オーストラリアに限らず海外へ渡航する時に加入しておきたいのが海外旅行保険です。現地では日本の保険が利かないため、必ず入っておく必要があります。

学生ビザで留学する人はOSHCという保険に加入することが義務付けられていますが、現地での「万が一」を手厚く保障するために、海外旅行保険への加入をおすすめします。

オーストラリアでは都心部では交通量も多く、思わぬ事故も起こりがち。治療費や賠償費用、長期の入院費用や盗難・破損保障などをカバーしてくれる海外保険は、留学生にとっても安心できる存在でしょう。

今回はオーストラリア留学での保険について、おすすめの保険会社を挙げながら総合的にご紹介したいと思います。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.オーストラリアの医療費は保険でカバーしよう【心配事を減らすために】

「もしもの時に」「万が一のために」 保険に入る時の代名詞ですが、海外ではいつ何が起こるかわかりません。異国で生活をするからこそ、保険は日本にいる時以上に大切なものになります。

OSHCや海外旅行保険は必須

オーストラリアに学生ビザを取得して留学に行く人は現地での医療費をカバーするためのOSHCという保険に加入しなければなりません。

オーストラリアに住んでいる人々はMedicareという医療保険に加入しているため、医療費はほとんどカバーされますが、留学生やワーキングホリデーメーカーの場合話は別。OSHCや海外旅行保険に加入していないと、とんでもなく驚くような高額の請求書が届く可能性があります。

海外では思わぬ事故や予期せぬトラブルが起こるものです。現地で「入っておけばよかった・・・」と後悔しないためにも保険は必要です。

医療費にしっかり対応 海外旅行保険とダブルで加入

 
OSHCは学生ビザを取得した時に加入しなければならない保険ですが、医療費のカバーの範囲が狭いことが気になります。そこで是非加入していただきたいのが海外旅行保険です。

救急車を呼んだ時や大きな交通事故に巻き込まれた時などに発生する、目の飛び出るような高額のの医療費をカバーしてくれるのが海外旅行保険です。学生ビザを取得した人で「OSHCに入っているから大丈夫」と言う人もいますが、多くの留学エージェントが海外旅行保険とのダブル加入を推奨しています。個人的にも同感です。

「キャッシュレス医療可」「盗難・破損対応可」のある海外旅行保険がおすすめです。その他、賠償責任、航空機遅延などのオプションも選ぶことができますので、自分の希望通りの保険の組み立てができます。心強い味方ですので、学生の方もOSHCと併せて海外旅行保険に入っておきましょう。

OSHCの詳細

OSHCは学生ビザ申請時の条件になっている強制保険です。学生ビザを申請する人は必ずOSHCに加入しなければなりません。OSHCはMedibank Private Health Insutrance(メデバンク)やWorldcare Assist(ワールドケア)などの保険会社が取扱いを請け負っています。

ほとんどの場合OSHCの申し込み手続きは留学先の学校が代行します。保険証はオーストラリアに到着してから留学先の学校を通して配布され、保険料は授業料と一緒に請求されます。保険会社は学校によって異なり、学校が提携している保険会社がメディバンクの場合は自分でオンライン上で手続きを行うことになりますので気を付けて下さい。

加えて、一部の学校ではOSHCの一切の手続きを学生に一任するところもありますので、必ず確認をするようにしてください。学生ビザ申請の際ににOSHCの申請証明書の提出も必要になりますので覚えておきましょう。

医療費の例

オーストラリアでの医療費の例をご紹介します。海外旅行保険に入っていない場合、以下のような医療費が請求されます。

  • 風邪など一時的な体調不良:約100ドル
  • レントゲン、血液検査:1回約100ドル~200ドル
    ※精密検査の場合はさらに高額になります
  • 入院:1日約800ドル

もし、点滴を必要とする体調不良や大きな骨折などで1週間入院したらどうでしょうか。日本円で軽く50万円くらいになってしまいます。その他、薬代や治療費がどんどんプラスされていくとなると、やっぱり万が一のために海外旅行保険に加入した方が安心です。

歯の治療は保険が利かない

歯の治療については海外旅行保険が利きません。オーストラリアでの歯科治療費は高いことでも知られていますが、ちょっと歯を削っただけでも一本200ドル前後、抜歯だと一本500ドル~700ドルは当たり前です。ローカルの人でさえもMedicareが利かないので、別の高い保険・プライベート・インシュアランスに入らないといけないというイメージです。

私のオーストラリア人の知り合いで歯を2本治療して1,000ドル以上もかかった人もいますので、留学生のみなさんも渡航前に歯の治療はしっかりしておいて下さいね!

2.オーストラリア留学であなたをしっかりサポート!おすすめの海外旅行保険3選

利用者の口コミや体験談、また数社の留学エージェントの一押しをもとに、おすすめの海外旅行保険を3つ選びました。

保険Times

保障期間1年間の目安費用
164,670円〜
※費用はプランや期間により異なります。詳細はHPを参照ください。

LINEで渡航前のプラン選びから渡航後サポートまで実施していただけ、
保険会社への問い合わせは国際電話料金がかかる場合もある中無料問い合わせは
ありがたいというお声が多数ございます。ビザ申請、学校からの補償内容の指定などに
合わせて、保険Times独自の保険プランも保有しており、利用者満足度が高い。

AIG損害保険株式会社

世界的にも大規模な損害保険会社として知られるAIG損害保険株式会社。加入者の満足度が92%という数字を誇る人気ナンバーワンの保険会社です。最長1年まで保証してくれる長期型保険を提供している上、1年以上を希望する場合も、もとの保険を延長する形で対応をしてくれます。

海外旅行保険の分野でトップクラスのため、他の保険会社に比べて保険料がやや高めですが、世界各国で提携している病院の数が多く、事故やトラブルへの対応力に優れています。24時間対応と安心のクオリティサービスには定評があります。

ジェイアイ傷害火災保険

国内旅行会社では最大手のJTBとAIGグループで運営する保険会社。海外旅行保険「t@biho たびほ」は国内はもちろん海外からでも契約内容の変更、保険機関の延長、保証書の発行がオンライン上でできるのが特徴です。

その他、32歳以下で6カ月以上の滞在をする留学生を対象に、海外旅行保険では珍しい歯科治療費用のオプションがあります。24時間、日本語でのサポートサービスがあり、利便性の高さで不動の人気があります。

Chubb保険

スイスに本社のある海外留学保険に力をいれている世界的に有名な保険会社。手厚い保障と安心のサポートで旅行会社や留学エージェントからの評価が高いことで知られています。

保証期間は3カ月までとなり費用は他の保険に比べると多少高めですが、治療費用の無制限プランや事故による緊急費用補填など、魅力的な要素が多いことで人気があります。

心配レベルを下げるためにも、海外旅行保険にはしっかり入っておきましょう。ちなみに、オーストラリアは日本では考えられない、シャークアタックがある国。年に数人の人が被害に遭っているのも事実です。「備えあれば憂いなし」というように、安心という名の鎧を着て元気にオーストラリア留学を楽しんで下さいね。