Primus English(プライマス・イングリッシュ)は、2016年に設立し、世界30か国以上から約100人が集まる小規模アットホームな学校です。コロンビアやチリなど南米の生徒が多く、スペイン、フランス、イラン、中国の生徒も増えています。日本人比率も10%以下なので、英語環境に身をおき、色々な国の友達を作ることができます。

Primus English(プライマス・イングリッシュ)の場所

Primus English(プライマス・イングリッシュ) はメルボルン市内の中心部に位置します。主要駅のMelbourne Central(メルボルンセントラル駅)やParliament (パーラメント駅)からのアクセスが良く、中華街やショッピングセンター、カフェや多国籍レストランやに囲まれており、とても便利な立地です。

1階がカフェの建物の3階にキャンパスがあります。

入口はビジネスオフィスのような雰囲気、それでは早速中へ入っていきましょう!

Primus English(プライマス・イングリッシュ)を覗いてみよう

受付はとても明るく、常勤スタッフがいるので分からないことがあれば相談できますね!

こちらは共有エリアで、休憩時間は生徒同士でのコミニケーションやリラックススペースでもあります。

Primus English(プライマス・イングリッシュ)の特徴

Primus English(プライマス・イングリッシュ)の日本人スタッフ原麻里子さん。

スチューデントサポートとマーケティングを担当しています。メルボルン滞在4年目で、アメリカでの短期留学やオーストラリアでの大学院留学経験があり、自らの経験を元にした英語学習法や留学生活を充実させるための秘訣などのアドバイスが可能です。

Primus English(プライマス・イングリッシュ)の授業の特徴は、コミュニケーション力の向上に力を入れていることです。全てのカリキュラムの中に、スピーキング・アクティビティが取り入れられています。例えば、ネイティブの先生が話すショートストーリーを聞き取り、文章に起こし、それについてみんなで話し合い、間違った文法や語彙は都度なおす、のようにタスクベースラーニングと呼ばれる方法で学びます。一方的に座って授業を聞いたり、教科書に沿って学ぶより、多国籍なクラスメイトやネイティブ講師とのインターラクションが多いです。どのレベルのクラスでも一貫して、ロールプレイ会話特訓、ニュース記事のディスカッション、語彙説明ゲーム、プレゼンテーションなど様々な形でアウトプットを行うので、話す力がついて自信をもって自分の意見が言えるようになる方が多いです。

また、一般英語とIELTS準備講座は午前中と夕方から選択できるだけでなく、英語のレベルによっては、午前中と夕方の組み合わせも可能なので、ご自身の生活リズムに合った授業の時間割で学んでいただけます。IELTS準備講座に関しては、パートタイムも可能で、試験直前に重点的にスピーキングとライティングだけ勉強するということも可能です。1週間の短期留学なども受け入れており、フレキシブルな留学プランをデザインしております。

留学生の数や国籍

日本人:5%、コロンビア:15%、スペイン:5%、イラン:5%、中国:10%、トルコ:5%、韓国:5%、その他、チリ、イタリア、フィリピン、タイなど25か国程度です、メルボルンという立地の割には国籍比率がとても良い印象でした。

授業はどんな感じ?

少人数だからこそ、1人1人に目が行き届き、仕事を探す上で必要な英文履歴書作成や面接のアドバイス、英語の効果的な学習方法の伝授、地元で開催されるイベントの紹介、アコモデーション探しのお手伝いなど充実した学生サポートを行っています。また、大学や各種専門コースへのパスウェイも用意しているので、英語を学んだ後に、更なるスキルアップを目指したい方の相談を受けています。

教師陣も全員ネイティブスピーカーで大学の学部卒業でCELTA (Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages)という資格を取得しているので、質の高い授業を提供しています。また、先生と生徒との距離も近く、放課後に交流したり、熱心に質問に答えたり、評判が高いです。

Primus English(プライマス・イングリッシュ)の生徒の声(口コミ情報)

授業の合間に生徒にも話を聞いてみました。

日本人留学生 ホリノウチ ユキさん

「値段がリーズナブルで、問合せをした際の対応が良かったのでPrimus English(プライマス・イングリッシュ)入学を決めました。先生やスタッフは、レジュメや自学のチェックを行ってくれ、ボランティア探しを手伝ってくれたり、個人的に色々相談出来て心強かったです。英語に関しても、物語をつくるアクティビティーやディスカッションを通して、以前よりスムーズに話せるようになり、文章も長く書けるようになりました。」
メルボルン滞在中には、地元の小中学校でボランティア教師として働くなど、積極的に活動されており、今後は日本で国際的な環境で、引き続き教師として活躍したいとのことです。

ルーマニア人留学生 ステファン アレクシーさん

「一般英語からクラスから始め、現在はIELTSのクラスを受講しており、現在8カ月ほどPrimus English(プライマス・イングリッシュ)で勉強しています。価格がお手頃で、スタッフがとてもフレンドリーで良い学校です。英語力もかなり伸びました。」
IELTSコースを修了された後は、メルボルンの大学に進学して、専門的な内容を学ばれるとのことです。

アクティビティも充実

Primus English(プライマス・イングリッシュ)では、放課後に実用的な会話クラスやネイティブの発音を目指す発音矯正クラスなどの英語力をより向上させるためのアクティビティを行っています。また、生徒のみなさんの誕生日会、マリオカート大会、ピザパーティー、クリスマス会などの楽しいイベントも開催しています。これまで、フットサル大会に出場したり、チーム対抗の市内宝探し大会を行ったり、市内のバーで行われるランゲージエクスチェンジに参加したり、校外に出て地域の人々と交流する機会もあります。その他、希望者制でIELTSブースターやキャリアカウンセリングを行ったり、バリスタ体験コースやRSA(Responsible Service Of Alcohol)コースなど、生徒の皆さんの生活や職探しに役立つ細かなサポートを行っています。

Primus English(プライマス・イングリッシュ)を動画で紹介

以上、Primus English(プライマス・イングリッシュ)のレポートでした。
少人数制でアットホームな空間で勉強が出来る語学学校です。日本人スタッフもいるので留学が初めての方でも安心出来る環境ですね!

メルボルンでは圧倒的に国際比率が良いので、本気で勉強したい方にはおすすめの語学学校です。

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら