海外留学でどうしても気になるのが「費用」のことです。留学先をを決める前に是非とも把握しておきたい項目ではないでしょうか。

やる気はある!でもお金が足りない。そのような現実的な食い違いもあるでしょう。でも、今まで思い続けてきた大きな夢があるなら、その思いをバネにして貯金に励むこともできますよね!

今回はオーストラ留学で知っておきたい大学費用についてです。学費や生活費、そして奨学金についても触れていますので、どうぞ参考にしてみ下さい。

※今回はオーストラリア大学の費用についてご紹介しましたが、オーストラリアの大学について全体の情報を知りたい方は、下記をご参照下さい。
オーストラリアの大学留学【概要から入学方法、ランキングの紹介】 | EnglishPedia

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.オーストラリアへの大学留学でかかる費用はどれくらい?【理系・工学系は高め】


オーストラリアの大学は教育の質の高さにおいて世界屈指だと言われています。世界から優秀な講師陣と学生が集まるため、独特なアカデミックさがあるのが特徴です。

学費は学部や専攻によって大きく異なる 

オーストラリアの大学には日本の大学と同様に、さまざまな学科や専攻が設置されています。学費は学科や専攻によって幅があり、およそ1年で180万円から250万円くらいになりますが、文系学科に比べて理系・工学系学科のほうが学費が高く、300万円前後になることもあります。

日本の大学費用と比べるとやや高めですが、オーストラリアの大学では専門分野において授業を実践やデジタルを交えて更にに深く勉強していくため、その分だけ学費にしっかり反映していると言えます。

海外から有名な教授を迎えたり、最先端の教材を用いたりと、中身の濃い大学生活が送れることでしょう。そのほか、テキスト代や実習費などが別途かかる場合もあります。

設備の良い大学は学費も高い

オーストラリアの大学はほとんどが国立ですが、とくに私立(国内で2校しかありません)では最先端の設備を常にアップグレードするところもあります。こういった設備重視型の大学では必然的に学費が高くなります。個人的にはどの大学も平均的にスタンダード以上の素晴らしい設備とキャンパスのメンテナンスを実行していると思います。

このあたりはプランによってことなります。志望校のホームページやカタログ、留学エージェントなどに問い合わせて確認するようにしましょう。
無料:カウンセリング申込

2.オーストラリアへの大学留学でかかる、そのほかの費用【宿泊費・食費・交通費】


海外で生活していくには宿泊費・食費・交通費なども必要になります。上手に節約することができる項目でもありますので頑張って!

宿泊費 

滞在方法によって大きく異なるのが宿泊費です。学費に続いて費用の割合を大きく占める部分でもあります。おおむね、学生寮やホームステイは月に10万円前後、シェアハウスで6万円くらいになります。

もちろん、エリアや部屋の条件などによって変わりますが、一番安価であるのがシェアハウスになります。シェアハウスでもオウンルームやシェアルームによっても金額が異なるので、確認をするようにしてくださいね。

食費 

ホームステイの場合は平日朝と夜の2食がついてくることがほとんどですが、学生寮やシェアハウスに場合は自炊または外食になります。しっかり食べて、なおかつ食費を抑えるなら自炊が一番。オーストラリアで外食をすればランチで15ドル、ディナーなら30ドルは軽くかかってしまう上、栄養も偏りがちになるため健康管理もおろそかになってしまいがちです。

食費は1週間で100ドルくらいを目安に考えるとよいでしょう。月400ドルになるので年間50万円くらいです。ちなみに知り合いで食費を週50ドル以内におさえた人がいますが、ジャンクフードなしで100%自炊を決行すれば楽勝!と言っていました。とはいいながら、あまり無理をするのも大変なのでほどほどに。

交通費 

滞在先から大学までは交通費がかかります。ごくまれに、街そのものがキャンパスタウンでで巡回バスを無料で利用できるところもありますが、ほとんどが電車、バス、トロリー電車を利用しての通学になります。

月およそドルから150ドルくらいを目安にしておけば大丈夫ですが、週末に友達と出かけたり、遠出をする時にかかる交通費もスペアしておくようにしましょう。

Tips:アルバイトをすれば出費をおさえることも 

学費、宿泊費、食費と出ていくお金ばかりが頭の中をグルグルしてしまいそうですが、学生ビザを取得して大学留学をする場合は現地でアルバイトができることを思い出して下さい!週20時間までの就業が可能なので、キャンパス周辺にあるカフェやレストランなどで学費を稼ぐことができます。

オーストラリアは高時給国なので、放課後や週末の空き時間にちょっと頑張ればかなり稼げると思います。学業とアルバイトのバランスを保ちながら無理をしないことが大切ですが、職場体験ができる上、英語でのコミュニケーション能力もグンと上がりますよ。

3.オーストラリアへ大学留学では奨学金のチャンスも!


チャレンジするのにお金はかかりません。チャンスがあるなら奨学金にもトライしてみて下さい。

奨学金が下りれば最大学費の50%が免除される

オーストラリアの大学は国立・私立を問わず、シドニーやメルボルンを中心に学費は高めに設定されています。留学を希望する学生の中には、学費の高さに「無理かな?」と躊躇してしまうこともあると思いますが、オーストラリアでは大学・大学院が直接募集する奨学金がありますので、チャンレンジしてみる価値は十分あると思います。

各大学・大学院で用意されている奨学金は学費の一部、半分、または全額免除になり、返済義務はありません。主な奨学金の選考方法は最終学校の成績証明書やエッセイなどですが、個別インタビューを求められる場合もあります。英語力は必須ですが、審査基準は大学・大学院によって異なります。

豪政府が主催、エンデバー奨学金は見逃せない 

エンデバー奨学金はオーストラリアの大学や大学院へ留学を希望する人なら一度は聞いたことがあるでしょう。オーストラリア政府が留学生のために提供している奨学金制度で、返済義務がないのが特徴です。オーストラリアは世界の中でも多くの留学生を歓迎する国として知られています。このチャンス、是非見逃さないで下さいね。

そのほか、学生ビザの取得費用、航空券、海外旅行保険など事前にかかる費用も忘れないようにしましょう。