「Senior=シニア」という言葉に、あなたはどんなイメージを持っていますか?日本でシニアとは高齢者を指すことが多いですが、その他に「先輩」「上級」「高校・大学の最終年の生後」という意味でつかわれる敬意ある言葉です。

ここで「人生の先輩」はどのような人たちか考えてみると、団塊の世代を忙しく駆け巡った、経験豊富なシニア層の方たちが思い浮かびます。仕事一筋!並みならぬ努力を重ね、溢れる知識や技術力を得た人生の先輩方です。そんなシニア層の間で留学がにわかに活気づいているのです。

今回はアメリカを中心にシニア留学についてご紹介します。学生とは異なる視点でチャレンジできるシニア留学。その魅力に迫ってみましょう。

1.シニア留学に行くべき理由とは?

人生の先輩であるシニア世代。これからも変わらず日本を支えていただきたい!でもその前にやっておくべきことがあります。それがシニア留学です!

昔訪れた国へもう一度行きたい!

古いアルバムを除くと、やんちゃなポーズを決めた海外旅行での写真が出てきました。思い出のあの場所に「あの頃と、随分変わったのかな」そう感慨にふけることもあるのではないでしょうか。

心に刻まれた素敵な記憶をもう一度自分の目で確かめたい。その思いを実現することの意味を何倍も理解しているのがシニア世代なのです。

子育てで時期を見逃してしまった

子育ては人生においての大仕事。そうとは言え、高校や大学を卒業して立派な社会人として旅立つ子供たちを見て「ミルクをあげたり、おむつを替えていたのが、つい最近のことのよう」そう子供たちの成長ぶりに時の速さを感じたりします。

子供たちの学校のこと、地域の活動、日頃の生活で忙しかった期間が終わり、やっと一息つける時期です。今まで夢だった留学を実現させたって許されますよね?

仕事で休みが取れなかった 

世界の中でも日本の会社はとにかく忙しい!残業はもちろん休みを取るのも大変で、周りの状況や自分のポジションを考えると厳しかったりします。でも、無事仕事をリタイアしてからは自分の時間が自由にとりやすいので、期間的に長い留学でも十分可能になってきますね。

資金的に余裕ができた 

留学にはある程度の資金が必要です。家族がいると家のローンや子供たちの教育費、その他自分の思うようにお金が使えなかった方も多いと思います。シニア層はお金にも余裕が出てくる世代です。留学にかかる費用もストレスなく準備できることが多いです。心と資金に余裕をもって留学できるのがシニア層の大きな魅力と言えます。

2.シニア留学で話題のアメリカ【趣味を生かした留学スタイルが人気】

ずっと習いたかったこと、趣味ではかじったけどもっと上手になりたい!その夢を今叶えましょう。

シニア世代のおすすめ留学スタイル

シニア留学では、自分のペースでワガママに留学してみるのもよいのではないでしょうか。今まで趣味として続けてきことにさらに磨きをかけたい方は「趣味留学」、興味があったけ時間がなくて始められなかった方は「おけいこ留学」もおすすめです。

欲張り派は語学学校とダブルで通うのも充実した毎日が送れそうですね。留学期間や目的、渡航都市など、自身に合う留学スタイルのシナリオを自分流に作っていきましょう。

シニア留学で必要な英語力

英語が苦手な人でもほとんど心配する必要はありません。現地では英語でのコミュニケーションが不可欠になりますが、渡航前に短期集中型の英会話プログラムに参加したり、生活で必要な単語をまとめるようにすれば大丈夫です。

現地の語学学校へ入学する前に、自身の英語力をチェックしながら、自己紹介や日本での仕事のこと、家族のことなど簡単に話せるようにしておくとよいでしょう。シニア世代の方は、すでにコミュニケーション能力がとても高い場合が多いです。事前学習もスムーズに進むことが期待されます。

シニア留学での主な滞在先

シニア留学の場合も、学生や社会人と留学パターンは同じです。人気の滞在先はホームステイやホテルなどですが、学生気分を味わいたい方はドミトリーという選択もあります。

ホームステイなら家庭的な雰囲気で生きた英語が学べますし、ホテルなら自分自身の時間がたっぷりとれる上、必要以上のルールに縛られることがありません。

大学や大学院のドミトリーの場合は同士が集まる場所でもあるため、異なる視野や考え方をもった世界の留学生と意見交換ができるチャンスも広がります。自身のライフスタイルにあった滞在方法を選んでいきましょう。

