歴史をたどってみても、外国に新天地を求める人々はたいてい、自国になんらかの問題を抱えて居場所がなくなった人、という現実があります。現在、ヨーロッパだけでなく世界中に大きく波紋を広げている難民・移民問題も同様ですね。

日本にいてはなかなか気付くことはできませんが、この問題は今に始まったことではなく、何世紀も前から世界中のどこかに必ず存在し、今後も絶対になくならなることはない、大きな国際問題です。

アメリカ留学をしている日本人には実は、日本で問題を抱えていたから、という方もけっこう多いです。留学生と移民では、問題の大きさも視点も次元が違いすぎますので同一視するわけにはいきませんが、「問題への解決策を求めて」という点はだけは共通しています。

1.日本に居場所がないと感じて留学している人も意外に多い

shutterstock_285930302

「アメリカ留学」といえば、華やかで希望に満ちていて、なんだかキラキラした印象、カッコイイ印象ばかりが先行すると思います。

将来の目標に向けて自分を高めるために、日本で学べること以上のことを学ぶために、アメリカ留学をする方はもちろん多いです。

でもそういう方だけが留学しているわけではない現実もあること、ご存知でしょうか。

世界的に見ると日本はたいへん閉鎖的な国で、国土のみならずすべてにおいて「狭い」です。狭い価値観と考え方の中ですべての物事が動いています。(このことは、日本を出てみれば分かります。)

そのことに問題を感じず、満足して生活していけるのならよいのですが、自分の置かれている環境に違和感を覚えてしまうと、自分の居場所がないと感じてしまいます。新たな居場所を求めて、アメリカ留学を選んでいる人は実際、かなり多いのです。

2.どんな理由で、外国に居場所を求めてしまうのか

shutterstock_421599727

「日本に居場所がない」と感じる理由はさまざまです。実際に聞いた話、私の周りにあった話をいくつかご紹介してみましょう。

その1.登校拒否

学校を登校拒否になってしまい、転校してみても改善しない。または転校できない物理的事情がある。困った親御さんが、子供だけをアメリカの親類の元へ預け、アメリカの中学校や高校に通わせる…。

その2.思春期の非行

10代の頃に問題行動を起こしてしまい、学校を退学させられてしまった。行き場がなくなり、親御さんも対処に困り、アメリカに留学させてみることにした…。

その3.受験に失敗

受験に失敗してしまい、地元に居場所がなくなってしまった。友達には顔向けできないし、日本で予備校に通うのは辛すぎる。アメリカで語学学校に通って英語を覚えながら大学進学の勉強もして、アメリカの大学に進学することなら、前向きに考えられるかも…。

その4.就職に失敗

新卒で就職することができなかった。海外留学の経験を作って履歴書に書くことができれば、帰国後の就職はうまくいくかも…。

その5.職場でいじめに遭う

会社の同僚の輪にうまく溶け込むことができず、無視されたり仕事の邪魔をされたりなど、いじめに遭うような状況になってしまった。精神的にも肉体的にも疲れ果てて退職。アメリカに行けば心機一転、人生をやり直せる機会になるかも…。

その6.結婚適齢期に結婚の予定がない

結婚適齢期にさしかかったが、相手はおらず、両親や親戚、目上の人からの心配と詮索がうっとおしくなってきた。自分が結婚したいのか、するべきなのかも分からない。アメリカ留学すれば、よい出会いがあるかもしれないし、周りの詮索からも逃れられる。自分の人生をどうするべきかも、見えてくるかも…。

その7.人生の目的を見失った

子育てが終わった、または人生後半に差し掛かった、ミッドライフ・クライシス。人生の目標、目的、生きがいを見失ってしまい、日常がつまらない。あるときふと、若い頃に留学を夢見ていたことを思い出し、今なら、留学できないしがらみはなにもないことに気づいた。若い頃の夢を実現するために実行に移してみようかな…。

3.留学の経験が、人生を幸せに導くかもしれない

shutterstock_146971178

何かに悩んでアメリカ留学を考えている方は、他によい解決策がこれといってないから、悩んでいるのでしょう。そのまま悩み続けるよりは思い切って環境を変えてみることで、解決の道が開けてくるかもしれません。

留学は、なにも「一生に一度かぎり」「後戻りできない」決断ではありません。人生の長さを考えたとしたら留学は、ほんの短期間の経験にすぎませんよね。いつでもやり直しができるし、変更もできるし、途中で止めることもできます。とりあえず始めてみてはいかがでしょうか。

なお、先の項目で紹介した一番最後の例(人生の目的を失った)だけは、突然の決断が家族を悲しませる可能性もありますので、実行する選択が正しいとは言えない場合もあります。十分に検討することをおすすめします。

それ以外なら、決して「逃げ」ではありません。選択肢の中から一つを選ぶだけです。

アメリカ留学という選択肢があるだけでも、かなりラッキーな方だと思います。そんな強運を既に持っている方が、この先幸せになれないはずはありません。

ぜひアメリカ留学の選択肢、選んでみるとよいと思います。きっと良い結果になって、あなたの人生が幸せになっていく可能性はかなり高いと、私は思います。