今回訪れたのは、メルボルン市内にあるSACE Melbourne College of English。
メルボルンの町の中心を流れるヤラ川沿いにそびえるワールド・トレード・センター内の5階と6階に校舎があります。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

SACE Melbourne College of Englishの場所

サザンクロス駅から徒歩10分ほどの距離のところにあり、メルボルン市内を無料で走るトラムの停車位置からも近いので、通学も便利です!

ここが入り口です!

それでは早速受付のある5階へ進んで行きましょう!

SACE Melbourne College of Englishを覗いてみよう

校内に入るとすぐに受付が出現!

中は広々としており、共有スペースやPCなどが利用できます!

自動販売機の横には電子レンジなども完備!

SACE Melbourne College of Englishの特徴

アデレードで誕生したSACE。オーストラリアの語学学校の中でも最も古い学校の一つです。メルボルン校は2015年に設立されました。

南米やヨーロッパ出身の学生が多く、日本人は少なめなのがSACEメルボルン校の特徴!また、コース展開も高校進学からシニアプログラムまであり、幅広い年齢層の留学生に支持されています。

また、学校を出るとヤラ川沿いにはおしゃれなカフェやレストランが並んでいます。

教室はどんな感じ?

大きな窓から自然光がたっぷり入り、教室からはメルボルンの街も眺めることができます。

教室内はテーブルが4人1組のように並べられていて、ディスカッション、ビデオ学習、ロールプレイ、グラマー・ゲームなど、興味を持って授業に参加できるよう、カリキュラムにも工夫がなされています。

見学させてもらったクラスは、2人1組のペアとなり1枚の絵に対してのストーリーを作るという面白い内容でした!

留学生の数や国籍

訪問した際は約80名の学生が勉強していました。日本人はそのうち2人!1人は大学生、もう1人は50代の男性でした。校内はEnglish Only Policy(母国語禁止ルール)が徹底されているため、授業中に分からないことがあってもお互いに教えあいながら受けているそうです!

アクティビティも充実

アクティビティも盛んに行われていますが、授業が終わるとアルバイトや自主勉強に集中する真面目な生徒さんが多いのだとか・・・

SACE Melbourne College of Englishを動画で紹介

以上、SACE Melbourne College of Englishのレポートでした。
少人数でアットホーム、メルボルン市内の語学学校の中でも日本人比率が少ないのが特徴の学校!ご夫婦がオーナーとして学校運営されているため、40代~50代の方の留学にもオススメの学校です!

メルボルン市内でも少し落ち着いた雰囲気のSACE Melbourne College of Englishで留学生活を送られるのはいかがでしょうか。