皆さんのアメリカ留学の目的はなんでしょうか?新しいスキルを身につけたい、たくさんの人と知り合いたいなど、十人十色の目的が皆さんにはあると思います。

とはいえわざわざアメリカを選ぶ人たちには、英語力をさらに高めたい、という思いで留学している人がほとんどということも事実。会話力ならネイティブの国で生活するのが一番ですからね。

けれどせっかく海外で勉強するなら効率よく勉強したい!有意義に留学生活を送りたい!と考えている人もいるはず。今回は留学に備えて実践しておきたい勉強法、そして留学中に使える英語勉強法をご紹介します。

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.アメリカ留学前に最低限やっておくべき英語勉強とその理由

1.アメリカ留学前に最低限やっておくべき英語勉強とその理由

留学に備えてあらかじめやっておきたいのは、まずは英語を耳に慣らしておくことです。

海外旅行などに行かれる方はわかるかもしれませんが、いくら自分が知っているフレーズや単語などでも、いざ会話になると中々うまくいかないもの。筆者としては、この原因は主に相手が何を言っているかわからない、というところにあると考えています。

例えばお店に行って、「What do you need?(何が欲しいの?) 」と言われても、ネイティブの人たちは、やはり喋るのが早い上、各々に訛りがあることもしばしば。上のような短いフレーズでも、聞き取れなくて理解ができなければ、知識があっても自分の口は動いてくれません。

こういった言語のカルチャーショックを少しでもやわらげるため、まずは日本にいるうちからきちんと自分の耳を英語に慣らしてあげましょう。

また、英語は日本語と違い、大事なこと、つまり主語や動詞は文のはじめの方に設置されています。これには会話でも同じことが言えますので、特に喋り始めに何を言っているのか?ということに注目できるよう意識すれば、とても良いリスニングの訓練になります。

具体的な学習方法

有名なスピーチや映画、TVドラマなど、自分の好きなもので構いません。毎日英語を聞く癖をつけて、海外生活に備えるのが有意義な留学生活を送るための第一歩です。

英語を勉強するなら留学に、留学に行けば英語は自然とできるようになると考えている方は多いと思います。

確かに長期間生活していれば多少は英語力は身につきますが、留学となれば限られた時間を使って少しでも英語力をつけようと工夫をしなければ、留学を有意義なものにできないまま帰国、ということにもなりかねません。

留学中だけでなく、留学にそなえて事前にある程度勉強しておけば、留学先でもすぐに現地にも馴染むことができ、英語力の伸びも準備しない場合に比べて格段に向上することでしょう。

▶難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

2.アメリカ留学中の勉強スタイルをご紹介!留学生の1日のスケジュールとは?

2.アメリカ留学中の勉強スタイルをご紹介!留学生の1日のスケジュールとは?

私は1年近くニューヨークの語学学校に通っていましたが、学校の生徒は年代も人種も様々だったため、生活パターンもバラバラでした。

午前中の授業が終わった後は引き続き午後の授業を受ける生徒もいれば、午後はインターンシップに行ったり、別の専門学校へ行ったり、あるいは観光に出かけたりと、みんな思い思いに自分の時間を過ごしていました。

自身のスケジュールはといえば、時期によってバラバラでした。最初の数ヶ月は朝から夕方まで学校。次の数ヶ月は、午前中は学校で、午後は日系企業でのインターン、そして最後の2ヶ月は学校のカリキュラムを終えていたため、ひたすらニューヨークを歩き回ったり、州外の色々な場所や都市にも出かけていたりしていました。

勉強に関して言えば、学校にもよるかもしれませんが、基本的には授業内で1日のカリキュラムが完結しているため、やたらと宿題を出されたり、予習復習をさせられる、ということはありませんでした。

ポイントは自発性

そのため語学学校に通う場合、しっかりと勉強したいという人は、まずは自発的に勉強する習慣を現地で身につけられるかがポイントになってきます。

わからないことはすぐに先生に聞いたり、習ったことをノートに取ったり、放課後に早速使ってみるなど、自分なりに色々と工夫してみましょう。日本とは違って、アメリカは学校を出ればすぐに実践できる環境が整っています(当たり前ですが)。

学校以外にもテレビや新聞、フリーペーパー、周りの人の会話など、英語を吸収できる材料はいたるところにあります。興味のあることにはどんどんトライして、留学生活を有意義なものにしていきましょう。

3.最後に:アメリカ留学前に勉強するかしないかで、英語の伸びが大きく変わる

3.最後に:アメリカ留学前に勉強するかしないかで、英語の伸びが大きく変わる

少し前までは、留学といえば1年や半年、もしくはそれ以上がポピュラーだったかもしれませんが、最近では2週間や1ヶ月、長くて数ヶ月ほどという比較的短い期間の留学がトレンドになりつつあるように思います。

おそらく日本での生活が忙しくなっている、あるいは日本でもやりたいことがあって時間を留学に割けなくなってきているということがあると思うのですが、だからこそ、効率良く有意義に留学生活を送るための手段というのは重要になってきているのではないでしょうか。

ただ海外で生活するだけでなく、あらかじめ留学のための準備を行っておくだけで、留学の効果は何倍にも膨らむ可能性を秘めています。

短い期間ではやれることに限界がある、と言い切ってしまう前に、留学中に何ができるのか、そして留学を有意義なものにするために何ができるのか、といったところから始めてみることが大事なのだと思います。

▶シェアハウスで英語力アップ!おすすめのシェアハウス検索サイト10選

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)