留学にはまとまったお金が必要です。とれる休みの日数と費用の両条件を満たして初めて、現実的に留学を計画することが可能です。あれこれ思い描く前にまず、大まかな費用を確認しておきましょう。

「費用」から「期間」を割り出し、「期間」から「できること」を思い描いていけば、プランを立てやすいでしょう。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

アメリカの短期留学にかかる費用まとめ(1週間・2週間・3週間・4週間)

shutterstock_103176023
地域により費用には大きな差があり、日本人もよく知るボストンやロサンゼルスなど都市部は高めです。4週間(一ヶ月)の場合はホームステイや授業料などで割引が発生することがありますから3週間と4週間では、さほど費用に差が無いケースもあります。

以下は往復飛行機代を除いたフルタイム(午前も午後も授業受講)留学費用の大まかな合計です。(※成田・ロサンゼルス間なら往復格安チケット8万円~)

1週間

  • 語学学校費用(30レッスン):150,000円~
  • ホームステイ費用+生活費:20,000円~
  • 合計:170,000円~

1週間ではかなり忙しないので、もし1週間しかないならばアメリカまで来ずにフィリピンなど近場へ留学する方が時間を有効に使えるかもしれません。

2週間

  • 語学学校費用(60レッスン):250,000円~
  • ホームステイ費用+生活費:30,000円~
  • 合計:280,000円~

2週間あれば、最大限時間を取れれば週末を4回体験できますから、学校へ行くだけではなく遊園地や映画なども楽しめ、間に挟まった週末に近場の小旅行を楽しむこともでき、有意義に過ごすことができます。

3週間

  • 語学学校費用(90レッスン):350,000円~
  • ホームステイ費用+生活費:40,000円~
  • 合計:390,000円~

3週間あれば語学学校の授業にも慣れ、留学生としての生活も十分満喫できます。旅行者ではなく生活者であることも実感できます。

4週間

  • 語学学校費用(120レッスン):400,000円~
  • ホームステイ費用+生活費:50,000円~
  • 合計:450,000円

4週間は1タームとみなされ授業料が割安になるケースがあります。また、アメリカは日本から遠く交通費もその分多くかかりますから、ある程度まとまった期間の留学をできる方がお得感が増します。

上記金額よりも格安に見える金額提示がされている場合は授業数が少ないなど条件が違う可能性があります。具体的にプランを進める場合は、詳細条件を確認して比較検討するようにしましょう。

夏休み or 冬休みにアメリカへ短期留学する手続き

shutterstock_279708161
夏休みや冬休みを利用しての短期留学は利用者が集中しがちですから、こういった手続きを今までしたことの無い海外初心者なら、遅くとも3か月前までにはエージェントに相談しておきましょう。

エージェントは1年後の話でも丁寧に聞いてくれますから、信頼できるエージェントを探す目的もかねて、留学を思いついたその時に早めに、いくつか問い合わせをしておくといいかもしれません。

短期留学に向けて決めていく項目

  • 期間(現地滞在日数+移動日)
  • 地域(都市部 or 田舎)
  • 学校(大規模大学付属語学学校 or 小規模校 or 大学サマースクール)
  • 滞在方法(ホームステイor 学校の寮)

期間は自分の都合により決められますが、学校の様子や滞在方法などは是非留学エージェントに問い合わせる形でこまめに確認しながら進めていきましょう。

この時、最初は複数のエージェントに問い合わせし、対応を比較し十分信頼できる業者を見つけることが後々の安心感につながります。素朴な疑問や不安な点をきちんと聞いてくれる業者でなければトラブルの際、不安で仕方がありません。業者選びも、留学準備のための大切な工程の一つです。

効果0の短期留学…?短期でアメリカ留学したら英語力は伸びるのか?

shutterstock_298382924
1ヶ月ですと英語はさほど上達しません。就職の時に有利になることもありません。英語力で結果も出せず、アピールにもならない短期留学…。

それでも行く値打ちがある理由は、アメリカで「生活」し外国人と何気ない「おしゃべり」をするだけで、自分の知らない世界がまだまだあることを必ず痛感できるからです。

大雑把に見えるアメリカ人は実はルールを厳しく守るし、部屋の電気はなぜかいつも薄暗い。フランス人はフランス人同士で寄りがちでカフェテリアにはいつもフランス人セクションがある。国を捨てアメリカで新たに人生を始めたいと思っている人が同じ学校に実は何人もいる。…など色々なことが見えてきます。

習慣や概念の違いを肌で感じることは、その後の人生の方針や決定にも大いに影響します。人生観や社会観まで変えかねない貴重な体験です

以上、アメリカ短期留学の費用概算とその良さについてでした。ガチガチに勉強して単位をとるだけが留学ではありません。待っていても始まりません。まずは一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?