アメリカ留学でルームシェアを選択する人は多くいます。ルームシェアをすることで費用を抑えたり、友人の輪が広がったりなど様々なメリットがありますが、同じくデメリットもあります。

今回は、アメリカ留学中のルームシェアの探し方と、メリットとデメリットについてご紹介していきます。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.アメリカ留学中にルームシェアを探す方法5選

1.アメリカ留学中にルームシェアを探す方法5選

ルームシェアを始めようとしてもどこで探したらいいかわからないものです。まず、どのようにルームシェアを探すか5つの方法を紹介します。

1:大学のルームメイト募集の掲示板を見る

学内やカフェテリアには、学生専用の掲示板が置かれています。ここでは、学生がサークルの募集をしたり、スピーキングパートナーを募集したり、学生専用の情報が掲載されています。

ルームシェアの情報もここに張り出されていることが多く、まずは掲示板を確認することをおすすめします。ルームシェアの情報は、掲示板に付箋のように張ってある事が多いため、付箋を取りそこに書かれている電話番号に連絡をしてみて下さい。

英語が苦手な人は、英語のできる友人に頼んでみてもいいでしょう。

2:現地の友達に紹介してもらう

大学の掲示板で探す場合、初めて会う人のため信頼できるか心配という時は、現地の友人の紹介が一番安全です。現地の友人でしたら、横の繋がりがあるためルームシェアの相手がどのような人間か事前に把握することができます。

私の女性の友人は、この方法でルームシェアを探していました。女性の場合、安全性や信頼性が特に重要なので、現地の友人の紹介以外の選択肢はないと言っていました。

3:アドバイザーに相談する

留学する場合、現地のアドバイザーが1人1人につきます。授業や言語の悩みから食事、病院のことなど、色々と相談に乗ってくれます。私も、アメリカ留学中は小さな事からアドバイザーに相談に乗ってもらいました。

特に、留学当初は英語もそこまでできなかったため、手続きや現地のことについて色々と教えてもらいました。

アドバイザーは基本的に数人を担当しているため、多くの学生と繋がりを持っています。ルームシェアを探す時も、助けとなってくれるでしょう。

4:Webで検索する

Web上でルームシェアを募集している人たちがいます。学校の掲示板は、基本的には同じ学生のみですが、Webを使うことで他の大学の学生や社会人などと、繋がりを作ることがでいます。

住む場所の選択肢も増えるため、学校から少し離れた場所やおしゃれな場所なども選択肢に入れることができます。

5:自分で募集をする

自分でアパートを借りて、募集するという方法があります。私の友人は、自分でアパートを借りて、値段設定を行い、ルームシェアを募集していました。ルームメイトが退去してしまうと、自分が払う金額が大きくなってしまうため、リスクはありますが部屋が余っている場合などは有効です。

2.アメリカ留学中にルームシェアをするメリット3つ

2.アメリカ留学中にルームシェアをするメリット3つ

ホームステイや一人暮らしなど、住居は様々な選択肢がありますが、ルームシェアには、多くのメリットがあります。そのメリットについて紹介します。

1:友達が作りやすい

アメリカ留学を始めた当初は、友達も少ないものです。ルームシェアをすることで、すぐに友人ができます。また、ルームメイトが友人を連れてくることもあり、パーティーを開催して多くの出会いを自然と作る事ができます。アメリカ留学を始めたばかりの人にはおすすめです。
»関連記事:心配しないで!アメリカ留学中に自然に友達を作る方法7つ

2:常に英語の環境に身を置ける

アメリカ留学したからには、常に英語の環境に自分をおきたいですよね?ルームシェアをすれば、常にアメリカ人や他の国の友人と一緒にいることができます。

ホームステイでも同じ環境ですが、ホストファミリー以上に一緒にご飯を食べたり、将来のことを話したり、共にする時間が多いです。

私も、アメリカ人とカナダ人とルームシェアをしていましたが、一緒にご飯に行ったり夜遅くまで話したりと、常に英語の環境に身を置く事ができ、ルームシェアをしてよかったなと思っています。

3:困った時一番助けになる

アメリカ留学をしていると、困難に直面することが出てきます。全く違う文化で言葉も完璧にはわからない環境にいるため、仕方がないことです。

そういう時に一番頼りになるのが、ルームメイトです。同じ部屋で生活しているため、家族のような繋がりができます。もし、病気になっても病院に連れて行ってくれたり、料理を作ってくれたりと大変助かります。

逆に、ルームメイトが病気になったときは、料理を作ったりと気をつかってあげて下さい。

3.アメリカ留学中のルームシェアのデメリット3つ

3.アメリカ留学中のルームシェアのデメリット3つ

ルームシェアは、メリットだけではありません。同じようにデメリットもあります。ルームシェアを始める前に知っておくべきデメリットを紹介します。

1:相性が合わないと最悪

ルームシェアのデメリットの一つが、ルームメイトとの相性です。相性が合わないと、毎日辛い思いをすることになります。

例えば、夜の過ごし方。テストがあるのに、毎日のようにパーティーをしているとなれば、勉強に集中できませんよね。このように、ルームメイトとの相性はとても大切です。

一緒に住んでみないとわからないこともありますが、アジア人の留学生は考え方や価値観が近い傾向があるので、まずはアジア人とルームシェアを始めてもいいでしょう。

2:冷蔵庫のシェア問題

冷蔵庫は基本的に部屋に一つです。そのため、ルームメイトと冷蔵庫内のスペースをシェアすることが基本です。

しかし、スペースを決めても、物に名前を書いてもそのルールが守られない場合があります。私が留学していた時、多くの果物を冷蔵庫に保存していました。ある日、徐々にそれが減っている事に気がつきました。ルームメイトが、3人いましたが、誰に聞いても食べていないと言うだけで、結局なぜ減っていたのかわかりませんでした。

日本人の他の留学生にこのことを話してみると、同じ経験があると言っていましたので、冷蔵庫をシェアする場合は注意が必要です。

3:掃除意識の違い

一つの部屋で一緒に暮らすということは、掃除という問題がつきまといます。ルームメイトが、きれい好きなら問題ないのですが、その可能性は少ないです。特に、食器の洗浄は担当を決めておいたほうが無難です。アメリカは、食器洗浄機でお皿やコップを洗う習慣があります。

私は、一枚汚れただけで食器洗浄機を動かすのはもったいないので、ある程度まとまった時点で洗浄機を動かしていました。

しかし、誰が洗浄機を動かすのか明確になっていなかったため、ずっと置きっぱなしになっていることがよくありました。これを防ぐためにも、担当を明確にしておく事をおすすめします。

いかがでしたか?アメリカ留学のルームシェアの選び方とメリット、デメリットについて紹介しました。多くのメリットがある分、デメリットも同じだけあります。アメリカ留学をよりよいものにするためにも、ルームシェアをする前にはしっかりと事前調査をすることをおすすめします。