アメリカ留学が決まって様々な準備をしていく中で、重要な検討事項の一つに携帯電話があります。

今あなたが使っている携帯電話・スマートフォン。写真やメールなどの大切なデータもたくさん入っていますし、何よりまず使い慣れています。この携帯電話・スマートフォンがアメリカでも使えると便利ですね。

アメリカでもWiFiの環境であれば、もちろん設定をして使うことができます。しかし、そうでない環境においては、日本の携帯電話会社の電波をアメリカで受信することはできませんので、そのまま使うことはできません。

短期のアメリカ留学なら、現地のプリペイド携帯がおすすめ

では、留学中の携帯電話は何を選べばよいでしょうか。ここでは短期の留学をする方向けのものをご紹介します。

プリペイド式の携帯電話

1つ目に、プリペイド式の携帯電話があります。長期間契約の必要がなく、必要に応じて利用料を前払いして使います。

Verizon、AT&T、T-Mobile、Sprintといったアメリカの大手通信キャリアはもちろん、Cricket Wireless、Virgin mobile、Boost Mobileなど数多くのプリペイド携帯会社が様々なプランを用意していますので、ご自身の用途(通話・テキストメッセージのみでOK、データ通信も必要など)と予算、電波のカバー状況に応じて選ぶことができます。

Best Buyなどの家電量販店、TargetやWalmartなどの小売店、スーパーマーケット、ドラッグストアなどで販売されていますので、買い物ついでに売り場をチェックするのもよいかもしれません。

国際ローミングサービス

2つ目に、国際ローミングサービスを利用する方法があります。現在契約中の通信キャリアに国際ローミングのサービスがあり、かつ使っている携帯(スマホ)がサービス対応機種であれば、今の携帯電話番号・メールアドレスをアメリカで使うことができます。サービスの詳細は、各社HPをご覧ください。
» docomo公式ページはこちら
» au公式ページはこちら
» softbank公式ページはこちら

ただし、この国際ローミングサービスは、長期間利用すると料金が高額になるため、超短期の利用に限っておすすめします。

長期のアメリカ留学なら、SIMフリー携帯がおすすめ

携帯電話・スマートフォンには、SIMカード(携帯電話番号などを記憶した小さなICカード)が入っています。通常、現在契約中の通信キャリアのSIMカードが入っていて、その会社の電波でしか利用できないようになっています。これを「SIMロック」といいます。

この状態から、他社のSIMカードを入れても利用できるようにすることを「SIMロックを解除する」といい、SIMロックがない状態を「SIMフリー」といいます。

確認しよう!あなたの 携帯(スマホ)はSIMフリー?

次の2点をクリアしている端末であれば、SIMフリーにすることができます。

  • 2015年5月以降に販売された端末であること
  • 各通信キャリアの定めた使用期間を満たしていること

他にも条件がある会社もありますので、各社にお問い合わせください。

docomo tel.0120-800-000(ドコモインフォメーションセンター)
au tel.0077-7-111(総合案内)
softbank tel.0800-919-0157(総合案内)

おすすめのSIMフリースマホ3選

SIMフリーの端末を購入することになった場合、どれを選べばよいでしょうか?

ご要望が多いのが、日本でもアメリカでも使える端末です。ただ、アメリカと日本では、携帯電話の電波の種類が異なるため、両国内で使えるものはかなり数が限られてしまいます。その中でも次の3機種をおすすめです。

HUAWEI P9 SIMフリー
※au、verizonは使用不可
価格:46,434円※2017年7月5日現在
» 詳細はこちら

ZenFone 3 Deluxe ZS550KL-SL64S4 SIMフリー
※au、verizonは使用不可
価格:41,780円※2017年7月5日現在
» 詳細はこちら

iPhone SE A1723 SIMフリー 16GB リファービッシュ
※リファービッシュ:中古品をAppleで整備・クリーニングを行ったもの
価格:34,800円
» 詳細はこちら

上記のようなアメリカ国内で使えるSIMフリースマホを持っていれば、そこにアメリカで使えるSIMカードを差し込み設定を行うだけで使うことができます。

プリペイド式のSIMカードならば、購入時にソーシャルセキュリティナンバーやクレジットヒストリーは不要です。特に、月額定額制のプリペイドSIMは、アメリカ国内の通話とテキストメッセージ(ショートメール)を無制限で使えるものが多くあります。

長期滞在する留学生の方には、SIMフリー端末+プリペイドSIMの利用をお勧めします。
» 国際ローミングサービスとプリペイドSIMの月額料金比較

マニア向け:アメリカの周波数の話

前述のとおり、日本で今使っている携帯電話・スマートフォンは、海外に持って行ってそのまま使うことができるとは限りません。それは、日本と海外とで通信キャリアの使っている電波の周波数が異なるためです。

アメリカ大手通信キャリアの対応ネットワークと周波数

  2G方式と周波数 3G方式と周波数 LTE周波数
Verizon CDMA One:
1900MHZ、
800MHz
CDMA2000:
1900MHz(Band 2)
800MHz(Band 19)
1900MHz(Band 2)
2100MHz(Band 4)
700MHz(Band 13)
AT&T   W-CDMA (UMTS):
850MHz(Band 5)、
1900MHz(Band 2)
1900MHz(Band 2)
2100MHz(Band 4)
850MHz(Band 5)
700MHz(Band 17)
2300MHz(Band 30)
T-Mobile GSM:1900MHz W-CDMA (UMTS):
1900MHz(Band 2)、
2100MHz(Band 4)
1900MHz(Band 2)
2100MHz(Band 4)
700MHz(Band 12)

上の表のように、会社によって使用する周波数が様々であることがわかります。特にVerizonはCDMA2000方式を採用していますので、注意が必要です。

また、1つでも周波数が合っていれば使用できるというわけではありません。1つではかなり使用が限定され、全く電波を掴まないケースも多くありますので、出来るだけ多くの周波数をカバーする必要があります。

まとめ

アメリカ留学中に使える携帯電話・スマートフォンについて、注意点とオススメの端末をご紹介してきました。携帯電話は日常生活における必需品ですので、渡米後すぐに不自由なく使いたいものです。

月額定額制のプリペイドSIMのh2o by KDDIなら、現地での繋がりやすさはもちろん、月額$30からとコストパフォーマンスも申し分ありません。さらに年中無休の日本語カスタマーサポートがあり、渡米後も安心して利用することができます。留学中の携帯電話を検討する際の参考にしていただければ幸いです。

ご興味のある方は、以下のリンクをご覧ください。