アメリカへの留学は高額なイメージがあり、諦めていませんか?

アメリカへの留学と聞くとどのようなことを想像するでしょうか。「憧れ」「英語力や国際感覚が付きそう」などのポジティブなイメージはもちろん、「留学費用が高そう」「メリットがわからない」などのネガティブなもの多くのことを想像すると思います。

今回はそんなアメリカ留学への不安を少しでも解消するために、アメリカ留学費用と他国との比較、さらには0円で留学する方法(?!)をご紹介したいと思います。

※当記事はアメリカの語学留学に関する費用をまとめています。アメリカの大学留学を検討している方は下記記事をご覧ください。
アメリカの大学留学費用について【期間別の概算費用と奨学金情報】

もくじ

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.【結論】アメリカの語学留学でかかる費用と節約方法の総まとめ

shutterstock_262076303

1ヶ月 3ヶ月 半年 1年 2年
学費 10万 30万 60万 120万 240万
滞在費用 8万 24万 48万 96万 192万
娯楽費 2万 6万 12万 24万 48万
往復航空券 12万 12万 12万 12万 12万
保険料 1万 3万 6万 12万 24万
合計 30〜40万 40〜80万 80〜150万 150〜300万 300〜600万

※上記表の注意点
学校や留学都市によって大きく異なります。最先端のカリキュラムとシステム、優秀な講師陣を要している学校では、さらに多くの費用が必要となります。

学費を節約するコツ

留学地域を選定することで大幅に節約することができる場合があります。一概には言えませんが、地方は物価と同じく学費も安いことが多いのです。学費面に不安がある方は地方への留学をお勧めします。
» アメリカ留学先、田舎を選ぶべきか都会を選ぶべきか?

また、フリースクールなどを上手く利用することでも、授業料を抑えることが可能です。フリースクールとは、世界各国にあり、英語講師を目指して勉強している方が無料で授業を開講しているものです。

滞在費・生活費を節約するコツ

ニューヨークなどの大都市ですと、1ヶ月8万円の費用では難しいと思います。しかし、郊外へ行くと安く滞在できる場所も多いので、治安面と費用面を考慮して選定する必要があります。
【アメリカ留学】物価の安い州おすすめランキング5【倹約家のあなたへ】

また、郊外では物価も安いため長期滞在に向いていると言えます。アメリカはチップ文化があるため、予想外の出費があることも考慮しなくてはなりません。
» アメリカ留学先での住まいはどうする?アパート?ホームステイ?

娯楽費を節約するコツ

極端なことを言えば、0円でも良いのですが、ストレスなく留学生活を送るためには、少しの娯楽費も用意しておく必要があります。

留学の有限な時間を無駄にできないと、根を詰めて勉強するのも良いですが、しっかりとメリハリをつけて休息も取ることが結果的に英語力の向上につながりやすいと考えています。

航空券代金を節約するコツ

アメリカ行きはLCC(格安航空会社)が少ないため、格安航空券はあまりありません。しかし、各航空会社キャンペーンを行っているので、定期的に各航空会社のホームページなどを確認しておくと良いでしょう。下記記事の航空券の項目をご覧ください。
【徹底解説】格安でアメリカ語学留学する方法(学費・航空券・滞在・保険)

保険料を節約するコツ

保険料は最初の90日をクレジットカード付帯の保険を利用することで、節約をすることができます。90日を経過した時点で人気保険に加入するように手配しておけば、費用面と安心面を同時に得ることができます。
アメリカ留学中の保険選びのコツ4つとおすすめ保険3選【経験者に聞いた】

注意点
保険料は任意ではありますが、学校によっては強制的に加入を求められることもあります。この点は語学学校に確認しましょう。

2.【比較】アメリカ留学の費用は高い?他の国と比較してみる

shutterstock_414554629

アメリカ留学は他の国と比べて留学費用は高いのでしょうか。3ヶ月滞在したと仮定してご紹介したいと思います。

比較対象:アメリカ留学(期間3ヶ月)
約80万円~150万円

カナダ:約70万円~130万円
カナダはアメリカと比べても同等の費用がかかると言えます。都市にもよりますが、アメリカと比べて娯楽が少ないため、その分費用面も抑えられる傾向にあります。

オーストラリア:約60万円~110万円
オーストラリアはアメリカ・カナダと比べて少し、費用が抑えられます。顕著なのは航空券です。オーストラリアには多くのLCCが運行しているため、渡航費が安くなります。

フィジー:約50万円~90万円
フィジーは滞在費の安さと南国を感じることができ、人気の留学先となりました。フィリピンと同様、欧米圏と比べて安く留学をすることができますが、フィリピンと比べると授業料が少し高い学校が多いです。

フィリピン:合計約40万円~80万円
フィリピンへは多くのLCCが運行しており、加えて滞在費も英語留学先として考えられる国の中で最も安いため、費用面の恩恵を多く受けることができます。

3.【衝撃】0円でもアメリカ留学はできるのか?

shutterstock_228656692

実際には留学費用がなくては、いくらアメリカ留学が魅力的であっても留学は実現しません。しかし、無一文でアメリカ留学を実現した方がいらっしゃいました。その経験がこちらです。

50年前に無一文でアメリカに行き一流大学に6年間留学した経験を持つ者です

その当時の留学生(現在65歳より上の人達)はその方法を取る人達が多かったのです、日本からの海外送金はほとんど認められない時代でした、

その方法は住み込みのハウイスボーイをしながら学費が無料のコミカレに通い、英語に自信が付いたら奨学金を得て大学に進み、さらに大学院に進むやり方です、中国や韓国の留学生は今でもその方法の人達が多いです

留学生の労働は学内のアルバイトを除き禁止されていますが給料を貰わないハウスボーイは黙認されていましたし今でもその筈です

留学は貴方の力を試す素晴らしい機会です、自分しか頼れないと判ったら自分でも知らなかった力が湧いて来るでしょう

参考:アメリカに1年間留学したいのですが、皆さん生活費が年間200万~500万かかって… – Yahoo!知恵袋

気持ちがあれば、何事も成功へ導くことができるということを実践された方だと思います。こちらの方法は極端な例かもしれませんが、留学を諦めて後悔をする前に、何かに挑戦してみてはいかがでしょうか?

以上となります。記事が参考になりましたら幸いです。

※下記記事も合わせてご覧ください。
» 【完全版】1年間のアメリカ留学にかかる費用と節約のコツ【大放出】