皆さんの留学の目的はなんでしょうか?語学能力を身につけたい、たくさんの人と知り合いたい、などなど・・・人によってその目的は様々ですし、だからこそアメリカには色々な人が集まるのだと思います。

特に大学生で留学を決めている、あるいは考えている人は、少なからず将来のこと、就職のことなどを見据えて渡米する人が多いのではないでしょうか。最近では留学から帰ってくるとすぐに就活だ、という人も増え、期間がどれくらいであれ、そういった事情を込みにした留学をされる方が多いのではないでしょうか。

今回は留学を少しでも有意義なものにしたい、という方のために、留学中に意識すべき秘訣を5つまとめました。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

大学生向けがアメリカ留学を有意義にする5つの秘訣

大学生向けがアメリカ留学を有意義にする5つの秘訣

順番にみていきましょう。

秘訣①:具体的な目標を設定する

具体的な目標を設定する

将来のため、良い就職先を見つけるため留学をするということ自体は立派な目標だと思います。しかしまず考えておきたいのは、どのように留学経験を就職に活かすのか、将来に活かすのかというところです。

留学中に何をするのか、例えば語学の勉強に力を入れてTOEICのスコアを上げる、語彙力を鍛えてネイティヴな会話力に耐えうる英語力を身につける、など、まずは漠然とでもいいので目標を立ててみましょう。

それがスコアなど数値化できるものだったり、具体的に言葉にできるものであれば、さらに詳細な目標設定を行いましょう。

目標設定をあらかじめ行っておけば、留学という限られた時間の中で、無駄に時間を消耗してしまうことも最小限に抑えられますし、現地で何かやりたいことを見つけても当初の目標と比較し、考える余地が生まれます。

また、渡米中に自分の進路を右に左に迷ってしまい、あれこれ悩んでしまうことも少なくなりますので、精神衛生上にも良いかと思います。最低限目標を達成することに集中すればいいのですから。

秘訣②:学校ではできるだけ色々な人と話してみる

学校ではできるだけ色々な人と話してみる

アメリカは日本とは比較にならないほど世界中から色々な人が集まってくる国です。筆者はニューヨークの語学学校に一年近く通っていたのですが、その間にも日本人やその他外国人も含めて、予想もしないくらいに様々な人と知り合いました。

年齢や性別、国籍に職業、趣味嗜好など、世界には本当に色々な人がいますし、様々なキャラクターを各々が持ち、様々な問題をお互いに抱えています。

そういったお互いの話を英語で話すのは、少なくとも筆者にとっては大変有意義な時間でしたし、良い思い出になっています。

相手の話を英語で聞き、自分のことを英語で話すことは英語力の向上にもつながるほか、改めて自分の国のことや自分自身のことを問い直すのにも非常に良いきっかけになりますので、留学中は積極的に話をしてみましょう。

最初は慣れないかもしれませんが、語学学校は英語で話してこそ、というところがありますので、気にせず会話を楽しんでみましょう。

秘訣③:積極的にアメリカ人と話してみる

積極的にアメリカ人と話してみる

学校の友達だけでなく、できるだけ外へ出て現地の人ともしゃべってみましょう。その土地のことについて色々なことを知っていますし、基本的にアメリカ人はおしゃべりですので日本人だということを伝えると面白がって話をしてくれる人も多いです。

何か趣味がある人やスポーツをやっている人はその分野のコミュニティに参加してみるのも面白いかと思います。

単純に英語力につながるだけでなく、仲良くなると日本では聞けない話や知り合いを紹介してくれたりと、さらに新しい体験につながっていきます。

秘訣④:日本とアメリカの違いを注意深く観察してみる

日本とアメリカの違いを注意深く観察してみる

アメリカは日本と同じ先進国でありながら、当たり前ですが言語はもちろ歴史や文化や風土など、あらゆる面において日本とは異なる国です。

普段の生活の中でも現地では様々な違いを目にすることでしょうし、そのおかげで不遇な思いをすることも多々あると思いますが、そこで後ろ向きにならずにまずはその違いを楽しんでみましょう。

「日本だとこうだけどアメリカだと違うんだ」ということもまた学びの一つです。日本とは異なる環境で、ネイティブのアメリカ人はどのように生活しているのか、というところを観察してみると、日本人とアメリカ人の違いをより理解できますし、自身の環境への順応力も上がることでしょう。

秘訣⑤:やるべきこと、目標を上に書き出しておく

やるべきこと、目標を上に書き出しておく

人間は物事を意識するだけでは中々イメージ通りには進まないものです。自分が意識しなければ!と思ったことは、まずは紙に書き出してみましょう。

アメリカ留学前に立てた目標は現地に持って行き、自室の机の前にでも貼っておくと目標や自分を見失ってしまうこともないでしょう。

あたらしく気づいたことや目標ができたら、その都度書き出すのもいいかと思います。
特に気づいたことや感じたことをそのままにしておくのではなく、自身のスマートフォンやメモ帳に書き出すのはかなり効果的です。

自分が現地でなにを思ったのか、気づいたのかを忘れることなく記録しておけば、帰国後もそれらの考えをまとめながら新しい気づきが生まれるかもしれません。

筆者は自分のスマホにメモを取る程度でしたが、興味があれば日記をつけてみるのも楽しいかと思います。

いかがだったでしょうか。留学とは一言で言っても自分の心がけ次第でその経験はその日数以上に何倍も濃いものになっていきます。旅発つ前に今一度自分の中を整理してみるだけでもかなりの効果が期待できますので、是非一度やってみてください。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)