筆者もニューヨークに1年近く滞在していましたが、20年前とは比べ物にならないほど安全になったと言われるニューヨークでも、観光客や外国人をターゲットにした犯罪はありますし、被害にあったという話もたまに聞きました。

その多くは置き引きや盗難の類ですが、人気のない場所へうかつに入ってしまうと強盗や殺傷といった生命の危機に関わる犯罪にも巻き込まれかねません。

最近ではテロのような国際犯罪も目立つため、観光スポットのような人の集まる場所もやたらと行かないようにするといった対策も必要になってくるでしょう。

「留学には興味があるけど…こんな状況だし…」
いま決める必要はありません。
でも、いま準備すると4つもメリットがあるんです!

海外で生活するってどんな感じ…?
「留学準備」3つのコツと進め方
留学のプロに相談!

色んなサービスやコンテンツがたくさん!

1.アメリカで安全な都市はどこ?治安の良い場所トップ20

1.アメリカで安全な都市はどこ?治安の良い場所トップ20

ではアメリカの中でも特に安全な場所はどこになるのでしょう?治安が良いとされる都市を20個ほどまとめてみました。
参考:Crime in America 2016: Top 10 Safest Cities Over 200,000 – Law Street (TM)

  • ニューヨーク(ニューヨーク州)
  • サンノゼ (カリフォルニア州)
  • サンディエゴ (カリフォルニア州)
  • ロサンゼルス(カリフォルニア州)
  • サンフランシスコ(カリフォルニア州)
  • エルパソ (テキサス州)
  • フォートワース (テキサス州)
  • オースティン(テキサス州)
  • ダラス(テキサス州)
  • ヒューストン(テキサス州)
  • ボストン (マサチューセッツ州)
  • ラスベガス (ネバダ州)
  • ホノルル(ハワイ州)
  • デンバー(コロラド州)
  • シカゴ (イリノイ州)
  • フェニックス(アリゾナ州)
  • ジャクソンビル(フロリダ州)
  • マイアミ(フロリダ州)
  • フィラデルフィア(ペンシルヴァニア州)
  • ポートランド(オレゴン州)
  • シアトル (ワシントン州)
  • ワシントンD.C

一度は聞いたことある街、ない街人それぞれかもしれませんが、これらの都市が比較的犯罪件数の少ない都市とされています。筆者としてはテキサス州の都市が意外にも安全なことに驚きました。みなさんはどの街が気になりましたか?

2.アメリカ留学するならどの都市が良いのか?

2.アメリカ留学するならどの都市が良いのか?

上記の都市はいずれもアメリカで安全とされている都市にはなりますが、安全であることが必ずしも留学に適しているとは限りません。

もちろん安全であることは留学に際してとても大切な要素にはなってくるのですが、安全面だけでなく教育のサポートがなされているか、その都市に日本人はいるのか、食べ物はどうなのかなど、総合的にみて自分にあったところ、自分が住みたいと思うところを留学先に選ぶことをおすすめします。

ニューヨーク・サンフランシスコ・サンディエゴがおすすめ

筆者としてはやはりニューヨークやサンフランシスコ、サンディエゴといった東海岸、あるいは西海岸の都市をおすすめします。

一つ目の理由としてはやはり語学学校の数の多さです。海岸沿いは留学生にも人気の高い場所で、数が多ければ多いほど語学学校の質も高く、授業の質はもちろん生活面でのサポートも行ってくれるところが増えていくため、結果的に安心・安全の留学生活を送ることが簡単になるからです。

二つ目に日本人が多く、日本人向けのサポートを受けやすいことにあります。東西の海岸都市はともに日本人が多いことで有名ですが、日本人が多いということはそれだけ日本人向けの食料品店や診療所など、日本人に合わせた生活環境が整えられているということです。

体を壊してしまった時や何かトラブルに巻き込まれてしまった時など、頼れる場所や人が近くにあることは、精神衛生的にもかなりのサポートになります。

アメリカにいくのは初めて、あるいはアメリカだったらどこでも良いと考えている人は、とりあえず西海岸、あるいは東海岸の都市から選んでみましょう。

3.安全な都市の中でもおすすめの語学学校まとめ!

3.安全な都市の中でもおすすめの語学学校まとめ!

アメリカの都市についてのリサーチが終わったら次はやっぱり学校選び。質の高い授業とサポートが得られる語学学校を5つほどまとめました。

  • ELS(都市:アメリカ全域、リンク先はサンフランシスコ校)
  • EF(都市:アメリカ全域、リンク先はボストン校)
  • Kaplan(都市:アメリカ全域、リンク先はシカゴ校)
  • Rennert(都市:ニューヨーク、マイアミ、リンク先はニューヨーク校)
  • ELC(都市:ロサンゼルス、サンタバーバラ、ボストン、リンク先はロサンゼルス校)

ELS・EF・Kaplanはいづれも北米各地に語学学校を展開しているトップレベルの教育機関になるため、自分が行きたい!と思っている都市にぴったりどれか一つは設置されているかと思います。

授業の質も評判が高く、予算の都合を考えなければとりあえずはこれらを押さえておけばまず間違いはないでしょう。

RennertとELCは校数は上記の3つに比べて少ないものの、いづれも質の高い授業と手厚いサポートで有名です。

インターネット上の情報だけではわからない、ということであれば、近くのエージェントに相談してパンフレットや体験談とともにさらに詳細な情報を手に入れることも可能ですので、積極的に活用していきましょう。
【無料】English Pediaから留学相談をする

まとめ

まとめ

慣れない土地で安全確保に努めるのは中々骨の折れる話で、精神的にも最初は疲れてしまいがちですが、事前の念入りなリサーチと安心できる語学学校、そして現地での生活に慣れていくことで、次第に体が現地に慣れていき、必要以上に心配をすることもなくなっていくでしょう。

もちろん慣れた時こそ一番スキが生まれやすいため油断は禁物ですが、しっかりと留学前の準備を行い、万一のことがあっても大丈夫なように保険にはしっかりと入るなど、できることはきちんと行っておきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

友達登録をする