迫力満載のハリウッド映画、ウィットに富んだ映画やファンタジー映画など、アメリカのハリウッドで製作される映画の多くは、日本でも次々と大ヒットとなるなど身近にあるエンターテイメントのひとつです。

映像技術、監督や演出、脚本、そして俳優陣など世界のエンターテイメント界を牽引しているスタッフが創り出す映像に誰もが夢中になります。繊細でありながら迫力ある映像に目を輝かせている人の中にはアメリカで本格的に映画を学びたいと思う人がいるのも当然のことでしょう。

日本では映画業界はある意味特殊な業界として確立されているのですが、アメリカでは興味のある人ならいつでも気軽に学べる環境が整っています。日本で叶えられなかった映画への夢をアメリカ映画留学でぜひ叶えてみましょう。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

1.アメリカ映画留学で学べるプログラムとは?

アメリカ映画留学で学べるプログラムとは

アメリカ映画留学で学べるプログラムは大きく分けて2つに分類されます。どちらも映画製作全般を基礎から学べるプログラムです。

①:映画製作プログラム

アメリカ映画留学で学べる王道のプログラムです。ショービズ界でも脚光を浴びやすく、映画製作に関わる花形キャリアと言われる製作スタッフとしてのキャリアにつなげることができるプログラムでもあります。

映画製作の全般を指揮するディレクティング(監督)、カメラワークや機材の使用する撮影・カメラ、映画製作の土台ともなる脚本、撮影・進行のスケジュール管理や予算配分などの製作プロダクション、ディレクティングの指揮のもと役を演じるキャスト、トレーラー製作などのデジタル編集など映画製作スタッフとして製作現場に関わり、キャリアを積み重ね維持することを目標に学んでいきます。

また技術面だけでなく映画史についても知識を深め、それぞれの役割の技術を習得していきます。

②:ビジュアルアーツプログラム

壮大なスケールのハイウッド映画には当たり前の映像加工として専門的技術に注目が集まっている3DCGやデジタル合成などを学ぶプログラムです。アニメーション製作の知識や理解、技術を深めるプログラムとしても人気を集めています。

パソコンや特殊プログラムを駆使して、造形をメインとしてモデリング・テクスチャー製作、造形やキャラクターに命を吹き込むアニメーションなどの他に、映像美を創り出すシェーディング&ライディング、よりインパクトのある映像を創り出すダイナミクスなどそれぞれの技法を習得することができます。

将来的にキャラクターデザイナーやアニメーター、テクニカルディレクターとしての専門的なキャリアに付くことが可能なプログラムとなります。

2.NY映画留学とロス映画留学との違いとは?

NY映画留学とロス映画留学との違いとは?
アメリカのエンターテイメント界を牽引する2大都市、ニューヨークとロサンジェルス。
どちらも映画留学には最適の都市として人気が高いのですが、その2大都市の映画留学の違いはあるのでしょうか?

①:ニューヨーク映画留学の場合

エンターテイメントの中心でもあるニューヨークですが、同時にジャーナリズムの中心地でもあります。そのため、製作される映像もドキュメントや短編映画といった社会的に鋭く切り込んだ映画、もしくは映像が多い傾向があると言えましょう。このようなジャンルの映像制作に興味のある人はニューヨークを選ぶことが多いのも、この製作されるジャンルの傾向の表れかもしれません。もちろん、映画の舞台やプレミア上映の会場となることも多い街でもあり、ショービジネス、エンターテイメント映画の街でもあるので、映画やアニメーションに興味のある人でもしっかり学ぶことはできるので安心して下さい。

②:ロサンジェルス映画留学の場合

言わずと知れたアメリカ映画のメッカ、ハリウッドのお膝元のエンターテイメント都市です。「世界最大の映画撮影スタジオ」を称されるユニバーサル・スタジオをはじめ、映画製作の大御所スタジオが数多くあるため、映画留学したい人がまず学びたい都市として挙げるのも納得の結果と言えます。ハリウッドスターも多く在住しているロサンジェルス。街全体が一つの映画製作都市と言っても過言ではないほど映画留学には恵まれた環境と言えるでしょう。レベルの高い学校が揃っているため、希望する映画留学がより身近に実現できる可能性が高いと言えます。

アメリカ映画留学にはニューヨーク、ロサンジェルスのどちらでも同様に映画について学べる環境は整っているので大きな違いはありませんが、都市の雰囲気、気候などによっても生活する環境に違いが生じてくるので事前に都市についても調べておくと良いでしょう。

3.アメリカ映画留学の条件とは?

