をする人よりも皆さま自身を理解してくれる人の方が多いと私は思います。そのため、もしオーストラリアで差別を受けたとしても、屈せずに皆さまらしく戦っていきましょう!

皆さま、いかがでしたでしょうか!?オーストラリア留学を考えるにあたって、少しはためになる情報になりましたか!?

オーストラリアにはたくさんの日本人という仲間が存在しています。行けば必ず素晴らしき仲間と出会うことができ、同じ経験や価値観を持ちながら過ごしていくことができますよ!そして、ぜひ日本人という誇りを持って、オーストラリア留学に臨んでくださいね!