アメリカ現地留学セミナー、無事終了しました。
いつも通り満員御礼。

このような留学説明会は毎月やっているものの、東京・大阪以外の場所では年に数回の事。
参加者の方も私たちもいつも以上に真剣です。

昨日は特に良かった!
説明会終了後にめちゃくちゃ質問をもらいました。

「Wifiを現地で手配するとどれぐらいかかりますか?」
「どこの学校が一番日本人少ないですか?」
「大学進学に一番強い学校はどこですか?」
「車がなくても生活できますか?」
「ビザ申請はどこまでしてもらえますか?」

などなど。

質問こそが皆さんの知りたいこと。いろいろ質問が出るとやっぱり講師のテンションも上がっちゃうんです。

さてさて、このアメリカ現地留学説明会は2007年にはじめて以来、最も長くやり続けている説明会です。すでに1万人以上の方が参加してくれており、いつも満席になる説明会です。

今日はこのいつもやっている説明会では大体どんなことをやっているのか、簡単にスライドと共に説明していきたいと思います。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

アメリカ現地説明会セミナーの内容とは?


スライドは全部で30枚ぐらいあります。
1時間15分程度の講演なんですが、いつも時間が足りないぐらいのボリュームがあります。

目次で言うと

『住んだ人が語るアメリカの都市、特徴』
『長期留学。最大1万ドル節約する方法』
『5年の学生ビザをゲットする方法』
『安いのには理由がある。格安校が安い理由』
『厳選2校ピックアップ。現地でしか知られていない学校裏情報。』
『現地の人が使っている便利なサイト、節約方法』

と言った内容。

それぞの内容について以下にほんの少し触れていきます。

住んだ人が語るアメリカの都市、特徴


留学する場所としてはニューヨークとロサンゼルスが日本人には人気ですが、アメリカはでかいんです!行けば分かりますが、この2つの都市は全然違います。

日本でも北海道と沖縄は全然違うでしょう?
アメリカの国土はそれ以上にでかいので、まるで違う国のように雰囲気が違います。

また、この2つの都市以外にもいろいろ魅力的な都市はいっぱいあります。

シカゴはアメリカ2位の金融都市で大都会。フロリダは暖かく、リゾートのような場所ですが、ハワイよりも日本人が少ない。サンディエゴはゴルフやサーフィンのメッカだし、シアトルには四学期制の大学が多く、日本の教育制度と時期を合わせやすい。

こんな感じで都市の説明をしていきます。
どこの都市に行こうか迷っている人には最適の情報。

「へえ、それなら〇〇という都市にしようかな」

という声を良く頂きます。

長期留学。最大1万ドル節約する方法


ここは大事。現地にいないと分からない情報満載です。

アメリカ留学は短期で50万円、年間350万円と言われることが多いですが、これは本当の話です。特に都市部は物価が高く、結構かかります。しかし、実際に現地に長く住んでいる人がみんなこんなに使っているかと言うと、みんなちゃんと節約しています。

そもそもアメリカは貧富の格差が激しい国です。
年収2万ドル(約230万)程度で生活している人もたくさんいます。

確かに外食をしてラーメンを食べればチップ込みで1,500円します。でも安いスーパーマーケットで食材を買ったら日本よりも量が多く、安かったりもするものもたくさんあるのです。

ここでは学費を抑える方法や、滞在費を抑える方法も含めて伝授し、年間180万で留学している人の例を説明します。

どのような方法で留学するか分かりませんが、アメリカに留学する予定の人はみんな知っておくべき情報だと思います。

5年の学生ビザをゲットする方法


アメリカに90日以上留学する日本人は学生ビザの取得が義務付けられます。

この学生ビザですが、却下される人は脚下されます。
銀行の残高が十分でない人や、手に職系の人、年頃の人などは特に注意です。

確率で言うと5%前後かと思いますが、移民を疑われる、現地で働きそう、と疑われたり、結婚目的の入国だと思われたり…。

脚下されると大変。以後、ハワイ旅行ですらいろいろと手続きが面倒になったり、審査時間を長くとられたりと面倒な事になります。

なので、自分でもビザ申請は出来なくはないのですが、専門家の話を聞きながらやるのをお勧めしています。

説明会ではこの脚下されないノウハウ、最長期間である5年間の学生ビザを取得するノウハウをシェアしています。

ちなみに、私たちはおそらく日本で最も学生ビザの申請サポートをしています。年間400件以上、過去に5,000件程度はサポートしてきました。自分で言うのもなんですが、多分この話はうちにしかできないと思います。

