オーストラリアへの渡航準備は着々と進んでいますか?ビザが下りて、航空券が手配できたら、いよいよ持ち物を準備していきましょう。ここで、あれこれ迷ってしまいがちなのが「服装」についてです。

オーストラリアは日本と季節は真逆なものの、はっきりとした四季がありますが、たとえ現地が真夏でも、いずれ冬服が必要になってくるということになります。とは言いつつも、スーツケースの容量は決まっていて、オーストラリアに持参したいものは洋服や靴などだけではありません。

海外への渡航へ意外に時間を要してしまうのが、パッキング過程です。上手にスペースを利用して賢くスーツケースにパッキングをしていきましょう。

そこで今回はスーツケースの半分以上を占領するであろう「服装」について、どんなものを持参したらよいのか、現地の普段着やオージーならではのオシャレ必須アイテムと併せながらご紹介します。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.オーストラリア留学で持参したい服装って?

「そろそろパッキングを始めよう!」とワクワクしながらスーツケースを取り出している人も多いはず。現地の季節を考えながらも、一体、どんな洋服を持って行こうか迷う人も多いのはないでしょうか?早速、オーストラリアに持参したい服装の種類と現地で購入できる洋服、そしてドレスコードについても併せてご紹介しましょう。

アジア系の人はサイズとデザインでまず悩む

オーストラリアにきて最初に頭を悩ますのが洋服の種類やデザイン、そしてサイズの問題です。日本人をはじめアジア系の人はオーストラリアの人と体系が違うので、まずサイズであたふたします。

たとえジーンズやパンツ、スカートを探すのにもかなり大変。日本人の一般的な女性でもWomanのセクションで一番小さなサイズ8すら大きいという人は多く、大きめの子供サイズを探さなければならないこともあります。

オーストラリアの街中を歩いていると感じること。それはオーストラリアの人々は老若男女問わず、全体的に体格がよいということです。ビッグサイズが本当に普通なのです。

値段の安いKmart, BigW、Targetなどの量販店で売られている洋服のデザインは、無地やおおざっぱなものが多いので、ファッションにこだわる人は多少がっかりするかもしれません。都市部のブティックやMayerなど百貨店には、サイズやデザインも豊富に揃っているので、服装にこだわる人は足を伸ばしてみて下さい。

ちなみに、お財布事情を少しだけ…。オーストラリアは物価が高いので、洋服の値段も日本の1.5倍くらいすると思ってショッピングにでかけるようにしましょう。輸入物やブランドモノのTシャツが50ドル以上する場合も多いです。

日本と同じ美しい四季のあるオーストラリア

日本から持って行きたい服装を考えた時、現地での季節が何なのかを考えるようにしたいですね。夏場ならTシャツやタンクトップを多少多めにするとハンディでよいと思います。

冬服の場合はパッキングで何かとかさばりそうです。分厚いコートなどスーツケースのスペースを取ってしまう洋服は、何着も持って行く必要はないと思います。オーストラリアの冬は寒いですが、厚手のトレーナーやセーター1着ずつくらいで大丈夫です。

ちなみにオーストラリアにはOPショップやVinniesというセカンド・ハンドの店が点在していて、コンディションのよい洋服が3ドルくらいから購入できます。ジャンパーやセーターも5ドルくらいからあるので、利用してみるのもよいのではないでしょうか。

一年間滞在する人は日本と同じで春夏秋冬を経験するので、長袖や半そではもちろん、短パンやジーンズ、水着なども持参するようにしましょう。水着はビキニやワンピースなど種類も豊富にありますが、個人的には日本の水着の方がデザインはカワイイと思います。スイミングが盛んなのでスポーツ水着はオーストラリアの方が機能性に優れたものが圧倒的に多いです。さすがです。

靴やサンダルはどうする?

