オーストラリア英語の訛りが気になるみなさまへ。百聞は一見にしかずです。

まずは、オーストラリア人が話す独特の英語を実際に見てみましょう。

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.イギリス英語から派生したオーストラリア英語。訛りの特徴とは?

世界の共通言語になっている英語は、話される地域によって、独特のアクセントや訛りがあります。日本の学校教育で英語を習ってきた私たち日本人は、オーストラリア英語よりも、アメリカ英語に親しみを感じる人も多いはずです。

イギリスの植民地であったオーストラリアでは、イギリスから移り住んだ人たちの影響で、イギリス英語が使われてきました。そして、彼らがオーストラリアで作りあげた新しい文化の中で、独特のオーストラリア訛りが生まれました。

オーストラリアの訛りには、具体的にどのような特徴があるのか、あげてみましょう。

「R」を強く発音しない

英語の「R」の発音は、日本人が最も苦手とするものの1つです。アメリカ英語では、舌を丸めて、「R」の音を強調して発音しますが、オーストラリア英語では、それほど強く発音しません。したがって、ソフトな印象で、日本人には親しみやすい感じがします。

「A」の発音は「エィ」ではなく「アィ」になる

有名な例として、オーストラリア人の定番のあいさつ「G’day, Mate!」がありますが、発音は「グダィ、マイト」となります。

「G’day」は「good day」の略で「hello」のような気軽なあいさつです。「mate」は「classmate」のように、友人という意味がありますが、呼びかけとして使われます。「グッデイ、メイト」と言ったのでは、なんだか間が抜けてしまいます。

そのほかにも、この発音の例は、「eight」は「エイト」ではなく「アイト」、「table」は「テーブル」でなく「タイブル」など、たくさんの身近な単語にあらわれます。最初は、戸惑うかもしれませんが、パターンは同じなので、すぐに慣れるでしょう。

語尾が「ie」にになる 

オーストラリア英語には、単語を略すときに、語尾を「ie」に変えて短くした言葉がたくさんあります。

例として、朝食「breakfast」を「brekkie」(ブレッキー)と言ったり、バーベキュー「barbecue」を「barbie」(バービー)と言ったりします。オーストラリア人のことを「Aussie」(オジー)と言うのも納得ですね。

これらの短縮語は、短くて言いやすいので、カジュアルな日常会話に頻繁に登場します。しかし、あくまでもくだけた言い方なので、状況に応じて使い分けましょう。

2.グローバルな社会では、訛りも個性の一つ

世界で英語を話す人の大多数は非ネイティブ

世界中の人とコミュニケーションをしたいと思ったら、世界の共通語として、英語を身につけることは大切です。しかし、ネイティブ並みの発音にこだわりすぎる必要はありません。

世界の人口は約70億人ですが、そのうちの約20億人が英語を話すといわれています。その中で、ネイティブスピーカーとして英語を話す人は、4分の1の約5億人です。4人に3人は、母語ではなく、第二言語としての英語を使ってコミュニケーションをしているのです。

オーストラリアで多様な英語に触れる

オーストラリアは多民族国家なので、オーストラリア人独特の訛りのほかにも、いろいろな訛りが聞こえてきます。移民の出身地によって、訛りにも特徴があります。

例えば、フランス人は、「H」の発音が抜けてしまって、hotelが「オテル」になってしまったり、韓国人は「F」の発音が「P」の音になりやすいので、ifが「イプ」になってしまったり、日本人は「L」と「R」の発音が混同したりと、それぞれの母語の影響があらわれます。

このように、オーストラリアで多様な訛りに囲まれていると、訛りのある英語も一つの個性なのだと感じます。訛りにコンプレックスを持つ必要は全くなく、英語で堂々とコミュニケーションを取ろうとする姿勢こそが、大切だと実感します。

これからのグローバルな社会には英語は不可欠のスキルですが、ネイティブ並みに英語が話せたら、国際的に活躍できるというわけではありません。

世界中で話されているいろいろな英語を受け入れて、柔軟にお互いを理解しようとすることこそが、国際社会で必要とされる資質です。

オーストラリアは、日常的に、そのような多様な英語に触れることができる恵まれた環境にあるのです。

3.訛りを来にする前に、まずは自分の英語に自信をつけよう

オーストラリア留学で、「おかしな訛りが身についたらどうしよう」と心配する声を時々耳にしますが、悩む必要は全くありません。

オーストラリアの語学学校で英語を教えている先生たちは、第二言語としての英語の教授法を専門的に勉強してきているので、スタンダードな発音で授業をしています。

また、実際には、1年程度の留学では、オーストラリア独特の訛りが移ってしまうということは、あまりありません。どちらかというと、日本人特有の発音を、なかなか変えられないというのが現実です。

もし、「あなたの英語は、オーストラリアのアクセントだね」と言われたら、それはオーストラリアでたくさんの英語に触れ、オーストラリア人と積極的にコミュニケーションをとっていたことの証です。

すばらしい褒め言葉だと受けとめ、オーストラリアで身についた自分の英語に誇りを持ちましょう。

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)