安いのには理由がある。格安校が安い理由


アメリカの語学学校はおそらく300校ぐらいはあると思います。
当然、それぞれ授業料は異なるわけですが、大体幅で言うと月3-400ドルの格安校から2,000ドルとかなり幅広いのです。

もちろん通う学生としては同じ内容なら安ければ安いほど良いわけですが、実際は価格によっていろいろな部分が変わってきます。

国際性だったり、授業の質だったり、アクティビティーだったり。これらの違いを説明していきます。別に高い学校に行くべきだとか言うつもりはもちろんないですし、逆に、安い学校が絶対お得だとも言いません。

ブランドでもグッチがあればユニクロもあるように、それぞれ用途によって使い方は違うだろうし、何を大切にしているのか、皆さんの価値観によっても違うと思うのです。

大切なのは違いを知っておくこと。

質をもっとも重視するのでれあれば授業料金は気にしないで学校選びをすればいいし、一円でも安く留学したければ、安い学校の中から自分にあった学校を選ぶべき。

でも安い学校の分、どこを妥協するのか、価格がどういう部分に影響するのかを知っておくと学校選びに失敗しない可能性が高くなるのです。

この違いは私たちが2005年の設立以来、様々な学校に足しげく通った結果分かったこと。ぜひ聞いてもらいたいです。

厳選2校ピックアップ。現地でしか知られていない学校裏情報

これも上記と同じですね。

その時によって学校の状況は変わっているので、今どんな情報をお伝えするのかは
はっきり言えませんが、その時の旬の情報をお伝えしています。

現地の人が使っている便利なサイト、節約方法


現地の留学生が使っている便利なサイトをいくつか紹介します。

例えば日本人同士のコミュニティーサイト。
これが実は留学費用を抑えるにはとても活用できます。
物々交換の情報やら、中古車情報、仕事探しなどなど。

実際、自分が留学した時も自分の部屋の家具を3万円ぐらいで、帰国する人から譲り受けました。

また、アメリカ人大学生が使っているアメリカの大学検索サイトとか、エッセイの情報サイトなどなど。これらもやっぱり私たちが現地オフィスと日本とでスタッフを行き来させてたり、常に情報交換・共有しているから出来ることなんですよね。

ぜひこのような先輩の声を聞き、留学準備に役立てて欲しいと思います。

なんで留学説明会をやるのか??


それは自分がアメリカに留学した時に、後悔が多かったからです。
自分が留学した時は今のようにSNSも無かったし、ブログもそんなに無かったので、今のように情報を得るのも簡単ではありませんでした。

だから現地に行ってから

  • 学校がこんな車がないと生活できない場所だとは思わなかった。
  • こんな日本人だらけの学校だとは思わなかった。

などなど、イメージしていた留学とは全く違っていました。

後悔とまでは言い過ぎですが、知ってれば防げたのに!っていうことが多々ありました。

だから、このような情報は、これから留学する人たちには知っておいて欲しい。
純粋にそう思ったからです。

正直な話、留学エージェントの立場からするとこれらは結局は集客を目的としたイベントです。情報を提供する変わりに、うちを使って欲しい、という裏の目的がそこにあるわけです。

しかし、実際開催する側としては、来てもらった人のお役に立てて初めてお客様が、「ここなら安心できる」と思ってもらえることを知っています。

そもそも、うちも他の会社もカウンセラーは自分たちの経験を伝えたくて留学カウンセラーになっています。留学した先輩方が、あなたの留学をより良いものにしたいからカウンセラーになったのです。自分と同じ失敗をして欲しくないから講師になるのです。

サービスを利用するかしないは別として、うまく利用して、先輩の話を聞く場として利用すればよいと思います。

聞かないで損することはあっても聞いて損することはないです。
もし興味がある人はぜひ話しを聞きに来て下さいね。

次回の開催予定はこちらから
» 現地留学説明会|手数料0円の留学情報館