Impact English Collegeはメルボルンとブリスベンにキャンパスを構える徹底したイングリッシュオンリーポリシーで有名な学校です。2008年にメルボルンに開校してから質の高いレッスンと英語の伸びに焦点を当てたサポートなどが人気で順調に成長し今ではメルボルンでも屈指の大型校になっています。

Impact English College(インパクトカレッジ)の場所

キャンパスはメルボルン市内中心部にあり、空港からのスカイバスの発着口ともなるサザンクロス駅から徒歩3分、目の前を路面電車が走るという通学に非常に便利な場所にあります。

校内に入ると大きなロゴが出現!中を見学させていただきましよう。

Impact English College(インパクトカレッジ)を覗いてみよう

Impact English College(インパクトカレッジ)の受付です。

学校内はとてもカラフルできれいです。

こちらは共有スペースで、お弁当を食べたり自習できたりする場所となります。

学校内は学生ラウンジも廊下もすべてイングリッシュオンリーです。

Impact English College(インパクトカレッジ)の特徴

日本人のスチューデントアドバイザーの吉田葵さんが出迎えてくれました。メルボルン歴5年というベテランさんなのでコースや勉強のことだけじゃなく街のことや生活のことなどいろいろ相談できるので心強いですね。

English Only Policy(EOP)

学校内は母国語禁止のポスターがいたるところに見られ周りを見渡しても英語以外の言葉を話している生徒さんは見かけません。

留学生の数や国籍

Impact English College(インパクトカレッジ)にはスチューデントアドバイザーというスタッフの人たちがいて留学開始後のコース変更や色々な相談にのってくれます。このスチューデントアドバイザーの方々は多言語カウンセリングルームという学校内で唯一、母国語で相談できるお部屋にいます。日本語だけじゃなく、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、韓国語、フランス語、イタリア語、中国語のネイティブスタッフがいるそうです。

授業はどんな感じ?

全部で28教室もあり、メルボルンでも最大級の校舎です。

実際に授業中だったので中には入れませんでしたが、とても賑わっていました!

授業の合間に休憩できるスペースも完備!

授業に向かうDom先生。Extreme Englishという宿題が沢山出るとってもハードなコースを教えているとのこと。

Impact English College(インパクトカレッジ)の生徒の声(口コミ情報)

Yusukeさん

ワーキングホリデービザで就学中のかなりスピーキング力が伸びました。
授業は少人数制で行われるので、イングリッシュオンリーポリシーも手伝ってしっかりと英語力を上げることができます。

Michikoさん

バリスタコースを終了後現地のカフェでバリスタとしてお仕事をしています。

アクティビティも充実

授業以外にもアクティビティーも充実しています。

年に何回か大きなイベントも開催されます。

こちらはハロウィンパーティーとクリスマスパーティーの様子です。

このほかにも無料で参加できる会話クラスや発音クラス、英語で歌を1曲歌えるようになるシングリッシュなどのクラスも人気です。

Impact English College(インパクトカレッジ)を動画で紹介

以上、Impact English College(インパクトカレッジ)のレポートでした。
Impact English College(インパクトカレッジ)はメルボルンの中でも規模が大きく、活気がありながらも生徒一人ひとりのケアも充実しており、初めての留学の方にも安心です。日常会話だけでなく、カフェの街メルボルンらしいバリスタコースや、アカデミックな英語も学ぶことができます。アクティビティをと通して沢山の友達を作ることもできますので、充実したメルボルンでの留学生活を送ることができるでしょう!

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら