自由な時間を確保しやすい大学生のうちに、今しかできないことをしたい!と考え、留学を検討している方も多いのではないでしょう?

しかし、必須受講科目が多かったり、アルバイトがあったりで長期間の留学はできないという方も多いのが現状です。

そんな事情を抱える方に人気なのが、夏休み期間を利用した短期留学です。長期留学に比べ、ハードルが低い一方で、短期間で英語が話せるようになる?短期留学にメリットはある?と疑問に感じている方も多いと思います。

そこで、今回は、アメリカへの短期留学にスポットを当てて、そのメリットや費用、手順をご紹介します。

もくじ

それでは見ていきましょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.大学生が夏休みにアメリカ留学するメリットとは

1.大学生が夏休みにアメリカ留学するメリットとは

短期留学を検討している方が一番気にされるのが、短期間でどんな成果があるのか?というメリットがあるかどうかという点です。

しかし、1ヶ月前後の短期留学でも、しっかりと計画を立てて行動すれば、以下のような成果が望まれます。

  • ①:英語を話すということに躊躇がなくなる
  • ②:外国人の友人ができる
  • ③:海外へ行くことのハードルがぐっと下がる

①:英語を話すということに躊躇がなくなる

アメリカ留学を検討している大学生の皆さまは、中学や高校で英語を学んできたことだと思います。実際の日常会話では高校までで習う単語や文法があれば、最低限の会話は問題なく行うことができます。このようにご紹介すると、今まで英語の成績には全く自信がない、、、と思う方も多いかと思います。

しかし、皆さまが考えている以上に、潜在能力として身についているのです。最初は発音で苦労するかもしれませんが、日本の日常にある外来語も英語由来のものが多く、意外とそれらの単語をそのまま使うだけでも通じたりします。

そのため、短期アメリカ留学で意識すべき点は、とにかく自分の分かる単語や文法を使い、言いたいことをどんどん言ってみることです!アメリカ人や他の国から来た留学生も、カタコト英語には慣れているので、笑われたり馬鹿にされることはほぼありません。積極的に英語を話してみることで、短期留学でも英語を話すことに慣れることができます。

②:外国人の友人ができる

アメリカへは世界中から多くの留学生が集まって来ます。あまりにも一気に多くの外国人の方と知り合うので、顔と名前を一致させるのが大変なほどです。そのため、ビジネスマンが名刺を交換するように、大学生の皆さまはFacebookで友達になることで、顔と名前を覚えましょう!

また、外国人は私たちが思っている以上に日本に興味を持ってくれているので、マンガやアニメの話題はもちろんですが、日常生活の話題でも盛り上がることができるでしょう!

③:海外へ行くことのハードルがぐっと下がる

一度でも海外に行くと、海外に行くことに対するハードルが一気に低くなります。海外に行ったことがない方は、「海外に行く=旅行代理店に頼む」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。旅行代理店に行く時間は意外と取りにくく、予約までに時間がかかってしまうこともしばしばあります。

しかし、一度でも海外に行くと、「航空券」と「宿泊先」さえあれば簡単に海外に行くことができると実感できると思います。「航空券」はLCCなどインターネット上で安く購入出来るチケットも多くありますし、「宿泊先」は留学中に知り合った世界中にいる友達の部屋に泊めてもらえば、宿泊費も無料にすることができます。逆に、留学中に仲良くなった友達を、日本に招待するのこともオススメします!

2.夏休みの短期留学でかかる費用とは

2.夏休みの短期留学でかかる費用とは

アメリカ留学を検討する際に最も悩むのがその費用だと思います。アメリカのニューヨークやカリフォルニアのような大都市に留学しようとすると、数十万円かかるのか、数百万円かかるのか全く想像できないという方も多いのではないでしょうか?

しかし実際は、1年間ほどの長期留学であれば、数百万円の費用は覚悟しておかなければなりませんが、夏休み期間中の2週間ほどであれば30〜40万円ほどだと考えて頂ければ十分です。もちろん宿泊先や学校のプランにより変わってきますが、2つの事例を以下ご紹介します。

語学学校シュプラッハカフェーニューヨーク校

  • 語学学校費用(2週間):195,000円
  • ※入学金、授業料、宿泊費(ホームステイ)、食事2食付き、空港送迎費(往復)が全て含まれたパッケージ

  • 航空券(成田):130,000円
  • 留学保険:10,000円

→合計:335,000円

こちらの語学学校はニューヨークのマンハッタンの中心部に位置する学校です。より田舎の学校にすれば、語学学校費用は割安になると考えて頂いて大丈夫です。しかし、田舎に行けば行くほど、世界各国からの留学生は少なくなりますので、ご注意ください。

語学学校シュプラッハカフェーカリフォルニア オレンジカウンティ校

  • 語学学校費用(2週間):161,000円
  • ※入学金、授業料、宿泊費(ホームステイ)、食事2食付き、空港送迎費(往復)が全て含まれたパッケージ

  • 航空券(成田):120,000円
  • 留学保険:10,000円

→合計:291,000円

こちらは南カリフォルニアにあり、ビーチやアクティビティなどが豊富なリゾート地にある語学学校です。オレンジカウンティは学術都市としての顔も持ち、学生が多い街としても知られています。留学中にアメリカ人と仲良くなるチャンスが多いかもしれません!

このように2週間の短期留学であれば、意外と費用を準備できる!と思った方も多いのではないでしょうか?また夏休み中にアメリカに行くため、短期留学が終わった後には、そのままアメリカを旅行するのも良いかもしれません。語学学校で学んだ英語を活用し、アメリカ旅行を楽しむためにも、費用は余裕を持って準備しておきましょう!

3.夏休みに短期留学する手順(準備する事、いつまでに申し込みが必要か等)

3.夏休みに短期留学する手順(準備する事、いつまでに申し込みが必要か等)

アメリカ留学を決心し、費用の面の問題も解決したら、あとは申し込みをするだけです!しかし、その申し込みとは何をいつまでに決めないといけないのかわからない…という方のために、申し込みまでの手順をこの項目ではご紹介します。まずは申し込みまでに決めておくべき項目を以下記載いたします。

  • 滞在希望都市
  • 学校受講プログラム
  • 授業開始日
  • 授業期間
  • 滞在方法
  • 滞在先到着日
  • 滞在先退出日

これらの情報をいつまでに決めるべきかというと、90日以内の短期留学の場合は、出発の2〜3か月前には確定する必要があります。初めて海外に行く方は、パスポートの申請等の準備も必要になるため、早めの行動をオススメします。また、航空券も直前に取るよりも、少し前に余裕を持って予約する方が割安な場合が多いため、その意味でも早めに申し込みをしましょう!

まとめ

まとめ

今回は夏休み期間を利用したアメリカ留学についてご紹介させていただきました。夏休みにアメリカに留学するイメージを持つことができましたでしょうか。短期間だからメリットがなのでは?と悩んでいる方は、心の奥では行きたい!と思っていることでしょう。メリットがないのではなく、数週間の留学でも、周囲をあっと驚かせるくらいの成長をしてやる!という意気込みで、短期留学を有意義に過ごしましょう!

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)