留学の情報を集める中で、やっぱり参考にしたいのが体験談。生の声を実際に聞いてみれば、その場所について一般的な話だけでなく、中には想像もしていなかったような、今まで知らなかった情報を知ることができることもあります。

今回はアメリカ西海岸のサンディエゴ留学へ行った人たちのブログから、特に参考になりそうな記事を集めました。サンディエゴへの留学を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.Maya’s Diary in San Diego

名前 Maya
年齢 31
職業 メーカー勤務
留学先 UCSD エクステンション
留学期間 3年以上

社会人留学を経験しつつ、現地での就活経験もされているため、社会人の方はもちろん学生の方にも国内外問わず就活に役立つ情報、個人の感想をまとめているため、非常に参考になるかと思います。

また3年以上サンディエゴに滞在されているということで、サンディエゴの様子や留学体験といった一般的な情報も、かなり充実しているブログです。

印象的だった文章

ちなみに、みんな気軽にお引越しします。理由は交通の便がいいところにしたいとか、安いところを見つけたとか、ルーミーに我慢ならないとか、飽きたとか色々。私の友達でずーっと同じところに住んでる人っていないかも。約10カ月滞在していて最低1回は引っ越していて、多い人は3回くらいかなぁ。

自分の身の周りのものをスーツケースに詰めて移動するだけですので、日本の引っ越しみたいな感じは全くなく、気軽なもんです。

現地の引越しの話など、なかなか日本とは事情が違うため戸惑ってしまいますが、こうやって現地に滞在されている方のマイナーな情報はやはり貴重です。

2.yasuのサンディエゴ留学日記

名前 yasu
年齢
職業 ITエンジニア
留学先 UCSD エクステンション
留学期間 六ヶ月

ビザ取得から入学手続きまで、留学に必要な申請の話をわかりやすく説明されているブログです。

加えて留学中の生活の話やインターンシップの話と、おそらくサンディエゴへ留学に行かれる方が必要とされている情報はこの方のブログを参考にすると役に立つことでしょう。

印象的だった文章

ボスはフルタイムで働くときは毎回昼食をおごってくれ、その移動中の車内や昼食中にいろいろ話をしました。ボスはマーケティングの長い業務経験があるため、なんとなく話すビジネスに関する雑談も深く、理論などもきちんと理解して自分のものにしているという印象を受けました。雑談をしていると、着眼点などに「へー」と思うことが結構あり、インターンシップよりおもしろかったです。

出典:インターンシップ終了

インターンシップの業務そのものではなく、インターンシップを通した人とのつながりに価値がある、ということを感じさせられる記事です。人との出会いやつながりの重要性を改めて考えさせられますね。

3.UCSD Rady MBA留学後記

名前 SHIN
年齢 30前後
職業 コンサルタント
留学先 UCSD エクステンション
留学期間 2年間

MBA取得のための留学へ行かれたというだけあって、ビジネス関係の投稿が多いブログです。

MBAの事前学習や留学中の勉強など、主に自身の学習について詳細に書かれており、ビジネス留学を考えている方にはオススメしたいブログです。

印象的だった文章

楽勝でしょ!とかましていて実際に取り組んでみるとかなり苦労したセクション。
カウンセラーに「率直に言ってね♪(Please be straightforward)」って頼んだら

目を見つめながら「話がつまんないのよ」とディスられ
私が答えている間に、PCで別の作業をしだして、答え終わって「終わったんだけど」って言ったら「そんなこと聞いてないわ」とキれられ
「準備不足で満足な回答できないから次のセッションで」と言ったら、「今アドリブで話せなきゃダメ」と正論で切り返され、しどろもどろで答えると 「あなたの言ってることは何もわからない」と軽く蔑まれ

出典:MBA受験(インタビュー対策)

MBAのインタビュー練習に関しても詳細に書かれています。
アメリカの先生はストレートに何が悪いかをきちんと言ってくれる先生が多いため、慣れていない人は、最初は苦労するかもしれませんね。

4.人生ギャグ

名前 Yusuke
年齢 20代前半
職業 学生
留学先 SDSU
留学期間/td>

1年間/td>

サンディエゴの州立大学に通われていた方のブログです。

留学自体はかなり前だったようですが、それでも大学生活の様子など、大学へ留学を考えている方には参考になる記事の多いブログではないでしょうか。

印象的だった文章

サンディエゴに来たからには、公用語であるスペイン語を勉強しておかねば、ということで履修。
これが結構ヒットして、少しずつ分かるようになって来ました。
スペイン語は一応僕の第4外国語ということになるのですが、全くモチベーションの上がらなかったフランス語に比べると、僕がメキシコのプロレス(「ルチャ・リブレ」と呼ばれていて、「自由な闘い」という意味)にも興味があることと、何よりサンディエゴという土地に住んでいることからやる気はそこそこ出ました。

