最近、「SIMフリースマホ(格安スマホ)」という言葉をよく耳にしませんか?昔は携帯電話と言えばNTTドコモ、au、Softbankの3社しかなかったのが、今はたくさんの種類があります。そんな世間を賑わせる「SIMフリースマホ」ですが、SIMフリーでもどこでも使えるわけではない、ということをご存知でしょうか?

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

SIMフリースマホを持っていれば、全世界でどのSIMカードも使えると思ってませんか?

当記事では、実際に日本で販売しているSIMフリースマホを購入し、アメリカで利用できるか調査してみました。筆者が購入したこのスマホは、ドコモなどの携帯ショップではなく、家電量販店に売っている「SIMフリースマホ」です。

なぜSIMフリースマホを買ったかと言うと、大手キャリアよりも格安スマホを提供するMVNOの月額プランが安いからです。筆者はヨドバシカメラが推奨していたフリーテルという会社のプランに入っています。フリーテルの通信回線はドコモを使っていますし、何より安いので非常に満足しています。このASUSのスマホをアメリカで使いたいと思った場合、まずメーカのウェブサイトに行き、このモデルがアメリカの無線規格に対応しているか確認する必要があります。このページの「対応無線規格」というところを見ます。

(表1)対応無線規格

2G EDGE/GSM 850/900/1800/1900
3G W-CDMA 800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
4G FDD-LTE 2100(1)/1800(3)/850(5)/800(6)/900(8)/1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)

この「3G」や「W-CDMA 」、「800(6)」と記載されているのが「通信方式」、「周波数帯」です。特に意味を覚える必要はなく、筆者が購入したASUSのスマホは、「通信方式」や「周波数帯」が同じであれば、アメリカであろうがアフリカであろうが使えるということです。それでは、アメリカの大手キャリア4社の通信方式と使用バンドを表にしましたので、見てみましょう。

(表2)アメリカの各通信キャリア「通信方式」と「周波数帯」

筆者のSIMフリースマホは、3Gの列を見ると、「3G」「W-CDMA」

「800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)」と書かれていました。カッコの中はバンドと呼ばれている通信帯域番号のことです。周波数1.9GHzと細かく書いてあるのになぜ更にバンドがあるかというと、同じ周波数帯でも800MHzはバンドが0や1や26など、一つの周波数帯の中にいくつも種類があるのです。ココではあまり気にしすぎず、カッコの中の数字が「バンド」だと思っておいてください。

筆者のASUSのSIMフリースマホが対応している3Gの通信方式はW-CDMA、対応バンドは6, 19, 5, 8, 2, 1 となります。これを上記のアメリカ通信キャリア「通信方式」と「周波数帯」の表から探します。

(表3)筆者のスマホとアメリカの各通信キャリア、3Gでの「通信方式」「周波数帯」をマッチングさせた表

表3の黄色になっているところが一致しているところです。ここから、筆者のSIMフリースマホは3G回線であれば、アメリカで使えるキャリアは、「AT&T」と「T-Mobile」ということになります。次にLTEにもあてはめていきましょう。LTEも同じ要領で見ていくと「FDD」とあります。その数字をさらに上記のマッチング表に当てはめてみると、

(表4)筆者のスマホとアメリカの各通信キャリア、LTEでの「通信方式」「周波数帯」をマッチングさせた表

オレンジの色になっているところ、つまりAT&TのみでLTEも使用可能ということがわかりました。音声通話は3G回線を使い、データ通信はLTEを使うのが主流の現在では、筆者が購入したSIMフリースマホは、アメリカではAT&Tと一番相性が良さそうです。しかし、LTEでの「通信方式」「周波数帯」マッチング表をよく見てみると、「700MHz(バンド17)」「1.7GHz / 2.1GHz(バンド4)」「1.9GHz(バンド2)」「2.3GHz(バンド30)」の部分、色がついていません。

これは、筆者が購入したSIMフリースマホが、AT&Tという通信キャリアが提供する5つのバンドの内、4つは対応外ということを意味し、一番相性が良いAT&Tでも100%の性能は発揮できないということです。例えば、「700MHz(バンド17)」しかLTEの通信が利用できない地域があった場合、その地域で筆者のSIMフリースマホはLTE通信が使えず、2G、もしくは3Gのみ利用可能ということになります。

それでは、どのSIMフリースマホを選ぶべき?

ベストシナリオは、「新しいSIMフリースマホを購入する時点で、アメリカ行きが決まっている」場合です。この時は、アメリカで利用する通信キャリアを先に決めた上で、その「周波数帯」になるべく合うSIMフリースマホを選ぶのがベストです。

一般的に、格安スマホはあまり多くの「周波数帯」をカバーしていないので、iPhoneやGalaxyなど、グローバルで展開されているモデルを選択することをオススメします。これらを選んでおけば、仮にアメリカで利用する通信キャリアが決まっていない場合でも、高確率でいくつかの「周波数帯」をカバーしている通信キャリアを見つけられるからです。

逆に、格安スマホは購入時は安くてお得なように感じますが、アメリカに来て「あ、このスマホ使えない!」となるケースがほとんどで、結局アメリカでまた新しいスマホを購入する必要が出てきます。

アメリカで使えるスマホを日本で手に入れてしまいたいあなたへ!

アメリカのスマホを日本で「契約」、「受取」できるオンラインサービスで有名なのが「アメスマ」です。当記事をご覧いただき、きちんとアメリカで使えるSIMフリースマホが欲しいと思った方、アメリカのスマホ選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。
▶詳しく知りたい方はこちらへ

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する