オーストラリアの夏の定番であるビーチサンダル・Thongs=ソングは、量販店で5ドルから10ドルくらいでで購入できます。ソングはオーストラリアの代名詞とも言えるアイテムですので、日本から持参せず現地で購入してみるのもよいのではないでしょうか。

デザインも豊富で履きやすいので、好みの一足を購入すればひと夏履き通せます。渡航時にスニーカーを履いていけば、特に靴やサンダルは持参しなくてもよいと思います。ちなみにオーストラリアはスポーツ大国なので、ナイキやアディダスなどの有名ブランドスニーカーが豊富に見つかります。

気になるドレスコードについて

オーストラリアの都市部にあるカジノ場や高級レストランを訪れる時はドレスコードがあるので覚えておきましょう。普段着としてはオシャレなひざが破れたジーンズもご法度。短パン、Thongsでの入店はほとんどできません。

持参するなら、がさばらない程度のワンピースやスラックス、清楚なシャツを一枚持参するとよいと思います。お気に入りのアクセサリーもお忘れなく!オーストラリアでも自分流のオシャレは主張したいですよね。

もう1つ。クラブやバーに入る時は身分証明書が必要になるので、面倒でもパスポートか運転免許証を持って出かけるようにしましょう。特に、日本人は10歳から20歳くらい若く見えることが多いです。(本当です)

2.これこそオージー!定番の服装やスタイルを分析してみよう

オーストラリアで見かける服装の光景は日本に比べるとちょっと変わっています。普段からよく見かけるファッションやオージーならではのローカル・アイテムをご紹介しましょう。

太もも部分まで大胆にカットした超短パンジーンズ

オーストラリアの女の子たちが夏場に必ずと言っていいほどはく超短パンジーンズ。これは太もものかなり上まで大胆にカットしたもので、自分でジーンズを切ったもの。腰の部分にあるポケットが、すそからはみ出しているのが特徴です。(そこまで短くバッサリとカットします) 

調短パンジーンズはオーストラリアならではのユニークなファッションです。とことん暑い夏を乗り切るのために、かなり理にかなったアイテムと言えそうです。

シングレット(Singlet)とソング(Thongs)も夏の定番

これまた夏の定番シングレットとソング。シングレットはいわゆるタンクトップのことで、真夏には欠かせないアイテムです。デザインも豊富でオーストラリアの国旗がプリントされたものや、ジョーク好きなオーストラリアの人々が好みそうな楽しいデザインのものが多いです。これに短パンとソングで完璧な夏のデイリー・ファッションが出来上がりです。夏にはこのペアがラクで最高!

アグブーツ(Ugg boots)で真冬でもポッカポカ

日本へのお土産としても人気のあるアグブーツ。オーストラリアリアの心底冷える冬には欠かせないアイテムです。なんちゃってアグブーツなら20ドルくらいから、本革を使用したものになると100ドルから200ドルくらいになります。

オーストラリアの冬場をあたたかく乗り切りたいなら、一足は欲しいアイテムですが、安いアグブーツでも十分あたたかいので、普段履きにおすすめです。アメリカ同様、オーストラリアでは靴を抜いて家に入る習慣がないので、外でも中でも一日中履いていられるのが嬉しいですね。

究極のオージーご用達 ドライザボーン(Driza Bone)とアクーブラ(Akubura)

ハリウッド映画「クロコダイル・ダンディ」を知っていますか?究極のオージーを目指すなら、ドライザボーンとアクーブラで決まり!ドライザボーンは防水加工のある寝袋のように温かなコートで、アクーブラは曲線が美しい高級カウボーイハットです。

ドライザボーンはキャンプ用品を扱う店やカウボーイ製品を扱う店で購入することができますが、一着200ドルから500ドルくらいが相場なので、かなりお高めです。

一方、アクーブラは種類やデザイン、カラーが豊富で、オシャレに着こなすととってもかっこいいです。値段は50ドルから200ドルくらいで、帽子専門店で購入することができます。

私は以前、アクーブラをコップのように使って、滝の水を飲んでいる人を見たことがあります。「ナチュラル過ぎる。これこそ真のオージーだ」としばらく感動したのを覚えています。

今回はオーストラリア留学やワーキングホリデーで持参した服装や現地のファッション、オージー独特のアイテムなどをご紹介しました。オーストラリアは四季があるので、一通りの服装をミニマムでパッキングするようにして、夏用にTシャツなどの薄い洋服をプラスアルファにするとよいでしょう。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)