シニア留学に必要な費用

シニア留学で必要な費用は、期間、教育期間(語学学校、大学、大学院など)参加するプログラム、滞在都市、滞在方法などによって大きくことなります。アメリカの場合、全体的な費用の相場として1ヶ月40万円~60万円、半年で140万円~250万円、1年で300万円~500万円くらいを目安にしておくとよいでしょう。おおむね、大学や大学院に入学する場合は費用が高くなります。

シニア留学でのアメリカおすすめ都市&語学学校

サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴなど西海岸
温暖な気候で過ごしやすく、バカンス的な気分で快適な留学生活を送ることができます。語学学校、有名大学など教育機関が多数あるため、留学オプションに限りはありません。

サンフランシスコは、ILSCという学校がおすすめ。
ILSCの教師陣は皆経験豊かなネイティブレベルの教師を揃えています。ILSC・サンフランシスコは、その前身が英語教師養成学校ということもあり、独自の英語教師トレーニングプログラムを開発して英語教師の育成に励んでいます。また、ビジネス英語サーティフィケートや地元のNPOでボランティア体験のできるボランティアエクスペリエンスプログラムを提供しています。

ロサンゼルスはKings Educationという学校がおすすめ。
キングス・ロサンゼルスは、ロサンゼルスのハリウッドに校舎があり、サンセット通りに近く、ロサンゼルスの地下鉄の駅からも近いため、ロサンゼルスではほぼ唯一といって過言ではないくらい地下鉄を利用した通学が可能な学校でもあります。また、ロサンゼルスの学校はビルの一部を利用している場合も多いですが、キングス・ロサンゼルスは、建物そのものが学校所有のものなので、学校の敷地内で学校独自の雰囲気で留学生活を味わうことができます。

サンディエゴはKaplanという学校がおすすめ。
サンディエゴ校は、平均270人の比較的大きな学校です。 学校の中へ入ると、天井が高く広々とした空間に受付と学生ラウンジがあります。窓もとても大きくて解放的です。休み時間には中庭で太陽の下のんびり過ごすことができます。またサンディエゴでももっとも活気のあるガスランプ地区に立地しているので生活も便利!

ニューヨーク・ワシントンDCなど東海岸
世界の情報発信基地であるニューヨークや政治の中心であるワシントンDCもおすすめです。冬は寒くなりますが、暖炉に暖まりながらアカデミックな留学生活を送るのも素敵ですね。

ニューヨークなら、EC Englishがおすすめ。
30以上のクラスがあり、学ぶべき英語のスキルは一般のクラスと同じですが、スキルを学ぶために使われる設定場面や、トピックなどが、より「大人」が興味の持ちやすい内容になっているます。

ワシントンDCでは、ELSという学校がおすすめ。
ELSのワシントンD.C.センターは、ワシントンD.C.の中で最も魅力的で安全な地域にあります。米国の首都にあるセンターはアメリカン大学のキャンパスから数分の距離にあり、数多くの美術館や記念碑、庁舎へはワシントンメトロが便利です。

ハワイ諸島
常夏の島ハワイはどの世代の日本人にも不動の人気を誇ります。友達やパートナーと一緒にホリデー気分で留学を実現したいならハワイがおすすめ。ハワイアンキルトやフラダンスなど、ハワイ独自の文化も学べます。世界有数のゴルフ場もあるので、ゴルフ留学するのもよいですね。

ハワイなら、ICCという学校がおすすめ。
大人の留学として人気が高く、特に50代前後の成熟した学習者用にデザインされたプログラムがあり、授業では同じ世代の生徒様と共にゆったりとしたスピードで、より生活に即した英語を学習が出来ます。

納得する留学を実現したいなら、留学エージェントに相談すべき

留学エージェントは毎日のようにあらゆる世代の留学希望者と話をしています。シニア世代向けの語学留学プラン、おけいこ留学や趣味留学での多彩なプランについてプロの視点で相談にのってくれますので、一度足を運んでみて下さい。

予算のこと、性格的なこと(シャイで内気など)、パートナーと一緒に行きたい、現地で観光を取り入れた留学プランを立てたいなど、プライベート的な相談なら個人面談もできますので気軽に利用してみて下さいね!
» 無料:カウンセリング申込

シニア留学では最適な語学留学プランや趣味留学でのプログラムが豊富に揃っています。今まで頑張った自分へのご褒美に「シニア留学」を実現させてみませんか?