高校生の頃は将来への夢が少しずつ具体的に見えてくる時期ですよね。国際派を目指したい、英語を使う職業に就きたい、と小さな思いのつぼみが膨らみ花を咲かせる時期です。オーストラリアへ留学に訪れる高校生たちの瞳もキラキラ輝いています。留学したい!その思いはちょっとやそっとのことではかき消されないほどです。

留学を実現させるには、まず学費や生活費などの費用を把握することが大切です。オーストラリアにも日本と同様、公立と私立の学校があり費用が異なります。

今回はオーストラリア高校留学の費用について、公立と私立の費用を徹底比較しました。学校を選択する時に参考にしてみて下さい。

オーストラリア高校留学の全体像は下記記事をご覧ください。
オーストラリア高校留学の方法と卒業後の進路まとめ【現地校の情報あり】 | EnglishPedia

1.オーストラリア高校留学でかかる費用を徹底比較!【公立VS私立】

日本もオーストラリアも私立は公立より学費が高いです。留学では学生のやる気や英語力も必要ですが、経済的な面もしっかり確認したいですね。

徹底比較!公立学校と私立学校にかかる費用を比較してみよう

1年間にかかる一般的な費用ですが、ロケーションや学校によって異なりますので、あくまで参考としてご覧下さい。

  公立学校の場合 私立学校の場合
学費(授業料) 11,000ドル~14,000ドル 24,000ドル~50,000ドル
入学金 なし 3,000ドル
制服(夏・冬・ポロシャツ・帽子・靴) 250ドル 400ドル
滞在費(ホームステイ・寮) 15,000ドル~18,000ドル 23,000ドル~35,000ドル
エクスカ―ジョン・キャンプ 500ドル 1,000ドル
合計 26,750ドル~32,750ドル 51,400ドル~89,400ドル

※エクスカ―ジョンは遠足のことです。

上記の費用に、航空券代、海外保険料、学生ビザなどの費用がかかります。オーストラリアの公立学校と私立学校では純粋に2倍近く費用が違ってきますね。また、選択する学校によっても費用に幅が出る上、全寮制のボーディングスクールになると費用はぐんと跳ね上がります。

2.オーストラリア高校留学で費用を抑えたいなら交換留学がおすすめ

あなたは費用の心配をすることなく高校留学をしたいですか?それなら交換留学の存在に注目してみましょう。

留学には交換留学と私費留学がある

留学には2つの方法があります。一つは今最もポピュラーな私費留学です。期間や学校、滞在場所など自由に選べるのが特徴で、一般的に言う語学留学やお稽古留学、正規留学(現地の高校を卒業可能)を指します。

一方、交換留学は文化交流を目的とした留学の方法で、条件をクリアしたホストファミリーと生活しながら近くの公立高校に通学します。期間は一年がほとんどで、都市や学校を選ぶことができません。

費用を抑えるなら交換留学がおすすめ

 
交換留学の場合、費用の面では安く抑えることができるのが最大の魅力的でしょう。私費留学には相当のおカネがかかるので、もしあなたが「留学費用が準備できない」とすでにあきらめてしまっているのなら、ちょっと待った!です。

交換留学なら日本の高校に通うのと同じような費用でオーストラリアの高校に留学できます。チャレンジしてみる価値はありますよね。

交換留学の費用をご紹介

 
ホームステイをしながら近くの公立の高校に通う場合は、学費とホームステイ費用を併せておよそ13,000ドル~22,000ドルになります。

交換留学をサポートしている団体は特定非営利活動法人(NPO)です。私費留学で公立学校に通う場合の費用と比べても、およそ半分くらいです。交換留学と私費留学の違いについて詳しく知りたい人は下記サイトもどうぞご参照下さい!
» オーストラリア交換留学と私費留学違いと+応募資格と試験の解説

3.その他のプログラムでの費用まとめ

その他に高校生が参加できる留学プログラムの平均費用をまとめました。航空券代や海外保険代は含まれていませんので、自身で手配をして下さいね。

  • 短期語学留学・・・1週間約1,500ドル、2週間約2,300ドル、3週間約3,000ドル
  • サマーキャンプ・・・1か月3,000ドル~4,000ドル

航空券は格安航空券(LCC)を手配すれば留学費用を抑えることができます。航空会社や乗り継ぎの有無や回数によって値段が大きく異なるので、上手にブッキングすれば5万円~10万円くらい節約できる時もあります。

オーストラリア高校留学では公立と私立があり、費用が大きく変わります。費用を確実に抑えたいのなら交換留学を目指すべきです。日本の文化を伝えながら、オーストラリアの文化もしっかり感じ取ることができます。交換留学では日本とオーストラリアを結ぶ架け橋になれるチャンスです。見逃さないで下さいね!