出典:サンディエゴ~SDSU編~

サンディエゴはメキシコに接していることもあって、アメリカの中でもスペイン語が特に生きる地域の一つです。

英語学習のついでに、スペイン語がネイティヴな地域で第三言語を身につけるのもいかもしれませんね。

5.サンディエゴ大好き横浜ライフ

名前 kobayashi
年齢 ?
職業 IT研究開発
留学先 UCSD エクステンション
留学期間l 3ヶ月間

サンディエゴを愛してやまないこちらの方のブログでも、留学中の生活の様子やアドバイスがシンプルにまとめられているため、非常に参考になります。

印象的だった文章

サンディエゴといっても、通える所は何カ所かあります。UCSD Extensionの場合で書きますね。UCSD Extension はUCSDの中にある総合的な専門学校という感じで、その中に語学学校もあるのです。メキシコに近いため、もともとヒスパニック系(スペイン語を主に話す。英語が話せない人も居る)がいるので、スペイン語を話す人や、中南米からの短期語学留学生が多い傾向にあります。授業は月~金、半日だけ(月水金は午前だけ、火木は午後だけという感じ)というパターンでした。きっと留学ビザが出せる最低限の時間なんだと思います。

出典:留学先にサンディエゴを考えている人へのアドバイス

6.米国大学生活のリアル

名前 eren
年齢 20代
職業 学生
留学先 UCSD
留学期間 T?

こちらもUCSDヘ留学された方のブログですが、文字だけでなくキャンパス内の写真が多く取り扱われており、留学生活をイメージしやすいブログになっています。

印象的だった文章

私の寮では、3人部屋5つ、1人部屋1つ、そして「コモンルーム」と呼ばれる共用スペースを合わせて一つの「スイート」と呼びます。私のスイートにはカリフォルニア出身者13人、マレーシア人1人、インド人1人、そして日本人の私で計16人が住んでいます。

文化背景、宗教、専攻、趣味やpassion、関心も様々で面白いです。私は日本にいるころから多様性のある(diverseな)環境を求めていたので、すごく好きです。それぞれ育ってきた環境が異なり、見てきたものや経験してきたものもいろいろなので皆、他の人が知らないことや考えもしなかったものの見方など一人ひとりシェアするものが多くて魅力的な環境です。

出典:UCSD #3: 寮生活

写真も交えながら、寮内の多様な環境についても触れています。

7.米国留学記 その2(私が出会ったサンディエゴで暮らす日本人)

名前 みずまる
年齢 20代
職業 学生

こちらはブログ自体はすでに留学から離れていますが、興味深い記事があったため必見です。

印象的だった文章

こうやって、暮らし始めていくと、期間限定ではなく、そこで生活し、毎日生きていくのは並大抵な苦労ではないということが、よく分かった。

本文中では、アメリカでの滞在中に出会った日本人について、3つのタイプに分けて解説されています。

人生経験を大きく左右すると言われている留学には、こういった気づきが得られることもその理由として大きいとも言えますね。

8.UC San Diego MBA留学記

名前 竹崎孝二
年齢 29
職業 元公務員
留学先 UCSD

MBA取得のため、留学に向かうまでの過程について詳細に書かれている記事です。実際に留学に向かうまでは4年ほどかかったらしく、その分内容も読み応えのあるものになっています。

印象的だった文章

面白そう,という好奇心

これにつきます。キャリアプランがどうとか,体系的な経営理論と実践が習得したいとか,論理的な理由はありません。ただ,単純に,「MBAって面白そう!」,「国籍もバックグラウンドも全く異なる人に会って,濃密な時間を共有したい!」という好奇心が自分を動かしていました。

MBAは確かに時間をかけて取る価値のあるものかもしれませんが、記事の中ではあくまでも自分が面白そうだから取得を目指したと書かれています。

数字の損得勘定ではなく、自分の人生に価値のあるものだと思えることに飛び込めるのは素敵なことですよね。

9.Mayのサンディエゴ活動を記録しよう

名前 C.I
年齢 20代
職業 ITシステム系企業・海外進出業務担当
留学先 UCSD

大学卒業後、就職せずに留学へ向かったという方の体験談です。留学で下手ことが帰国後の就活にもつながったという、興味深いお話を残してくれています。

印象的だった文章

客観的な視点を持てるようになったことが、留学してよかったと思う点です。日本国内からだけでなく、外からの視点も持てるようになったことで、よりバランスの取れた考え方ができるようになりました。また何が良いのか自分で考えて選択するようになったこともアメリカで学んだことだと思います。ただ、あくまでまだ「日本」と「米国(しかも西海岸のほんの一部!)」の視点しか経験していないので、将来はアジア・欧州・イスラム圏などで過ごして、彼らの考えにも触れてみたいと思っています。

一度視野が広がれば、もう少し、もう少しと自発的に何かを知ろうとすることができるようになるのは、多様な環境が整っているアメリカでの留学経験ならではなのではないでしょうか。

10.OH! MY San Diego

年齢 20代
職業 学生
留学先 UCSD
留学期間l 11ヶ月

交換留学で約1年サンディエゴに滞在されていた大学生の方のブログです。

印象的だった文章

ところで結論から申し上げますと
SDに関しては買えないものはありません。
日本の100円ショップもあるし、日本のスーパーもあるし、
アメリカのスーパーにもいろんなもの売ってますし。
なので究極的にはパスポートとI-20を忘れなければなんとかなります。

サンディエゴはなんでも揃っているということをひしひしと感じさせられる一文。この記事は10年近く前のものですから、現在はもっと便利になっていることだと思います。

いかがだったでしょうか。留学先は同じでも、留学ブログは書き手の人の経歴によって、その内容も大きく異なります。

自分の留学の参考になるブログや記事を探してみてくださいね。

▼サンディエゴの語学学校を検索、自動見積もり
サンディエゴの学校