アメリカへ語学留学に行った場合、語学学校は英語を学びたい外国人が集う場であり実際にアメリカ人に出会う機会はあまりありません。

世界各国の人たちと意見を交換することはかけがえのない体験であることに違いありませんが、もしアメリカ人と英語を話したい、と思うならばアメリカ社会に飛び込めるボランティア留学の方が向いているかもしれません。

今回はそこで、アメリカでのボランティア留学に関してまとめていきます。

アメリカのボランティア留学とは?概要・語学力・概算費用

shutterstock_282281111

項目別に分けて解説していきます。

ボランティア留学の概要とは?

ボランティアとは「無償の奉仕活動や労働」のことですが、ボランティア留学の場合、無償どころかボランティアをさせてもらうために何十万円かまとまった金額を支払わなくてはなりません。「お金を払って奉仕する」ことをまずは納得したうえで、お金を払っているからと言ってお客様ではないことも認識して出かけましょう。

ボランティアに必要な語学力とは?

英語の勉強をしに行くわけではないので最低限の会話力や、配布物を理解する英語力も必要です。もっとも、専門用語は全くいらないので、義務教育中の学校英語教育を真面目に受け、その後も英語が好きで続けていたレベルであれば全く問題ありません。

ただ、全く話せないようでは活動は困難となり、無言で作業することになるので留学する意味そのものが無くなってしまいます。このような場合はボランティア留学ではなく、語学留学の方がいいでしょう。

期間別の概算費用(短期・長期)とは?

期間は一週間から一年以上、とさまざまです。語学学校に通いながらのボランティア活動もあります。

短期ボランティア留学(2週間):約25万円(航空券除く)
寮のような施設の相部屋で過ごしながらチャイルドケアで子供たちの世話をするボランティアでは、現地滞在費、ボランティア手配のための手数料など、航空券を除くほぼすべてをカバーし、2週間で25万円です。

長期ボランティア(1年):約80万円(航空券除く)
高校の日本語授業のアシスタントとしてボランティアしながら、先生宅へのホームステイをするボランティア留学もあります。TOEIC500点以上の英語力が必要ですが、日本のことが大好きな高校生と触れ合いは貴重な体験です。1年間で費用は80万円ほどで、期間が長ければ長いほど割安感があります。

語学留学+ボランティア(2週間):約38万円(航空券除く)
週に20時間の語学学校レッスンと、ボランティア活動を組み合わせた欲張りプランもあります。ボランティアは地元の団体経由でのホームレスケアや食料支援が中心です。滞在先はホームステイで、費用は38万円、とボランティア留学よりも割高ですが、二つの世界を同時に体験できるため有意義でもあります。

定番!アメリカで体験できるボランティア留学3選

shutterstock_305457083

アメリカでのボランティアで最もポピュラーなもの3つをご紹介します。

日本語アシスタント

日本語学校や、現地の学校の日本語授業のお手伝いをします。あくまでもお手伝いなので実際に授業をすることはありませんが、学生の日本語の話し相手になってあげたり、授業の準備や片付けの手伝いをします。

子供の世話

保育所や幼稚園の子供たちの遊び相手です。子供好きな人なら大いにおススメですが子供たちは容赦なく話しかけてくるうえ、言葉が通じないとわかると去っていくタフな現場でもあります。ここでは特に何かを任されることはないため、できることを自分で見つけて自分から関わっていく必要があります。

病院や介護施設での老人の話し相手

このボランティアには中級以上の英語力が必要です。たどたどしいことは問題ではありませんが、話が通じないのではストレスになってしまいます。目安は英検2級程度。ただ、ある程度英語を話せる人には非常に有意義な体験となるに違いありません。

【番外編:すでに留学中のあなたへ】留学中でも申込みできるボランティアパッケージ

shutterstock_429481879

ボランティアはもう既にアメリカに滞在中の留学生ももちろん、現地で申し込みが可能です。上記定番ボランティアに加え、公園や道路の清掃、調査の手伝い、農作業の手伝いなどもあります。

NGOやNPO

ボランティア大国アメリカですから地元のNGO(非政府組織)やNPO(民間非営利組織)に直接申し込むことで短期でも長期でも様々なボランティア活動に参加できます。この場合募集を探す段階から英語が必要ですから少しハードルが高いかもしれません。

留学エージェント

留学エージェントがボランティアをアレンジしてくれるケースも増えています。最初はエージェントを通して申し込み、様子を探ってみるのもいいかもしれません。この場合海外パッケージツアーを申し込むような要領で、手軽に申し込みができます。

語学学校経由

語学学校は遠足や小旅行なども企画していますが、中にはボランティア活動を行っている学校もあります。学校の掲示板などに張り出されるため見つけやすく便利です。ただ、手軽なだけに顔ぶれはいつもと変わらぬメンバー、ということにもなりかねませんから、慣れてきたら是非、学校外の団体を利用して積極的に外の世界を覗いてみましょう。

以上アメリカでできるボランティア活動についてでした。何もかもを日本で準備万端整えて行く必要はありません。アメリカへ行ってからもっと面白そうなものを見つけられ可能性も十分にありますから、勇気を持って飛び込んでみてください。