オーストラリアで生活していると、パーティに参加する機会がたくさんあります。気の合った仲間とパーティを楽しむのもいいものですが、オーストラリア人の集まるパーティにも積極的に参加し、新しい出会いを広げましょう。パーティのマナーや楽しみ方のコツも紹介します。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.オーストラリア人はパーティが大好き

オーストラリア生活では、パーティに参加する機会がたくさんあります。日本人や留学生同士のパーティだけでなく、ぜひオーストラリア人の集まるパーティに参加しましょう。オーストラリアでは、家族ぐるみで招待されるパーティも多いので、ホームステイをしていると、ホストファミリーのつながりで、オーストラリア人の集まるパーティに参加する機会も多いでしょう。

オーストラリア人はお祝い事が大好きです。誕生日のお祝いは、子供だけでなく、大人の誕生日も年齢を問わず大切にされています。特に、若者の場合は18歳、21歳の誕生日を盛大に祝います。また、30歳、40歳、50歳などの節目の誕生日にも、大きなパーティをすることが多いです。  

さらに、クリスマス、オーストラリアディ(建国記念日)、ニューイヤーズイブ(大晦日)などの季節のイベントのほか、新しい家に引っ越した時のハウスウォーミングパーティや、子供が生まれる前のベイビーシャワーと呼ばれるパーティなど、日本とは違ったパーティもたくさんあります。

パーティはカジュアルスタイルが一般的

パーティにもいろいろな形式があります。結婚をお祝いするパーティはフォーマルな形式が多いですが、そのほかは、カジュアルなパーティが一般的です。定番は、自宅でのガーデンパーティやバーベキューパーティのスタイルです。

オーストラリアのほとんどの一般家庭には、庭にバーベキューグリルが設置されています。大きな庭がなくても、バルコニーで利用できるバーベキューグリルもあります。そのくらいオーストラリアでのパーティには、バーベキューは不可欠な存在です。

2.オーストラリアのパーティのルール

合理的なBYO

オーストラリアのパーティは、ホストが食べ物を用意しますが、飲み物は参加する人が、自分の飲みたいものを飲みたい分だけ持っていくのが一般的なマナーです。このスタイルはBYO(bring your own)と呼ばれます。ホストにとっても、ゲストにとっても合理的なシステムですね。

手軽なバーベキューがメイン

また、食べ物はバーベキューがメインで、ホストは、お肉や野菜の下ごしらえをしておけばいいので、準備は簡単です。さらに、サイドメニューのサラダやディップなどを数種類用意しておけば十分なので、手軽にパーティができるのです。そして、お酒を飲んだり、おしゃべりを楽しんだりしながら、ホストが肉や野菜を焼いていきます。バーベキューを仕切るのは、ホストの男性の仕事です。

ホストが参加者に、サラダやデザートなどの持ち寄りを募る場合もあります。また、ホストと親しい場合は、こちらからお手伝いや差し入れを申し出たら、喜ばれるかもしれません。

3.オーストラリアでパーティに招かれたら、カードの準備

カードの準備をお忘れなく

パーティに招かれたら、事前にメッセージカードを準備しておきましょう。オーストラリアでは、昔からカード文化が生活の中に溶け込んでいるので、ニュースエージェンシーなどのカードを扱っているお店に行くと、用途別、年齢別、関係別などの多種多様なカードが豊富にそろっています。相手にぴったりのイラストや写真、すでに印刷されているメッセージなどを選んで、そこに相手の名前、自筆のメッセージ、自分の名前を必ず書き添えて、渡したいものです。

プレゼントは無難なものを

プレゼント選びも難しいものですが、悩んだ時には、少し高級なワインやチョコレートの詰め合わせなどを用意しましょう。無難なプレゼントの方が、あげる方ももらう方も安心です。

4.オーストラリアでパーティを楽しむコツ

たくさんの人と交流しましょう

パーティに招待されたら、パーティの雰囲気を楽しみましょう。オーストラリア人ばかりのパーティでは、気後れしてしまうこともあるかもしれませんが、積極的に出会いを楽しみましょう。特定の人としか交流しないのでは、パーティに来た意味がありません。

得意な話題を用意しておこう

英語がある程度話せる人でも、ネイティブのグループの会話に入っていくのはなかなか難しいものです。1対1の会話からスタートすれば、英語に自信がない人でも、理解もしやすいはずです。

そして、食べ物の話や趣味の話など、自分の得意分野があれば話のきっかけをつかみやすくなります。きっと、心の広いオーストラリア人は、理解しようと気遣ってくれるはずです。日本の有名な観光地の話やアニメの話などに興味を示す人もたくさんいますよ。携帯電話の写真などを見せるなど、小道具を上手に使えば、お互いに話題も広がるでしょう。

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)