アメリカ映画留学の条件とは?

アメリカ映画留学では、州立、私立の大学、または映画専門学校などで授業を取り学ぶスタイルになります。そのため、どちらの教育機関を選ぶにしても高校を卒業していることが最低限の条件となっていることがほとんどです。

また英語力については、一般的に日常会話レベル以上の英語力が望ましいとされています。大学へ正規入学し映画を専攻する留学スタイルとなれば、各大学が提示するTOEFLスコアやSAT/ACTのスコアを提出する必要があるので、一定の英語レベルは必要と言えるでしょう。

中には出願時にデモムービーなどの提出を求めてくる学校もあるので、これまでに制作した映像等がある場合、また出願用に製作したデモムービーがあると効果的な志望アピールになるといえます。

4.アメリカ映画留学の費用と期間

アメリカ映画留学の費用と期間

アメリカ映画留学の場合、2ヶ月程度の短期留学プログラムの学校もある一方で、大学のように4年間の過程を履修する場合もあります。留学期間については人それぞれ希望する留学スタイルによって変わってきますが、平均的な映画留学期間は約1年間と見ていてよいでしょう。

映画専門学校の場合、2ヶ月約US$2,500~、1年間で約US$30,000~

しかし、その他フィルム代や機材、エディティング編集代など雑費にかかる費用は高額になる傾向があり、1年間平均US$4,500前後別途でかかるとされています。さらに生活費もかかるので、1年間のトータル費用はUS$ 45,000前後となる場合が多いようです。

大学の場合は1年間US$10,000~US$43,000、生活費を含むと1年間US$ 17,000~US$56,500

また上記のように、映画製作に関わる雑費用が高額になることも念頭に入れておくと良いでしょう。詳しくは、別コラム「アメリカの大学留学費用について【期間別の概算費用と奨学金情報】」を参考にしてみて下さい。

ここでご紹介する費用は、あくまで一般的な留学費用となります。正確な映画留学費用は、各大学、各映画専門学校のホームページや願書で確認することをおすすめします。

5.おすすめの都市とおすすめ校

アメリカ映画留学におすすめの都市は、ジャーナリズムの中心地であるニューヨーク、エンターテイメントの中心地であるロサンジェルスの2大都市に絞られます。

ニューヨークでおすすめの学校ですが、数ある大学の中でおすすめなのがNYU(New York University)、そしてNYFA(New York Film Academy)でしょう。ニューヨーク大学は特に芸術分野では全米屈指のレベルを誇り、もちろん映画分野においてもその名をしられています。ニューヨークフィルムアカデミーはアメリカ最大の撮影機材保有数を誇る、実践重視の映画学校として有名で、世界中から映画業界を目指す人が集まる専門学校です。

一方、ロサンジェルスでのおすすめ校は、USC(University of Southern California)、UCLA(University of California, Los Angeles)がおすすめです。どちらも芸術分野、特に映像、映画分野では最高峰の教育環境が整っており、これまでにもアカデミー賞監督賞を受賞した数々の卒業生を輩出していることでも有名です。

映画業界は特殊な世界であるために、学ぶこともどこか特殊なことのように感じてしまいますが、アメリカではごく自然に気軽に学ぶ環境が整っています。また時には現地でインターン、もしくはスタッフとして映画製作現場に参加できる可能性も大いにあるため、本場の映画製作現場で貴重な体験をすることができるのは映画留学の大きな魅力と言えるでしょう。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。